人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ: 18きっぷ・格安鉄道旅

途中下車旅行記シリーズ、17回目は身延線・山梨県の身延駅。

 前:18きっぷ途中下車旅行記(16)・JR大糸線・南小谷駅(10分・2013/03)

18きっぷを使って富士宮(焼きそば)から身延線に乗って甲府へ向かう途中、特急の通過待ちか何かでちょっとだけ待ち時間があったのでまた駅を出てみた。

●駅ホーム(0:00)
背もたれが低いベンチの上に花柄の座布団が乗ってるのが地方の駅特有の親切感。
(菊模様なのは名刹の久遠寺にちなんでだろうか)
P2000310


●駅改札(0:01)
改札口を出る時に目に付くウェルカムメッセージは
「ようこそ 信仰の町 心のふる里 身延山へ」。

その先の駅出入口には
「祝 身延山 五重塔落慶記念」
とあり、まさに寺町という感じ。
P2000311


●身延駅・駅舎(0:03)
結構新しい大きな駅舎。
大きくせり出した黒い屋根はお寺の山門にも見える。
(手前にある古めの立て札「七面山トレッキング」が、どこを指しているのか分からない感じがなんかいい)
P2000312


●富士川(0:09)
駅前通りを渡ってすぐ前を流れているのが富士川。
電車内からも時折見えるが、駅前散歩がてらにゆっくり大河を眺めるのもいいもの。
P2000313

※川の流量が少なめだとちょっと残念な感じも。
P2000297

振り返ると、駅前の交番が純和風というか江戸屋敷風だったのでなんとなく撮影。
多分、短い時間で駅近くに目ぼしい撮影スポットがなかったためとりあえず撮ったのだろう。
P2000314


●久遠寺(の看板)(0:11)
ここで電車の時間になったので急ぎ足で駅へ戻る。
その途中にあった駅前の名所案内を見て、ようやく久遠寺の存在に気づいたのでとりあえず撮影。
(案内所でパンフレットをもらうほどでもないかなと思ったので、次に行きたい場所をメモ代わりにとりあえず写真に収める癖)
P2000315



ロープウェイが新しくなったらしいので、付近の温泉巡りついでにまた行ってみたい。




 

途中下車旅行記シリーズ、16回目は大糸線・長野県の南小谷駅。

 前回:18きっぷ途中下車旅行記(15)・JR氷見線・雨晴駅(25分・2013/03)

18きっぷを使って富山や金沢を旅行した(前回の氷見線・雨晴駅など)後、関東への帰りは大糸線と中央本線で帰ったのだが、その途中、電車の乗り継ぎ待ち時間に下車してみた。
(以前少しだけ記事を書いていた)

 地震で一部運転見合わせ・大糸線・南小谷駅の風景

※こたつのある待合室など、短時間でも雪国らしさを満喫できた。
P2040123.jpg


●南小谷駅・駅舎(0:02)
ホームから柵越しに外を見ると、格子となまこ模様の壁が印象的な駅舎が見える。
出口の近くには昔ながらの円柱型の郵便ポスト、茅葺きの屋根が付いた観光案内看板があり雪国らしい風情。
P2040114

●南小谷駅・駅名看板(0:03)
駅ホームにあった木の板の看板。
看板の下に岩で固められた土台があるのがなんとなく山頂っぽい感じ。
下には緯度経度や海抜、東京など大都市からの距離などの基本データが書かれてる。
P2040115

●特急の窓越しに見える糸魚川ゆるキャラ「ぬーな」(0:03)
そこから振り返ると、停車中の特急の窓越しに普通列車の車両が見えるのだが、車両に描かれていた糸魚川ゆるキャラ「ぬーな」がぬっと顔を見せてなかなかの存在感を見せていた。
(ゆるキャラグランプリは終わってしまうらしいが…)
P2040116

●雪どけサイダー(0:07)
駅近くの商店の窓にあった看板。
雪国・長野らしいご当地サイダー「雪どけサイダー」があるとのこと。
(この日は閉まってたため買えずに残念)
P2040119-2

●姫川(0:07)
駅のすぐ近くを流れているのが姫川。
3月で山肌にも川岸にも雪が残る銀世界が広がる中、雪解け水で水量を増した急流を見せていた。
(大糸線の暖かい車内からもよく見える)
P2040120

●雪遊び(0:08)
近くの道に積もっていた本場の雪を触ってみる。
雪だるまが作りやすそうなほどよい柔らかさだった。
P2040121

●こたつのある待合室(0:11)
ここで電車の時間になったので急ぎ足で駅へ戻る。
駅に入り、改札へ行く途中で目に止まったのが待合室の奥、一段高くなって畳の上に置かれたこたつ。
(外を歩いた後だったので温もりがほしかったが、この電車を逃すと次は数時間待ちなので写真だけ撮って改札へ…)
P2040123.jpg





途中下車旅行記シリーズ、15回目は氷見線・富山県の雨晴駅。

 前回:18きっぷ途中下車旅行記(14)・JR土讃線・徳島・阿波池田駅(5分・2013/03)

18きっぷを使って関東から富山へ、そしてそこから足を伸ばして高山経由で氷見へ行く途中、下車してみた。
(現在は富山周辺はあちこち第3セクター化(詳細以下)してしまったが、当時はまだ18きっぷで自由に行き来できた)

 安宿からの旅・「あいの風とやま鉄道」に乗る(2015/03)


●雨晴駅ホーム(0:00)
列車を降りると、駅舎も家屋も古めかしい、北陸っぽい風景が広がる。
車両の方も実に年季の入った色合い(いわゆる、あずき色のキハ47?)。
P2030015


