人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:旅日記 > 旅日記-甲信越・北陸

今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

先日紹介した宿、山梨・石和温泉駅近く「石和びゅーほてる」(以下記事)に泊まった翌日、駅周辺にある山梨名物のワイン関連など温泉街の名所を巡ってみた。

 安宿旅行記・山梨・石和温泉駅「石和びゅーほてる」(1泊5000円~)

このホテルのいい所は石和温泉駅からホテルまでの無料送迎があるところ。
さらに、ホテル周辺の観光スポットならそちらへも行ってくれるとのことだったので、ホテルからモンデ酒造山梨工場まで送迎してもらった。
(駅から歩いても10分ほどだが、天気がぐずついてたため助かった)

※駅の中でも甲府ワインを楽しめるスポットがあり、さすが甲州ワインの街という感じ。
yamanashi_isawa_onsen_station_wine_server


●モンデ酒造山梨工場
予約なしでもワイン工場の見学ができるスポット。
ワインを瓶詰め・箱詰めする工場らしいベルトコンベアのラインやワイン樽が積まれた貯蔵所、ワインの作り方の解説など、短時間でも見ごたえ十分だった。
yamanashi_isawa_monde_wine_factory

「ワイン樽に音楽を聞かせると音の振動で味がまろやかになる」という不思議な説明もあった。
ご家庭でも試してみる?
yamanashi_isawa_monde_wine_factory_music


そして見学の後は併設の売店へ。
工場で作ったワインの試飲(ワインサーバーがたくさん並んでいる)やお買い物を楽しめるのだが、ほろ酔い気分になりながら見学以上の時間をかけてたっぷり楽しんでしまった。
(濃厚なぶどうジュースや梅酒、緑茶酒などワイン以外の品も色々試飲できる)
yamanashi_isawa_monde_wine_shop

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンデ酒造 ワイン 山梨 ミニワイン6本セット 甘口 辛口 180ml
価格:2500円(税込、送料別) (2020/4/4時点)




●小林公園
工場を見た後、少し南へ歩くとバイパスへ出る。
(東京から石和温泉への高速バスの停留所もある)

このバイパス沿いにあるのが小林公園。
公園らしい普通の遊具やベンチなどがあるほか、温泉の街らしく足湯「あし湯いさわ宿」も設置されている豪華な公園。
温泉街の散策ついでに休憩していくのに便利だろう。
(ただし、利用時間は朝10時からとなっているのでご注意を。バスで温泉から帰る前に立ち寄るのにも便利)
yamanashi_isawa_onsen_kobayashi_park

公園の奥には海賊っぽい謎のブランコ遊具などもある。
(都心の森下駅近くでもこんなのを見た気がする)
yamanashi_isawa_onsen_play


●いさわはし
また少し雨がぱらついてきたので、早めに駅方面へ戻る。
その途中、駅へ続く大通り沿いにある橋が「いさわはし」。
(険しい表情で笛を吹く男(笛吹権三郎)の像が目印。今日のノルマに届かずきついストリートミュージシャンではない)
yamanashi_isawa_bridge

橋の下にはかつて笛吹川という川が流れていたそうで、川の名の由来になった笛吹権三郎の伝説を紹介する案内板などもあり、ちょっと神秘的な感じ。
(普通の昔話と違い、なんとも救いようのない話。昔ながらの「ヤマなしオチなし意味なし」話?)
yamanashi_isawa_bridge_info

そして近くにあった電柱の看板を見ると、石和温泉らしく「いさわ」の隣に湯上り美人らしい感じのイラスト入り。
さらに山梨・甲府ということで「頑張れ!ヴァンフォーレ甲府」の文字も(JリーグのJ2らしい)。
yamanashi_isawa_ventforet


●富士見屋
JR石和温泉駅前まで戻ったところで、駅前すぐそばにある土産物店・富士見屋へ。
入口には温泉街らしく、足湯ならぬ手湯の桶があった。
(右側の「ポチたまとどようびのにゃんこに出た猫のいたお店」というのも気になるが…テレ東とフジテレビか)
yamanashi_isawa_onsen_fujimiya

