人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ: 18きっぷ・格安鉄道旅

「乗り鉄」ならぬ「乗り換え鉄」という分野があると最近知った(マツコさんの番組で)ので、今日は乗り換えついでに散策・小旅行を楽しんだ話について書いてみる。

違う鉄道会社間での乗り換えの良い所は、次の電車の時間まで(追加料金なしで)改札の外へ出て自由に駅の外をぶらつける点。
(JR同士の乗り換えでは長距離切符でないと一度切符を精算しないと駅構内しか歩けない。広い駅ならエキナカも見ごたえ十分だったりするが)

駅が離れていると不便に感じる人もいるだろうが、観光客からすれば駅から駅への必要な移動(観光のためにしろ、交通費節約のためにしろ)の中で、駅前繁華街から別の駅前繁華街の街並みを色々見れるのも嬉しい。


というわけで、今回の乗り換えは東武宇都宮線・東武宇都宮駅~JR宇都宮駅。

ゴールデンウィークに関東から東北旅行に行ったとき、JR鈍行だけで行くより途中まで東武線を使った方が安い(株主優待乗車券ならさらに安い)と知り、たまには無駄な乗り換えをしながら行くのもいいかと試してみた次第。
(株主優待乗車券は1回の乗車だけだが普通電車でどこまでも乗車でき、東武線のつながる場所ならどこへでも、たとえば浅草から日光や柏、船橋方面まで行くことも可能)

※乗り換えルート中に商店街(宇都宮ならオリオン通り)があると駅までの長い歩きもちょっとは楽かも。
tobu_utsunomiya_orion_shop



●東武宇都宮線
栃木県栃木市・新栃木駅~宇都宮市・東武宇都宮駅までを結ぶ路線。
古めかしいロングシートの平凡な車両が走る。
(関東から乗り継ぐ途中の路線も大体こんな列車で、いかにも通勤通学の電車というか都会風な感じ)
tobu_utsunomiya_line

終点の東武宇都宮駅の手前では、駅近くの名所・松が峰教会のレトロな外観が見える。
tobu_utsunomiya_line_church


●東武宇都宮駅
電車を降りて改札へ向かう途中にあったのが、地元のプロバスケ(Bリーグ)チーム「栃木ブレックス」にちなんだ応援コーナー。
(手作りの試合日程や順位表などが並ぶ。JRの駅にこういうのはなかったと思う)
同じ宇都宮でも東武とJRの雰囲気の違いが見えて面白い。
tobu_utsunomiya_line_brex

駅構内に選手の垂れ幕などが飾られていて地元密着なところに好感が持てる。
tobu_utsunomiya_line_brex_banner


●オリオン通り商店街
普段は静かな街並みのアーケード街…
(栃木テレビの動画「まろにえーるTV」でよくDB芸人が歩いている)

なのだが、この日は連休中ということで商店街のイベント中。
アーケード内の道の真ん中に線路を敷いてミニSLを走らせたりとだいぶ賑やかだった。
tobu_utsunomiya_orion_shop

明るいアーケードから一歩脇道に入ると「貴賓館」「VIP」などの看板が並ぶ歓楽街っぽい雰囲気なのも面白い。
tobu_utsunomiya_orion_street

年季の入った感じの金属製の周辺地図。
左に通ってるのがJR線なのだが、宇都宮駅を通る新幹線が昔の0系っぽいデザインなのが時代を感じる。

●パルコ
東武線からJR線への乗換えで宇都宮市内を移動するついでに立ち寄りました。
マインクラフト?と思いきや、「レゴブロックで作った世界遺産展」(ブロックで作られた厳島神社など力作が多数展示)。
utsunomiya_parco_lego

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レゴ(LEGO)アーキテクチャー 万里の長城 21041
価格:14640円(税込、送料別) (2021/6/12時点)



2019年で閉店したのは残念。
(レゴで作られた「22年間ありがとう」アート)
utsunomiya_parco_thank_you


●宇都宮駅通り
アーケードを抜けた後、JR宇都宮駅方面へ続くほぼまっすぐな大通りを歩く。
utsunomiya_street

JR宇都宮駅の手前で、市内を流れる田川を渡る。
4月末だが枝垂れ桜がまだ少し残っていたのが嬉しい。
(東北方面への春の旅行は桜との追いかけっこが楽しい)
utsunomiya_tagawa_river

