人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:旅日記 > 旅日記-名古屋・東海

今回は青春18きっぷで途中下車して駅周辺をじっくり観光した時の話を。

名古屋から関東方面へ行く途中、蒲郡駅にて途中下車して三河湾に浮かぶ小島・竹島周辺を散歩してみた。
(観光情報サイト(以下)で写真を見ると関東の人気スポット・江ノ島まんまという感じなのでどんなものか見てみたくなった次第)

 蒲郡竹島| 蒲郡市観光協会「ようこそ蒲郡」

DSC_0090

前日まで名古屋を観光(以下ホテルに泊まった)した後、朝に名古屋を発って関東方面へ帰るついでに立ち寄ってみることにした。

 安宿旅行記・愛知・名古屋「ビジネス太閤」(1泊2300円~)


●蒲郡駅前
名古屋駅から普通電車で1時間弱、蒲郡駅で下車。
平日の朝で、ほとんど人のいない蒲郡駅を出発。
いつぞやネタにした「アメリカズカップのヨット」に見送られながら海岸方面へ向かう。

 青春18きっぷで東海道横断・途中下車して寄り道したい駅(東京~名古屋)(2)

DSC_0023


●竹島水族館・屋台
駅から歩いて10分ほどで竹島水族館。
もう少し遅い時間ならこちらも見て行きたいところだが、まだ開いてないためスルー。

建物のそばに団子などを売る屋台が並んでいるのだが、それにちなんでか、団子から顔を出す顔出し看板があった。
(最大4人(4本分)まで顔を出せる「だんご4兄弟」? 緑と黒色の団子は名物の「すいかだんご」らしい)


水族館の左、裏手へ進むと、海(三河湾)と島(竹島)、そして渡る橋が見えてくる。
海を見るだけなら駅から往復1時間もかからず海岸散歩を楽しめるお手軽スポットともいえる。
DSC_0040


●竹島
というわけで、駅から歩いて15分ほどで島の入口の橋に到着。
三河湾に浮かぶ小島で、海岸から長い橋でつながっている様子だけならまさに江ノ島。
(鳥が多いのもそっくり? 「トンビ注意」などの看板はないが、さっきの団子など食べ歩きには注意)
DSC_0048

まだ9時前、雲がいい感じに空を覆っていて遠くの水平線は明るく不思議な雰囲気。
平日の朝は近所の年配の方がちらほら散歩しているくらいとひと気が少なめで、静かに海景色を満喫できた。
DSC_0050


橋の途中で振り返ると、丘の上に建つお城のような老舗旅館「蒲郡クラシックホテル」が見える。
海景色の眺めがよさそうで、いずれ泊まってみたいもの。
DSC_0051



●八百富神社(竹島弁天)
竹島の中心部にある神社。
(島の中の石段を登った先に神社(弁財天)などがあるのも江ノ島そっくり)

ただ、島の見どころはここと島の周囲の遊歩道くらいなので、帰り道のために足を休めつつゆっくりお参りしていくといいだろう。
(江ノ島のような門前の商店街などはない)
DSC_0056


●竹島遊歩道
八百富神社の参拝後、神社の裏手を進むと竹島の周囲を囲む遊歩道へ抜けられる。
360度水平線が広がる穏やかな海景色を楽しみながら歩けるが、歩道が狭い部分や荒い岩場で手すりを掴んで進まないと危険そうな場所もあるのでご注意を。
DSC_0067

最初、島の東側の道を進もうとしたが、橋っぽい物があるものの歩道がはっきりしない状況だったため、引き返して島の西側部分を歩いて島の入口へ戻った。
DSC_0070


●藤原俊成像
竹島を望む海岸周辺の公園(竹島園地)に立っている銅像。
平安時代の歌人だが、蒲郡や竹島などここら一帯の開発に携わったとのこと。
(当時の貴族の衣装に身を包んで沖合を見てたたずむ姿はなかなか絵になっている)
0-1216-87

