人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ: 孤独にグルメ

今回は旅行先で入った飲食店のレポートを。

 前回:旅先で孤独にグルメの記録(9)・山梨・甲府駅のほうとう

今回行ってきたのは、京成佐倉駅から少し離れた旧市街地っぽいエリアにある「甘味処 いちおか」。
(佐倉城や市内の観光ついでに軽い食事にと入った。行ったのは2019/04)

 いちおか - 京成佐倉/甘味処 [食べログ]

※雑貨に囲まれながら食べる、なんとも「家庭的な味」のナポリタン。
chiba_sakura_ichioka_napo



こちらが入口。
手書きの白い暖簾や「佐倉のお米 こしひかり」という貼り紙が地元感があっていい感じ。
chiba_sakura_ichioka_out

店内は円形の白いテーブルとイスが適当に並ぶ落ち着いた雰囲気。
イスのカバーが付いてたり付いてなかったりというのも個人店っぽくて味があっていい。
chiba_sakura_ichioka_in

柱の掛け時計の通り、ばりばりのお昼時(しかも休日)だったのだが先客はなし。
とりあえず「こんにちはー、すいませーん」と大きめの声をかけてイスに座って待つ。

しばらく待つと、お店の奥からご年配の婦人が出てきて、「お食事ですか?」と注文を聞きに来た。
(店内には着物や服などが並んでいて買い物もできるのでこういう聞き方になった模様)

テーブルの上はこんな感じ。
メニューが刺さったスタンドと、ミルクやガムシロップ、スティックシュガーが「coca cola」のグラスなど大小様々な器に入れられてる。
chiba_sakura_ichioka_table

床の上には不思議な形の花瓶、窓枠の上には「どろぼう人形 ¥2480」など手作りの人形なども並んでいたりと雑貨店も兼ねた喫茶店という雰囲気。

メニューはこんな感じ。
「甘味」「お飲み物」「軽食」と喫茶店の定番メニューがひと通り揃っている。
(「まめかんてん」なんてのを見ると、昔「孤独のグルメ」に出てたお店に食べに行ったのを思い出したり)

 「 #孤独のグルメ 」(原作)のモデル店で食事(浅草駅「甘味 梅むら」)

chiba_sakura_ichioka_menu

この日は名前につられて「昔懐かしいナポリタン(500円)」を注文。
(「昔懐かしい」というワードに負けた感じ。ピラフやトーストは個性が出にくいかなとその時は思ったのもある)

お店の奥で聞こえるジュージューという調理音を聞きながら10分弱待つと出てきたのがこちら。
chiba_sakura_ichioka_napo

ケチャップ風ソースで炒めた小盛りのスパゲティで、見た感じの通り、具材は細かい野菜類が少々だけと質素。
(良く言えば「家庭的な味」というか…でも子供の頃に食べたのはもう少し具が多かったよなあと昔を懐かしんだり)

感想としては「ケチャップの酸味の強い味」といったところで、特筆すべき所はないと思った。


あっけなく食べ終わってなんとなく店内を見回すと、お歳暮の余り物っぽい「小皿10枚 2000円」や、「みそ煎餅」「佐倉サイダー」など佐倉土産も売っていたりと観光客を意識した品揃えも。
(この辺りはかつては佐倉城があった頃の城下町だったが、最近はあまり気のきいた感じの目ぼしい飲食店は少なめで仕方なくここを選んだのだが、これでも貴重なお食事処)
chiba_sakura_ichioka_goods

別の方を見ると、布の手提げ袋がハンガーに掛かってたり、「タオルハンカチ」「洗えるきもの」「ゲタ・ゾウリカバー」などとりあえず布関連を何でも売ってるという印象。
(寂れた田舎町でも洋品店だけはよく生き残ってるイメージだが、そういうお店の品揃えって感じというか)
chiba_sakura_ichioka_bag


佐倉らしい昔風のたたずまいや老夫婦が営むお店の穏やかな雰囲気を満喫し、散策の足も休めたところでお店を後にした。


にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

食事メニューはお値段相応で正直なところあまり強くオススメはできない感じだが、城下町散策のついでに気軽にお茶したいとか、雑貨好きな方とか不思議な雰囲気を含めて楽しめる方なら入ってみてもいいかと思う。