近くにあった公衆トイレが地元の特産品・大谷石で作られた建物なのも面白い。
utsunomiya_toilet

JR宇都宮駅に入る前には駅近くの金券ショップに立ち寄り、帰りの分の東武線一日乗車券(株主優待らしい)を買っておく。
(連休中は金券ショップが休みになる場合もあるため。この時は880円。オフシーズンや使用期限間際だともっと安くなるとか)



にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

普通に歩くと30分くらいの距離でなかなか骨の折れる乗換えルートではあるが、商店街など見どころが多いので楽しめる部類だと思う。




 

途中下車旅行記シリーズ、20回目は飯山線・新潟県の十日町駅。
18きっぷを使って長野から新潟方面へ行く途中、乗り継ぎ待ち時間があったので途中下車してみた。

 前:18きっぷ途中下車旅行記(19)・JR奥羽本線・大館駅

※「国宝土器を東京五輪の聖火台に」という話もあったようだがその後どうなったのか…
P1250107


●十日町駅ホーム(0:00)
白と抹茶色の飯山線の電車を降りたところでとりあえず一枚。
「3番線」の表示にコカコーラの自販機、イス。ホーム上にこれといって目立った特徴はない。
P1250104

●十日町駅・駅舎(0:02)
改札口(というかポール)を抜けたところでもう一枚。
新潟・米どころと言えば地酒、というわけで右手には酒樽(「越乃Shu*Kura」の宣伝らしい)が並んでいた。
(その背後の土器も気になる)
P1250105

●十日町駅前風景(0:03)
駅を出てみると、タクシープールの先に屋根付きの商店街、二階建ての店舗兼住宅が軒を連ねる古風な町並みが広がる。
(そういえば「孤独のグルメ」の新潟回で十日町が出てたのを思い出したり)
P1250106


●国宝土器を東京五輪の聖火台に?(0:04)
駅前に出ていた看板。

「国宝・火焔型土器を東京オリンピックの聖火台モチーフに!」
とあり、7年前から地元の土器をアピールしていた模様。
(その後どうなったのか…)
P1250107


●駅前商店街(0:08)
とりあえず商店街を歩いてみる。
平日の昼間で活気はほどほど。

八百屋さんぽいお店の前に立てられた「ゆうパック」の幟(兼業で小包を扱ってる?コンビニみたい)がなんだか地方感。
P1250108


●駅ストーブ(0:45)
これといった見どころが見つけられなかったため、このまま駅へ戻る。
直方体っぽい駅舎を商店街の鉢植え越しに撮影。
(殺風景のためなんとなく華がほしかったのだろう)
P1250114

北国の地方の駅といえばストーブ。
というわけで駅舎内には新しめの「自然にやさしいペレットストーブ」があった。
(近くにはペレットの説明もあった)
P1250115



といったところで以上。

ほくほく線に乗るついでにでも、また立ち寄る機会があればいいのだが。



 

途中下車旅行記シリーズ、19回目は奥羽本線・秋田県の大館駅。

 前:18きっぷ途中下車旅行記(18)・JR五能線・東能代駅(40分・2013/07)

18きっぷを使って五能線をぐるっと一周した後、宿のある青森へ向かうついでに途中下車してみた。
(先日の東能代駅に続く)

※駅のホーム上にも停車位置表示の横に秋田犬が。さすがハチ公の聖地。
P2420178


●大館駅・駅前繁華街(0:03)
駅を出て、周囲を見渡して最初に撮影したのは…なぜか「スナック亜紀」の看板。
(亜紀といえば八代亜紀(?)ってことで、熟女のママさんがいるお店って先入観を持ってしまうが実情は不明)

平日の夕方だったのだが、駅前にこれといって目立ったお店や人の集まる場所、繁華街はなく、とりあえず最初に目についたお店を撮影したものと思われる。
P2420172

駅前は分かれ道になっていて、違う方面に目を向けると「シャンゼリゼ」という看板と年季の入った店舗兼住宅って感じの二階建てが軒を連ねる。
(「シャンゼリゼ」にしてはなんとも寂れた感じだが…ここが「東北のシャンゼリゼ」とでもいうのだろうか…)
P2420173

レンガ造りでレトロチックな「coffee & 軽食」という店(店名不明)もあった。
(窓枠の縁がボロボロになってて、営業してるのかは不明だった)
P2420174