海岸付近を歩くと島を望みながら座れるベンチなどもある。
こっちにも鳥が多いので、食べ物を奪われないよう注意。
DSC_0090


●海辺の文学記念館
竹島へ続く歩道橋の近くにある無料の資料館。
川端康成など有名な作家が作品中で蒲郡を描いたことの説明や、蒲郡・竹島を開発した藤原俊成の紹介コーナー、さらに大正時代に日本の文人達に愛されたらしい蒲郡の旅館「常磐館」の当時の内装品やパンフレットなど貴重な資料が展示されていて結構幅広い見どころがあって楽しめた。
IMG_gamagori_bungaku_kinenkan

※なぜか、「孤独のグルメ」の原作でおなじみの久住昌之先生の色紙もあった。
 先日の「岩下新生姜ミュージアム」じゃないが、自分の知ってる方の色紙があるとちょっと得した気分になる。

 見た目も展示物も超B級・栃木駅「岩下新生姜ミュージアム」へ

IMG_gamagori_bungaku_kusumi


この後、駅に戻った後にもう1つの蒲郡の見どころである「ラグーナ蒲郡」などへ行ったのだが、そちらの話はまた後日。


 

今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

先日紹介した宿、名古屋駅近く「ビジネスホテルオイセ」に泊まったついでに、常滑駅近くにある明太子のテーマパーク「めんたいパークとこなめ」へ行った。
(行ったのは2019/03。先日書いた常滑・セントレアの旅のついでに立ち寄った)

 安宿・名古屋「ビジネスホテルオイセ」(1泊2200円~)へ再び
 招き猫とめんたいことセントレアと…愛知・常滑ぶらり旅(2019/03)(2/2)

会社が運営するスポットという点では以前行った江崎グリコの記念館などを思い出す。

 安宿からの旅 #グリコ の製品から道頓堀ランナーの歴史まで #江崎記念館 へ
 銘酒黄桜に河童が大集合…京都伏見・キザクラカッパカントリーへ

※かねふくといえばCMでおなじみ氷川きよし。
 というわけで等身大立て看板もありきよしファンにもたまらないスポットです。
IMG_tokoname_mentai_hikawa_kiyoshi_photo


めんたいパークがあるのは名鉄線・常滑駅から西(海岸方面)へのびるバイパスを歩いて15分ほど。
建物の上に乗った赤いプリプリした感じの巨大明太子が目印。
xP1100163


●かねふくといえば氷川きよし
入口を入ってすぐそばにあるのが、かねふくのCMでおなじみ氷川きよしのサイン色紙やコラボ食品(明太子味の柿の種、ポテトチップ、ベビースターなど)が入ったショーケース。
右下には常滑名物の招き猫もいる。
(抱えた小判には「金福」。縁起のよさそうな社名である)


顔出し看板と等身大立て看板もあり、きよしとズンドコ節ファンにはたまらない?
IMG_tokoname_mentai_hikawa_kiyoshi_photo


●めんたいキャッチャー
その横には「めんたいキャッチャー」という明太子グッズの入ったクレーンゲーム。
赤と青のクレーンのアームからして、おそらく中身はセガの初代UFOキャッチャーと思われる。
(1回100円、6回500円という価格設定もゲーセン仕様。中身は明太子味のラスクなど)
IMG_tokoname_mentai_ufo_catcher


●めんたいミュージアム
明太子の原料であるスケソウダラの生態などを紹介。
子供の頃の社会科見学気分でチェック。
IMG_tokoname_mentai_museum

また、ミュージアム内にはお堅い説明の他にタッチパネルでゲームが楽しめる筐体(めんたいBOX)も置いてある。
遊べるのは神経衰弱やジグソーパズルなど子供向けゲームのほか…
IMG_tokoname_mentai_game

電流イライラ棒を思わせる[タラピヨ脱出ゲーム」。
タッチパネルの精度が微妙なのと当たり判定がシビアなせいか、大人でも結構苦労する難易度。
IMG_tokoname_mentai_game2

さらに「タラコン博士に挑戦!カードゲーム」。
1~9のカード9枚を出し合い、大小を競って何勝できるかというゲームなのだが、カードのデザインが麻雀牌(ピンズ)っぽいのがセンスを感じる。
(麻雀漫画「天」の葬式編でアカギがやっていた「ナイン」を思い出す)
IMG_tokoname_mentai_ninegame



●巨大シアター
漁船を再現した座席から、明太子の原料が獲れる北極海での漁の様子などの映像を見れる。
マグロ漁船に乗った気分?
(借金はしたくないものである)
IMG_tokoname_mentai_theater