信玄餅やワインなど山梨・甲府の定番のおみやげを中心にかなり充実の品揃えで、帰りの電車に乗る前にゆっくりお土産を探すのにオススメだろう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桔梗信玄餅(ききょうや)ききょうしんげんもち6ヶ入り
価格:1095円(税込、送料別) (2020/4/4時点)




●石和温泉駅前公園あしゆ
石和温泉駅に向かって左手にある足湯。
瓦屋根の下に大きな暖簾が出ていて立派なつくりで、周りに広がる山なみを楽しみながらゆっくりお湯に浸かれる。
yamanashi_isawa_asiyu


●大唐
ここで11時過ぎとなったので、少し早いが昼食へ。
山梨名物といえほうとうだが、前日にもう頂いていたのでスルーして他のものを食べに店を探すも、目ぼしいものが見つからなかった(あと雨だった)ため、近くのイオンへ。

イオンの中にある中華料理店・大唐に入る。
ちょっとでも異国らしいメニューを…と悩んだ挙句、この日は「サンマー麺+チャーハン」を注文。
(山梨の隣、神奈川の名物だが)
サンマー麺特有のスープのとろみはほどほど、あっさり目の味付けでまあまあという印象。
yamanashi_isawa_sanmamen

お店を出るとまた雨が強くなってきたので、帰りの電車に乗るため駅へ。
もう少し町中を散策したかったのだが、ここで雨がひどくなってきたためやむを得ず終了。
(石和温泉駅の駅前風景。盆地ということで山の天気同様に変わりやすかった模様。女心と秋の空?
 本当は帰りに途中下車して猿橋なども見に行こうかと思ってた)
yamanashi_isawa_onsen_station_view

つい最近改築されたという立派な駅舎。
直方体だと新幹線の駅っぽい感。
yamanashi_isawa_onsen_station


●石和温泉観光協会駅前案内所
電車待ちの時間に立ち寄ったのが石和温泉駅の1階に併設の案内所。
観光パンフレットや相談カウンターが並ぶ普通の案内スペースのほか、ワインの街らしく甲府ワインがずらっと並ぶ「駅ワインサーバ」があり、一杯200円~で気軽に甲州ワインを試飲できる。
(立ち席テーブルがあり、立ち飲み屋気分で気軽に味わえるのも嬉しい)
yamanashi_isawa_onsen_station_wine_server




にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

半日(というか3時間弱ほど)ではあるが、短時間で気軽に温泉とワインの街らしい見どころを楽しめた。
自分は泊まった翌日の観光だったが、日帰り温泉の可能なホテルも豊富にあるし、青春18きっぷでの途中下車でのちょっとした観光でも楽しみやすい街かと思う。




今回は昔の鉄道旅行の話を。

先日の台風19号で長野県の上田電鉄・別所線が被害を受け、一部代行バスでの運転や運転本数減少などの影響が出ている。

 台風19号に伴う別所線の被害状況について - 上田電鉄

上田電鉄は6年ほど前に長野周辺の私鉄を巡った時にちょっと乗ったことがあった(詳細以下記事)のだが、この時は急ぎ足だったのでもう一度ゆっくりと別所温泉にでも入りつつのんびり乗りに行こうと思ってただけに、台風での被害は残念。
(まだ乗ってない路線だと「早く乗りに行けばよかった…」と残念に思うが、乗ったことがあればそれはそれで思い入れがあるのでまた違った寂しさが出てしまう)

 安宿からの旅・週末パスで行く長野周辺私鉄巡り(後編)

というわけで復旧を願いつつ、当時の思い出を語りながら改めて上田電鉄について綴ってみようと思う。

※6年前のある夏の日曜日の別所温泉駅。人はほとんどいませんでした。
P2370099



●上田駅・有人改札
上田電鉄は昔ながらの有人改札。
週末パスで改札を入った先には「別所線存続支援キャラクター」の「北条まどか」(なぜか魔法少女風)がいた。
なんとか今回も存続へ向けて頑張ってほしいもの。
(私鉄といえば「鉄道むすめ」というイメージだが、それはまた別にいるらしい)