●ホームのすぐ前が日本海(0:00)
電車が去った後、周囲を見渡すと遠くには広々と日本海が広がる。
「高岡方面←」と矢印があるが、ここは跨線橋がなく、線路上を歩いて隣のホームに移動する。
P2030016


●雨晴駅・駅舎(0:07)
駅を出て、質素な駅舎を撮影。
(前の写真からわりと時間が空いたのはトイレにでも行ってたのだろうか…8年前で記憶が曖昧)
P2030019

●雨晴駅・駅名看板(0:07)
出入り口の横にあった看板。
海と小島(女岩というらしい)、立山連峰を描いた富山らしい良デザイン。
P2030020


●踏切を渡って海へ(0:08)
駅前通りを数分歩くと踏切があり、その先はもう海岸。
夏なら海水浴客でこの狭い道が賑わうのだろうか。
(この時はまだ寒い北陸の3月ってことで人はほぼ皆無だった)
P2030022

●雨晴海岸(0:12)
雨晴駅のすぐ裏手にある砂浜。
天気がよければ立山連峰がくっきり望めるそうだが、この日はあいにく曇りで残念。
P2030023

●ご当地マンホール(0:17)
砂浜の片隅にあったご当地マンホール。
草で覆われてたが、しっかり立山連峰をアピール。
P2030029


●立山連峰の見える海岸(0:20)
駅へ戻り、線路脇を歩いていると、晴れの日や夕日など、立山連峰の見える海岸の写真パネルが展示されていた。
次は天気のタイミングを合わせて行きたいもの。
P2030031


※この後は高岡方面へ引き返し、「まんが道」ゆかりの「高岡古城公園動物園」などを見つつ、富山へ戻った。

 安宿からの旅・富山・「高岡古城公園動物園」へ(2013/03)

また、氷見線の終点には「忍者ハットリくんロード」があり、藤子不二雄A先生(氷見市出身)のファンにもオススメ。

 安宿からの旅・富山・氷見「忍者ハットリくんロード」へ(2015年3月)

 次回:18きっぷ途中下車旅行記(16)・JR大糸線・南小谷駅(10分・2013/03)



 
 

今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

関東から名古屋へ旅行(先日紹介した宿「ウィークリー翔 岐阜駅南」に泊まった)へ行く途中、静岡県にある自動車メーカーのスズキが運営する資料館・スズキ歴史館に立ち寄った。
(行ったのは2019年3月。以前の途中下車に関する記事でも取り上げたが、その詳細となる)

 安宿旅行記・岐阜「ウィークリー翔 岐阜駅南」(1泊2050円~)
 青春18きっぷで東海道横断・東京~名古屋で途中下車の思い出(2)

※見学は無料だが、事前予約が必要なのでご注意を。


●スズキ車専用駐車スペース
JR高塚駅から歩いて10分ほどでスズキの社屋が見えてくる。
周辺には広い駐車場があるのだが、よく見ると「エスクード専用」などスズキ車しか止められないエリアがあり、凄まじいえこひいき…いや、お得意様優遇の措置をしている模様。
(この地ではスズキ車にあらずんばお客様にあらずとでもいうのだろうか…他社の車で行く方はご注意を(自分は駅から歩きなのでお咎めなし))
P1120030

スズキの社屋の周囲には「MotoGP 表彰台獲得」や「ワゴンR 25周年」などの横断幕があり、さすがスズキの本場(?)という感じ。
P1120031


●織機から始まるスズキの歴史
というわけでスズキ歴史館の中へ。
受け付けを済ませて(事前予約が必要)数分の見学前注意事項の映像を見た後は自由に館内を見学できる。

順路は2Fからとなっていて、上がってまず見えるのが「鈴木式・改良自動織機」という看板と織機。
トヨタのようにまずは織機から会社の歴史が始まったことなどが紹介されていた。
suzuki_history_syokki


●原動機付き自転車からの二輪車開発
その次に来るのが初期のバイク。
原付二輪の正式名称(?)、原動機付き二輪自転車の通り、普通の自転車に小型エンジンを取り付けた簡素な構造を見てると敷居の低さというか親しみやすさを感じてしまう。
(左には初代の胸像もある)
suzuki_history_bike


●四輪車の歴史
その先にはレトロなデザインの四輪車がずらっと並び、さながらクラシックカーの展示会といった雰囲気。
suzuki_history_car

外観のフォルムも個性的だが、内装のシートやハンドル、スピードメーターや初期のカーラジオなども懐かしい感じで、隅々まで長時間見ていられる。
suzuki_history_car_radio


●スバル360と和風家屋
車のそばに和風家屋のセットを作ったジオラマっぽいコーナーもあり。
縁側に並ぶ盆栽を見てると、野球ボールをぶつけられて「コラー!」とか言うカミナリオヤジが出てきそうな雰囲気(昔のドラえもんみたいに)を感じてしまったり。
suzuki_history_360


●レースバイク(E=デグナー)
その次は再び二輪に戻り、マン島のTTレースで優勝した実車が展示されていた。
(説明によるとE=デグナーのもの。F1の鈴鹿サーキットのデグナーコーナーの名前の由来になった方でもある)
suzuki_history_e_degnar

●CCI坊や
当時のスズキのマスコット人形「CCI坊や」も展示されていた。
この頃って宇宙服っぽいスペースチックなデザインのキャラが他の電機メーカーなどにも結構いた気がする。
suzuki_history_cci



以下、後日。



 

このページのトップヘ