●飲食コーナー
明太子おにぎりやめんたいソフトなどのほか、明太フランスパンもあり。
(パンということで気合の入ったこんなイラスト看板も。ジャムおじさんもビックリのお味?)
IMG_tokoname_mentai_anpanman

メニューには明太子おにぎりもあり、それにちなんでおむすびマンもいた。
右の黄色いネズミ(版権が気になるので一応こういう表現。千葉のネズミだけでなくこっちのネズミも版権には厳しい?)と明太子の関係は不明。
IMG_tokoname_mentai_omusubi_man

ということで見学後に昼食に食べたのが「からし明太子おにぎり(380円)」と「めんたいソフトクリーム(350円)」。

「からし明太子おにぎり」は「おにぎり1個で380円は高いなー」と最初は思ったのだが、コンビニのおにぎり2個分くらいと意外と大きく、さらに明太子が中心部だけでなく端の方までみっしり詰まっていて、わりとお値段に見合うボリューム感がよかった。
IMG_tokoname_mentai_onigiri

一方、「めんたいソフトクリーム」の方は明太子の塩気と風味がソフトの甘さと合わさった上、明太子の粒粒の食感が混ざっていて間違いなく人を選ぶお味だった。
(コーンの包み紙の子供のデザインを見ると、いかにも売店のソフトクリームというイメージ)
IMG_tokoname_mentai_soft_cream


といったところで以上。

明太子や氷川きよし好きな方(?)にはもちろん、常滑の焼き物工房散策ついでに時間が余った時や、セントレアへの行き帰りにちょっと立ち寄ってのプチ観光、工場見学的な楽しみをしたい方にもオススメかと思う。




前編で常滑駅周辺の焼き物散歩道などを堪能した続きから。

 招き猫とめんたいことセントレアと…愛知・常滑ぶらり旅(1/2)

※常滑名物の招き猫が巨大になって登場。背中だけで語りかけてくるような迫力がある。
tokoname_aeon_big_manekineko_back


●11:55 常滑駅→12:10 めんたいパークとこなめ
常滑駅から西(海岸方面)へのびるバイパスを歩いて15分ほどで到着。
(15分歩くのが辛い方は無理せずバスで行く方がいいだろう。焼き物散歩道を歩いた後だと普通は足が疲れてるだろうから…この時点で自分の足も少々疲れ始めていた)
P1100164

辛子明太子が有名な「かねふく」が運営している施設で、館内には明太子の製造工程を間近で見れる工場見学コーナーや、明太子の原料であるスケソウダラの生態などを紹介するめんたいミュージアム、さらにできたての明太子を買ったり味わったりできる売店などがあり、ちょっとした社会見学・お食事にちょうどよかった。

ということで見学後に昼食に食べたのが「からし明太子おにぎり(380円)」と「めんたいソフトクリーム(350円)」。

「からし明太子おにぎり」は「おにぎり1個で380円は高いなー」と最初は思ったのだが、コンビニのおにぎり2個分くらいと意外と大きく、さらに明太子がおにぎりの中心部だけでなく端の方までみっしり詰まっていて、わりとお値段に見合うボリューム感がよかった。
tokoname_mentai_park


一方、「めんたいソフトクリーム」の方は明太子の塩気と風味がソフトの甘さと合わさった上、明太子の粒粒の食感が混ざっていて間違いなく人を選ぶお味だった。
(ここでしか味わえないのでソフト好きな方はデザートに迷わず頼むべきだろう)
●13:30 イオンモール常滑
めんたいパークから歩いて10分ほどで到着。
(到着といっても敷地の北側の端で、駐車場や大型の公園が広がっていて建物まではもう少し歩かされる)

いまや定番のショッピングモールなのだが、館内中央には巨大招き猫、外には招き猫作品が並ぶ展示スペース、さらに常滑焼の作品が並ぶショーケースがあったりと常滑にちなんだ見どころが多く、観光気分も味わえるのが面白い。
(入口にも両側に招き猫が鎮座している徹底ぶり)
tokoname_aeon_entrance


●イオンモール常滑13:45→13:55 中部国際空港セントレア
イオンモールからセントレア空港までの無料往復シャトルバスが出ているということで、試しに乗ってみた。
(春休みの時期のせいか平日昼下がりでも満席。仕方なく窓際に立ち、空港までの橋を渡る途中で海を眺めて気を紛らわす)
tokoname_centrair_bus_view