佐倉城の周辺は桜の名所でもあったり、こんな感じの竹林の道や武家屋敷の並ぶ通りがあったりとわりと歩きがいがあって楽しめた。
chiba_sakura_road


※なお、このご時世ですので紹介したお店やスポットが現在は廃業、一時閉館などになっていることがあるかもしれませんがご了承願います。




 

今回は旅行先で入った飲食店のレポートを。

 前:旅先で孤独にグルメの記録(8)・岐阜・恵那市の寒天ラーメン

今回行ってきたのは、JR甲府駅のすぐ近くにある「小作・甲府北口駅前店」。
(山梨観光(以下詳細)ついでの食事にと入った。謎のホテルや紅葉、格安旅館にホテルのレトロゲーセンなど意外と密度の濃い旅だった。行ったのは2019/11下旬)

 安宿旅行記・山梨・甲府駅「ビジネスホテルあづま」(1泊3900円)
 安宿からの旅・山梨・昇仙峡の紅葉巡り(2019/11)(1/2)
 安宿旅行記・山梨・石和温泉駅「石和びゅーほてる」(1泊5000円~)
 温泉のレトロゲームコーナー巡り・山梨・石和温泉「ホテル花いさわ」


※「ほうとう」ってヘルシーな響き(?)に反して結構デカ盛りなボリューム感。
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_kabotya



お店があるのはJR甲府駅の北口を出てすぐそばの駅前通り沿い。
(紅葉の時期だったせいか、平日の13時過ぎでも半分くらい席が埋まっていた。昇仙峡を見る前後の昼食で入った人が多そう)
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_outside


お店に入り店員さんに1人だと伝えると、入口近くの四角い炉端風のテーブル席(炉端を囲む相席)を案内された。
(居酒屋にあるような靴を脱いで座布団に座る座敷席)

客入りが半分くらいでも向かい合って座ることになるため、昔ながらの雰囲気とはいえ好みが分かれるかも。
(「ほうとう・おみやげ」「おみやげ・ゆず七味」などお店の味を楽しみたい方用に色々売っている模様)
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_table

この日は名物の「かぼちゃほうとう(1200円)」を注文。
(かぼちゃってのがヘルシーな響きだったのと、とりあえず無難にベーシックな一番安いメニューだったため)

ほうとうの他におじや、すいとんなどもある。
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_menu

先述の通り、囲炉裏を挟んで他の客と向かい合わせのため、料理が来るまではちょっと目線のやり場に困る。
ふと上を見ると、実際の囲炉裏の上のように、なにやら野菜が吊り下げられて干されていたり。
(オブジェかもしれないが)
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_up


席の後ろの壁を見ると、レジのそばだったせいかテレビで紹介された時の色紙が多数貼られていたのだが、

「バナナマン せっかくグルメ 2018/08/28」
「さだまさし 2019/10/26(つい1ヶ月前)」

など有名番組、有名人の色紙も並んでいた。
(左上には甲府ゆかりの武将の肖像画もある)
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_sign

なお、下の方に見切れた色紙があるが、一部で話題の「ドラゴンボール芸人(ベジータやフリーザなどのモノマネをする芸)」の「TEAM近藤」氏(ドドリア役)の色紙と思われる。


そんな風にあちこち見てるうちに5分ほど経って料理が運ばれてきた。
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_kabotya

小鍋に入っていて、上には山菜や白菜などたっぷりの野菜、下には鍋の底までほうとう独特の幅広の麺がみっちり入っていて普通の麺料理の1.5人前はあろうかというボリューム。
(これなら1200円というお値段も納得)

かぼちゃベースのお出汁がほどよい甘辛さで食べやすく、ヘルシーかつがっつりと完食でき、遅い昼食で腹ペコだったお腹を存分に満たしてくれて、体も温まって満足度が高かった。


食べ終わる頃には14時少し前で、少しは客入りが減っていた。
(奥の方には小さなテーブル席があるが、3,4人とか多人数ならそちらへ行けるのかもしれない。なぜか「カキフライ定食」なんかもある模様(海なし県なのに(山もなしなのに)))
yamanashi_koufu_houtou_kosaku_inside



にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

甲府の代表的名物、かつ名店、かつ駅近ということで、とりあえず味わっておいて損はないかと思う。
(なお、甲府駅の南口から少し歩いたところに別店舗「甲府駅前店」もある)

 次:旅先で孤独にグルメの記録(10)・千葉・佐倉の雑貨店のナポリタン

今回は旅行先で入った飲食店のレポートを。

 前回:旅先で孤独にグルメの記録(7)・大阪・天神橋筋商店街のラーメン丼

今回行ってきたのは、明知鉄道・山岡駅に併設の「かんてんかん」。
(明知鉄道沿線の観光ついでの食事にと入った。行ったのは2017/03)

 大正ロマンと城下町と寒天と…岐阜県・明知鉄道沿線の旅(後編)

 山岡駅 かんてんかん - 山岡/郷土料理(その他) [食べログ]

※「円」じゃなく「エン」と書かれたメニューがなんかいい感じ。
ena_kantenkan_menu1


山岡駅を出て広がる風景がこちら。
小型バスやタクシーが止まる小さなロータリーがあるだけで、駅周辺にはほとんどお店はなし。
(テレ東の「路線バスの旅」で、コミュニティバスに乗るためちらっとこの駅が出た記憶がある)
P2300191

お店があるのは山岡駅に併設の施設「かんてんかん」の奥。
「細寒天の里」など、日本一の「寒天の里」ということを店内では紹介。
P2300184

平日のお昼時だったが、先客は1,2人で店内のテーブル席、カウンター席はほぼ空席。
2人席のテーブルに座ってメニューを見る。
ena_kantenkan_in


こちらがメニュー。
「かんてん御膳 1480エン」を筆頭に、「かんてん梅そば」「かんてんらーめん」など麺類メニューが多め。
「かんてん」じゃない普通のそばやうどんがあるほか、ところてんやぜんざいなどの甘味、東海地方らしくモーニングもある。
(「円」じゃなく「エン」なのはこだわりだろうか。上に見切れた「テーブルコショー」もなにげにポイント高い(何の?))
ena_kantenkan_menu1

他に限定メニューとして、「岩村城・女城主 おつやの方」にちなんだ「おひめ様御膳」やもう1つの名物・自然薯を使った「じねんじょ定食」、春らしいデザート「さくらのプルプル」などもある模様。
ena_kantenkan_menu2


この日は細長い寒天を麺として使った「寒天ラーメン(500エン)」を注文。

注文後、ふとカウンター席から外を見ると線路に面していて、到着した明知鉄道の列車(桜の「合格」ヘッドマークが付いてるのが3月らしい)が見えるトレインビューも楽しめる。
ena_kantenkan_train_view


注文から数分ほどして料理が運ばれてきた。 (桜色のお菓子が添えられているのもオシャレ) xIMG_20170315_114358


普通のラーメンやこんにゃく麺とは違う独特の食感が新鮮で、意外とすんなり普通に食べられる味だった。
(ワカメ・チャーシューなど普通のラーメンっぽい具材が入ると違和感がない感じ。低カロリーでヘルシーなのも魅力)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寒天らーめん しょうゆ味 とんこつ味
価格:260円(税込、送料別) (2021/3/6時点)



ラーメンの後はデザートのゼリーや桜色の砂糖菓子を味わいつつほっと一息。
ena_kantenkan_dessert


食後、腹ごなしにお店の周囲を散歩すると、過去のお祭りで使われたものと思われるカカシが並んでいた。
夜に見たらいい感じのスケアクロウになってそう。
P2300192

当時流行の兆しがあった(兆しだけ?)「非公認」キャラクターの「山岡町非公認寒天大使・春日井たけし」の人形も。
(非公認というとふなっしーと同じようなものか)
店の裏手とはいえ、見えるところに置いてあるだけ、まだ頼りにされているのだろうか。
P2300193