 別所線存続支援キャラクター「北条まどか」/上田市役所
 TM54 八木沢まい|キャラクター紹介|鉄道むすめ

P2370071



●上田駅ホーム
ホームへ出ると「サマーウォーズの信州上田へようこそ!」の看板を発見。
当時はまだ大河ドラマ「真田丸」の前だったから、今行けばまた違うのだろうか…
P2370072


●上田電鉄・車内
上田電鉄といえば丸い窓(実際には四角い窓に丸い穴の開いた板を被せているが)。
そして、なぜか天井からは「さげもん」ぽい飾りが一杯飾られていた。
(「全国つるし飾りサミット」というイベント中だったらしい)
P2370073


●千曲川橋梁
上田駅を発車直後に見えてくるのが今回の台風で崩落した千曲川橋梁。
左カーブの先に赤い鉄橋が見える。
P2370074

橋の上からの風景。
この日の千曲川は「サマーウォーズ」っぽい夏の緑の中できれいな流れだったのだが…
P2370075


●車両は元東急電鉄製?
上田電鉄では元東急の車両が使われてるらしく、つり革をよく見ると「東急百貨店」の文字。
(青森の弘南鉄道でも似た光景を見たのを思い出す)

 ローカル線を走る東急車両

その後ろには「居酒屋お帰りきっぷ」などのユニークな切符や「北条まどか」グッズの広告があるのもローカル線っぽい。
P2370081


●行き違い停車
単線ということで行き違い停車もあり。(下之郷駅にて)
向かいのホームの隣の留め置き線には都会的な車両が停まっていた。
P2370083




●別所温泉駅
30分ほどで終点の別所温泉駅に到着。
レトロチックな色合い、旧字体の「駅長 STATION MASTER」の看板など、風情はかなりのもの。
(7月ということでキラキラの七夕飾りもいい味を出してる)
P2370098

駅舎内はこんな感じ。
高い天井と換気のプロペラつきの昔ながらの照明、そして右上の「サクラコメ・みそ」の看板など、昭和のままの空気が感じられた。
(日曜の朝9時なのだが、温泉地のはずなのにほとんど乗客がいないのも今思えば驚き)
P2370099

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【誕生日】【ギフト】【ハロウィン】サクラコメみそ 特上1kg
価格:513円(税込、送料別) (2019/10/22時点)



片隅のショーケースには「非売品」と札が付いたフィギュア(鉄道むすめの物だろうか)や、車掌姿のキティちゃんがいた。
(左端に見切れてるのは列車のNゲージか何かだろうが、当時は興味がなく撮影しなかった模様)
P2370100

 
●丸窓電車モハ5250形
駅に来たものの特に下調べもせず、温泉に行く予定もなかったので適当に駅周辺をぶらつくと、昭和初期に作られたという「丸窓電車モハ5250形」(リニューアル保存されたものらしい)が安置されていた。
本物の丸窓、無骨な感じの前面部分の形が昔ながらのまま。

 丸窓電車の今/上田市役所

P2370106

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・ラストラン 上田電鉄7200系7253編成・7255編成[DVD] / 鉄道
価格:942円(税込、送料別) (2019/10/22時点)





といったところで以上。

なんとか復旧してほしいと思うと同時に、目を付けてる鉄道路線は今後さっさと乗りに行かないといけないなと思った次第。
(今回の台風で自分が狙ってた路線がいくつもあっけなく打撃を受けてしまっただけに…影響が広範囲なのを思うと、インパクトは311以上かもしれないと感じる。箱根登山鉄道、阿武隈急行、三陸鉄道、…)

 安宿からの旅・岩手・三陸鉄道南リアス線(盛駅~釜石駅)
 大雪で週末まで一部運転見合わせ・阿武隈急行の沿線風景(2013/02)



前編で福井駅のそばの「恐竜広場」やヨーロッパ軒のソースカツ丼などを堪能した続きから。

 安宿からの旅・18きっぷで恐竜とソースカツ丼の街・福井へ(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1067308105.html