●中部国際空港セントレア
飛行機に乗る予定はないが、なんとなく空港内を散策。
空港内には名古屋名物からキャラクターグッズまで幅広い品揃えの土産物店街(和風なたたずまい)や、飛行機を見ながら一息つける展望デッキ、さらに無料で空港の詳細について学べる情報コーナーなどがあり、飛行機に乗らなくても意外と楽しめた。
(名古屋まで名鉄の特急一本で行けるなど、アクセスの良さも便利)
tokoname_centrair_mall

空港の定番スポット、滑走路や飛行機が並んで停まるエリアを一望できる展望デッキもある。
座って休めるベンチがあるので、ここまで歩き通しだった足を休めて飛行機を見ながら一息。
tokoname_centrair_deck

なぜかカウンターや窓口の上では忍者が飛び交ってたりもする。
(愛知の隣県・三重県名物の伊賀忍者だろうか?)

●15:00 イオンモール常滑
空港から再び無料バスでイオンモールに戻ってきて、もうしばらくモール内を散策。
(飛行機で降り立った乗客が意外と多かったのか、バスは行きよりもさらに混んでいた。大きな「常滑のれん街」の提灯がお出迎え)
P1100222

イオンモール常滑名物・店内にででんとそびえる巨大招き猫の背中をチェック。
(背中も実に頼もしい。鎌倉の大仏なんかも背中だけで語りかけてくるような迫力があったのを思い出したり)
tokoname_aeon_big_manekineko_back

なお、ゲームコーナーをのぞくと、セントレアにちなんでか飛行機操縦シミュレーターのゲームもあった。
(成田空港のゲームセンター(以下記事)を思い出す。マルチスクリーンの豪華な筐体で、カプコン製(ヘリじゃないので落ちる心配はない模様)。1プレイ200円)

 珍ゲーセン巡り・成田空港のゲームコーナー

P1100235


●イオンモール常滑→常滑駅
大体満足したのでここらで駅に戻ることに。
ただここまで歩き通しだったため足が疲れていて、普通なら駅まで歩いて10分くらいのところが20分くらいかかってしまった。
(無理せずイオンモール常滑駅から帰りの電車に乗れば良かったと後悔)


●常滑駅→名古屋駅
後は帰りの電車に乗るだけ。
平日の夕方少し前だから通勤客は少ないはず…と思いきや、空港からの帰宅客がこの時間でも多く、ボックス席の並ぶ車両に空席がなくて立ちっぱなしで帰る羽目に。
(旅の満足度を考えれば、中部国際空港駅から始発で乗って確実に座って名古屋に戻るのが正解だったと思う)
tokoname_nagoya_express_train


●17:10 夕飯@名古屋駅スパゲティハウスチャオ
名古屋に着いた後は夕食タイム。
17時過ぎならまだ空いてるこちらの店で名物あんかけパスタを堪能。
(好みの分かれる癖の強い味だが名古屋でしか味わえないと思えばこれもまたよし)
tokoname_nagoya_ankake_pasta



といったところで以上。

散策しがい十分の常滑の焼き物散歩道のほか、めんたいパークにセントレア、イオンモールと新旧様々な見どころがあり、少々急ぎ足になったがたっぷり堪能できた。

名古屋から足を伸ばしての観光のほか、中部国際空港へ行くついでの寄り道でちょっと観光(駅周辺の招き猫などだけでも)するのにもちょうどいいかと思う。


 

今回は過去の18きっぷ旅の話を。

だいぶ前に書いた、岐阜から高山本線で高山駅へ行った続き(以下記事)で、飛騨古川駅へ立ち寄った時の話をしてみたい。

 安宿からの旅・18きっぷとJR高山線で飛騨高山へ(前編)

飛騨古川といえば映画「君の名は。」だが、自分が行ったのは2015年3月。
映画上映は2016年8月26日からで、映画の聖地とか町おこしとかの雰囲気が全くない頃の様子となる。

 (公式)飛騨古川散策ガイド[PDF]