●大館駅・駅舎と秋田犬の像(0:13)
ここで電車の時間になったので大した見どころもないまま駅に戻ったが、その途中で駅前にあった秋田犬の像を駅舎をバックに撮影。

直方体型の昔ながらの地方の駅という感じで、「夏休みは 電車に乗って 祭りに行こう!! 今が旬!!」と貼り紙でアピールしてるのも地元感があっていい。
(秋田犬の銅像は2つあり、駅から出た人を向かえるハチ公風の像と、秋田犬の親子像(左手前)がある)
P2420176


●比内鶏の里・大館(0:14)
駅のホームには、「比内鶏の里・おおだて」と書かれた鳥の親子の顔出し看板。
(食われる側の気分で記念撮影…どんな心境なのだろう)

その隣には、秋田犬を祀った「ハチ公神社」や、秋田名物・きりたんぽのオブジェもある。
P2420177


●停車位置表示にも秋田犬(0:15)
電車の停車位置を示すホーム上の部分にも秋田犬の写真があり、さすが秋田犬とハチ公の駅。
犬好きにはたまらないだろう。
P2420178



にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

ここは電車本数がだいぶ少ないJR花輪線の乗換駅でもあるのだが、そちらに乗るついでにでもまだ立ち寄る機会があるだろうか…。

 次:18きっぷ途中下車旅行記(20)・JR飯山線・十日町駅(45分・2014/07)




途中下車旅行記シリーズ、18回目は五能線・秋田県の東能代駅。

 前:18きっぷ途中下車旅行記(17)・JR身延線・身延駅(10分・2013/03)


18きっぷを使って五能線をぐるっと一周した後、宿のある青森へ向かうついでに途中下車してみた。
(北海道&東日本パスでの旅のついでだった。詳細は以下)

 安宿からの旅・北海道&東日本パスで行く秋田~青森の旅(2013/07)


●五能線の起点駅(0:00)
駅に降りてまず目に付いたのがホームの待合室。
「五能線の起点駅」と0キロ表示の看板、そして五能線名物のリゾート快速列車「リゾートしらかみ」風のデザインとなっていてテンションが上がる。
P2420156

●運転台のある待合室(0:00)
待合室の中に入ると本物っぽい列車の運転台が置いてあり、自由に座れるようになっている。
部品を持ち出す人がいないか不安になるほど。
(運転席に座ってホームを眺めるとなかなかリアル運転士の気分。テプラで細かい操作ガイドが貼ってあるが、実際に使われてたものなのだろうか)
P2420158


●バスケットゴールのある駅ホーム(0:07)
地元の能代工業高校がバスケの名門ということにちなみ、「バスケの街」と書かれたバスケットゴールがある。
(昔はボールを借りて電車待ちの間にフリースローを楽しめたとかなんとか)
xP2420160


●杉の香りと秋田音頭(0:10)
ゴールの近くには「杉の香りの漂うまち・能代」の看板。
その下には「秋田名物、八森…♪」と秋田音頭の歌詞が書かれていてメロディが気になる。
P2420162


●白バイで追ってくるナマハゲ(0:12)
駅の外にあった秋田県警察のポスター。
「悪い奴はいねが!?」と白バイに乗ったナマハゲというのが秋田らしい。
(「桃鉄」で特急に乗って追ってくるナマハーゲンとどちらが怖いだろうか…というか、追ってくるってことは金儲けは悪?)
P2420163



●東能代駅・駅前(0:12)
駅前の風景をとりあえず一枚撮影。
(多分何も目ぼしい撮影ポイントがなかったのだろう)

タクシープールと駐車スペース、レンタカー屋が見えるいかにも地方の駅っぽい風景。
「ようこそ 北のまちへ」という看板もあるが、「北へ!カード」で飛ばされることもあるのだろうか…
P2420164


●東能代駅・駅舎(0:13)
横からではあるが駅舎も撮影。
寒さ対策なのか二重ドアっぽくなっているのが東北仕様?
P2420165


といったところで以上。

五能線は一周しただけでじっくり駅を見れてないので、巨大土偶のいる木造駅などを見るついでに再び訪れたい。

 次:18きっぷ途中下車旅行記(19)・JR奥羽本線・大館駅(15分・2013/07)


 

このページのトップヘ