お店(駅)の裏手には、明知鉄道で使われていたレールバス車両が置かれていた。
(線路の上だが、折りたたみ式のドア、車両上部に横長に付いた窓がいかにもバスっぽい感じ)
P2300205



といったところで以上。

秘境路線で食べる隠れたグルメということで、いずれもB級が好きな方なら食べてみてはどうか。
(大河ドラマ「麒麟がくる」で「明知」の名が知れ渡ってる今がチャンス? コロナがなければもっと盛り上がっていたのだろうか…)

 次:旅先で孤独にグルメの記録(9)・山梨・甲府駅のほうとう(小作・甲府北口駅前店)



↓楽天スーパーセールのくじ、最近はほとんど当たらないイメージ…(先月は全部引いて1回だけ当たり。これでもマシな方?)



 

今回は旅行先で入った飲食店のレポートを。

 前回:旅先で孤独にグルメの記録(6)・山形・銀山温泉の肉そば(大石田駅・伊豆の華)

今回行ってきたのは、天神橋筋商店街にあるラーメン屋「おばちゃんとこ」。
(大阪市内を地下鉄であちこち旅した(詳細以下記事)ついでの食事にと入った。行ったのは2018/12)

 おばちゃんとこ - 南森町/ラーメン [食べログ]

 大阪・西成から大阪メトロでぶらり旅(2018/12)(前編)


お店があるのは大阪メトロ・南森町駅を出て北側、天神橋筋商店街のアーケード内。
(個性的なおばちゃんのイラストが描かれた看板が目印。ラーメン単品は500-600円、ライスや卵のセットは760円など、リーズナブルな価格設定)
P2480046

なお、看板は商店街の表通り沿いに立っているが、入口は店の間の細い路地を奥に入った所にあるので注意。
(奥の方に小さい明かりが灯っていて、看板がなければ見落とすか入るのを躊躇するレベル)
P2480045


お店に入ると、店内は中央に厨房スペースがあり、それを囲むようにL字(というか「コ」の字型に近い)カウンター席が並ぶ構造。
開店後間もない時間(11時半過ぎ)だったせいか客は自分1人だったが、食べてる間にちらほらお客が増えていった。
(カウンターの奥には調味料や楊枝、レンゲの並んだ器などが並ぶ、よくあるラーメン屋・町中華っぽい雰囲気)
osaka_obatyantoko_counter

この日は気になっていたメニュー「ラーメン丼(800円)」を注文。
(先ほどのメニューの一番右下に目立たない感じでさりげなく書いてある)

注文を待つ間、ふと壁を見るとカラーのおばちゃんのイラストが貼ってあった。
(創業50年以上となかなか老舗(「54」の数字部分だけ張り替えたっぽいのがまたよし)。地図を見ると商店街から細く延びた道の奥にお店があることをしっかり示している)
osaka_obatyantoko_ad


5分ほど経って料理が運ばれてきた。

「ラーメン丼」。
一見、ネギやワカメ、チャーシューなどがたっぷり盛られた普通のラーメンなのだが、その下のスープの中にはなんと卵とじのカニチャーハンが入ってるという驚きの一品。
(漬物?ということでキムチも添えられていた)
osaka_obatyantoko_ramen_don

どうやって食べようかと悩むところだが、とりあえずラーメンを単体で味わった後、思い切ってレンゲをドンブリの底へ差し込んで掬い上げると、チャーハンやカニ、卵とじ部分が出てきた。
(というか混ざってしまってカオス状態。具沢山で味付けはしっかりしてるのだが、ラーメンとチャーハンの割合というか食べ合わせ方を慎重にしないと味がぼやけるのが難しい)
osaka_obatyantoko_ramen_don_eat


麺料理の中にご飯ものが隠れてるというのは、「豊橋カレーうどん」に近いかもしれない。

 豊橋ウェブ百科事典「豊橋カレーうどん」/豊橋市


といったところで以上。

大阪らしさは全くないものの、地元の方とか、何度も大阪観光に来て粉ものや串カツに飽きた方、珍メニューが好きな方なら試してみてもいいかと思う。

 旅先で孤独にグルメの記録(8)・岐阜・恵那市の寒天ラーメン



 

このページのトップヘ