●高山駅→飛騨古川駅
この時は18きっぷで岐阜から富山へと高山本線を移動する旅の途中。
高山を見た後、時間があれば途中下車という予定だったが、いい感じに1本早い列車に乗れたので飛騨古川駅で降りることにした。
(昔ながらの高山駅の有人改札。「改札は●時頃から。しばらくお待ちください」という表示も昔っぽい)
P1750421

乗ったのは昔ながらのワンマン車両と思ったら、料金表示が電光掲示板で古いんだか新しいんだかという感じ。
P1750423

外を見れば3月半ばでも一面の雪景色。
この圧倒される雪の量は上越線を思い出す。
P1750436


●飛騨古川駅・待合室
改札を出て、年季の入った駅の構内に掛かっていた垂れ幕がこちら(よく老人会で書く絵手紙風のタッチ)。

「天地が呼び合う朝霧の街へ」
「空気がうまいんやよ」

と、「君の名は。」ムードは微塵もない観光コピーがほほえましい。
(左端、最後に赤字で「大歓迎」と書いてあるのもなんかよい)
P1750441


●飛騨古川駅の線路(駅北側の跨線橋から)
駅のそばということで、先に駅の裏手にある文化交流センターなどを見に行くことに。
(全くアテがなかったので、なんとなくご当地的な雰囲気を感じに足を運んだ…のだが、残念ながら休館日だった)

行く途中、橋の窓から駅ホームの線路と停車中の列車、周囲の雪景色をなんとなく撮影。
(いかにも地方駅っぽい風景だし…と撮影したが、どうやら映画中でもこんなシーンが出ていたらしい。ちょうど列車が同じように止まっていた。ガラスの網目が邪魔)
P1750446

他には地元の学生さんが描いたらしい「祝・高山本線全線開通80周年」という絵画が貼られていた。
(開通後、災害で不通になることも多々あったがよくぞ復旧してくれたと感謝するばかり)


●駅前、タクシープール
続いて駅を離れて街中へ。
駅から少し離れた所から、駅舎や跨線橋、背後の雪山を撮影。
(手前にはタクシーがちらほら泊まってるタクシープールがあるが、これも駅のそばから撮影すれば映画と同じカットだった模様)
P1750449

平日の昼下がりということで、駅前でも人けはほとんどなかった。
(映画の後なら普段でも少しは観光客がいたりしたのだろうか)
P1750451


●味処古川(五平餅を食べた店?)
古い町並み(壱之町通り)にあるお店。
「君の名は。」の中で五平餅を食べたお店らしいのだが、他に蕎麦なども味わえるほか、土産物の販売などもしている。
(この時は「奥飛騨朴念そば」がイチオシだった模様)
P1750478

店先に座布団の敷かれた長椅子があり、「あたたかいほうじ茶」を頂きながら休めるのも嬉しい。
(「君の名は。」の前からも親切一杯のお店だった)


●飛騨の匠文化館
味処古川の近くにある、飛騨の建築技術を示す展示物や当時の大工道具が並ぶ資料館。
地元の木材で建てられたという江戸の頃を思わせるお屋敷で、飛騨の名物である樹齢800年の松や大イチョウなどもある。
(雪の積もった古民家って白黒の色合いがなんかいい感じ)
P1750458


●岡田屋
飛騨の匠文化館の近くにある土産物店。
こちらではこれまた飛騨高山名物(?)の「みたらし団子」などを味わうことができ、食べ歩きにちょうどよかった。
(五平餅もそうだが、こういう街並みには素朴な味わいが合う)

●瀬戸川と白壁土蔵街
飛騨の匠文化館の裏手にある。
細い瀬戸川沿いに江戸の頃を思わせる白壁の蔵が並んでいて、石畳の歩道と燈篭と合わせて昔ながらの風情を感じながら散策を楽しめた。
P1750466


●円光寺
土蔵街の途中にあるお寺。
本堂の両側の妻に「水呼びの亀」という装飾があるという話だったので、なんとなく本堂を側面から撮影。
興味があまりなくても、なんかの役に立つかなと思いながらシャッターを切った。
(とりあえず記事の穴埋めにはなった模様)
P1750468


まだ先が長いので次回に続く。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の縄。 (二見文庫) [ 葉月奏太 ]
価格:794円(税込、送料無料) (2019/12/21時点)


 

このページのトップヘ