長い移動の途中に中継で泊まるだけ、その日限りの町だとしても、宿にチェックイン~駅から出発までの僅かな時間でどこまでその街のことを知れるかが自分にとって1つのチャレンジになっている。
(たとえ有名な魅力がなくても何かしらその町で推している名物はあるもので、事前調査なしにそういう名所やお店を見つけられると純粋に嬉しい)

※名前だけ聞いたことのある「8番ラーメン」が、実際にお店を見ると意外と普通に入りやすい感じのチェーン店なのを知ったりとか…
 (「餃子女子」ってどうなのよってのは置いといて)
xP2370149

●6:00 起床
xP2370004

この日は「福井パレスホテル」(以下リンク参照。1泊4500円~)に宿泊。
快適な部屋に寝心地いいベッドと何不自由ない部屋に泊まったのだが、なぜか6時少し前には目が覚めてしまった。
(町を知りたい探究心が目を覚ましてしまうのだろうか…単に神経質で枕が違うと寝られないだけかもしれないが)



仕方ないのでカーテンを開け、東の空を見て日の出を待ってみる。
(県庁所在地でそれなりに高いビルの並ぶ中、なんとか福井での朝日を拝めた)

●愛宕坂
xP2370026

早朝でお店はまだ開いてないので、市内のめぼしい自然・史跡系スポットを回ろうと、まずは福井駅の南西にある愛宕坂へ。
足羽山の麓にある坂道で、石段や緩やかな坂道が続く両側に昔風の家並みが並び、なかなか風情がある。
(夜だとライトアップもあるらしい)

 愛宕坂 灯の回廊 _ イベント|ふくいドットコム
 http://www.fuku-e.com/070_event/index.php?i=315

山の頂上まで坂道は続くが、朝からそこまで体力を使ってもこの先持たないので途中で横道から降りる。
この横道が、福井市内を見渡しながら降りれる歩道になっていていい感じ。
xP2370035

●左内公園
xP2370041

続いては、やや福井駅寄りに移動した先にある左内公園へ。
「安政の大獄」で処刑された橋本左内が由来で、園内には彼の銅像やお墓がある。
(「安政の大獄」といえばまず吉田松陰、それに続いて2,3番目に橋本左内の名が出る感じで習うので、ややうろ覚えだった)

橋本左内の他、「奥の細道」で福井を訪れた松尾芭蕉の俳句や旅程マップもある。
(福井から敦賀、そしてゴールの大垣へ。まさに自分がJRで来たルートを逆に進んだ模様)
xP2370046

そしてなぜか、園内にはライオンやゾウの人形が。
(小さいサイズの人形はベンチ代わりに座れるからいいが、大きい象はなぜ作ったのか不明。
 駅前の恐竜に対抗したわけではないと思うが…)
xP2370049

●足羽川沿い~幸橋
xP2370059

公園を出て、近くの足羽川の土手へ。
早朝の川沿い散歩は旅先でも気持ちがいいもの。
(桜の名所でもあるらしい)

福井駅方面へ渡るための幸橋へ。
幕末の福井藩士・由利公正を推す幟が立っていた。
(この方も前編で触れた「大河ドラマ誘致」の候補の1人なのだろうか。
 歴史の授業では聞き覚えがないが、明治維新後には大臣や東京府知事なども務め、坂本龍馬との縁もあったらしい)
xP2370063

●柴田勝家と柴田神社
xP2370073

足羽川を渡り、さらに福井駅方面へ進むとあるのが柴田神社。

 柴田神社 | ホームページ
 http://www.sibatajinja.jp/

柴田勝家公とその妻であり絶世の美女といわれた「お市の方」ゆかりの神社で、勝家公一家の銅像やこの地にあった「北庄城」(一説には織田信長の安土城を上回る城)の城跡遺跡など、細かい見どころが多い。
(福井市内の名物となりつつある顔出し看板がここにもある。柴田勝家公と妻のお市、自害した2人が炎をバックに描かれているのだが、お姫様抱っこポーズと死を前にしてずいぶん余裕がある模様)

前編で触れた「瓶割り」柴田の説明とその破片(再現イメージ?)もあった。
xP2370079

勝家公に妻のお市、そして三姉妹についての解説や銅像もあった。
xP2370072

神社を出て駅前繁華街を彷徨ってると見かけたのがこちらの看板。
「株式会社 大岡越前」
懐かしの時代劇の名をここで見ることになろうとは…
(夕方の再放送でよく見かけた。ただ子供だったので「暴れん坊将軍」との違いすら分からなかった記憶が)
xP2370091

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】大岡越前 第一部 【DVD】
価格:23889円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)



●福井城址
xP2370099

福井駅周辺の史跡めぐり、最後は駅の北西にある福井城址へ。

 福井城址 _ 観光スポット|福井県観光情報ホームページ
 http://www.fuku-e.com/010_spot/index.php?id=16

といっても現在は県庁や県警本部の建物が並んで天守閣はなく、当時を思わせるのはお堀や石垣の跡くらい。
(お堀を渡る橋は擬宝珠付きでそれっぽいが、朝7時過ぎでも通勤する方々で賑わう。本来の通り道は裏手にある御廊下橋なのだが、工事中で通行止めとなっていた)

●福井といえば8番ラーメン?
xP2370149

史跡めぐりはこれで終了で、最後についでに再び福井駅へ。

エキナカを歩くと北陸名物らしい「8番ラーメン」を発見。
北陸では「餃子女子 急増中!」らしい。
(名古屋とかにもあるらしいのでいずれ食べてみたいところ)

 店舗情報 _ 野菜らーめんの8番らーめん
 http://www.hachiban.jp/shop/



●新幹線はいつの日か
xP2370155

帰り際、改札を入ってすぐ近くにあったのが「新幹線福井駅タイムカプセル」。

北陸新幹線福井駅部工事の着工記念で作られた物で、新幹線の福井駅開業時に開封するとのこと。
(その時はまたゆっくり観光に来たいものである。
 ただ、富山・金沢まで北陸新幹線が開業した時みたいに無理やり鈍行列車で行くかもしれないが…)

 安宿からの旅・「あいの風とやま鉄道」に乗る(2015年3月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1023483835.html
 安宿からの旅・18きっぷとJR高山線で飛騨高山へ(後編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064708210.html


といったところで以上。
(福井を出発した後は本数の少ない小浜線で西舞鶴へ移動し、以下の宿に泊まって終了)

 安宿旅行記・京都・西舞鶴駅「プラザホテル舞鶴」(1泊4800円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1066622272.html

僅かな時間だったが、福井の意外な魅力を色々知ることができてわりと満足だった。
(北海道・東北と比べると戦国時代以前の歴史の積み重ねがある分、北陸・中国の方が下調べなしで歩いても意外性のあるスポットが見つかる可能性は高いかも?)


今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

先日紹介した宿、「福井パレスホテル」に泊まったついでに、恐竜とソースカツ丼で有名(かなり偏った表現だがお許し願いたい)な福井駅周辺を歩いた。
(行ったのは2017年4月)

 安宿旅行記・福井駅「福井パレスホテル」(1泊4500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1065753355.html

この時は18きっぷで関東から敦賀・舞鶴方面へ向かう旅の途中で福井に泊まる形となった。

なぜわざわざ遠回りになる福井で寄り道を?と言われるかもしれないが、敦賀や福井周辺で安いホテルを探した結果、福井駅でたまたま安い宿が見つかり、それなら駅のそばの恐竜など福井をちらっと観光するついでに泊まれるからいいかと思った次第。

泊まるなら東尋坊とか芦原温泉とかもう少しじっくり観光すれば…と思われるかもしれないが、この時は温泉とか自然とかを見る気分じゃなかったから、と我ながら面倒な条件を考慮した結果こんな滞在の仕方となった。
(なお、敦賀から舞鶴方面へ進むのは小浜線の本数的に厳しいのと、電車移動時間がかなり長めになるのを嫌ったためというのもあり。最近は電車に乗るのは1日9時間くらいが限度という感じで、歳のせいかヤワになった気がする)

●18:50 福井駅到着
東京から普通電車で8.5時間ほど(待ち時間含むともう少し長くなるが、そこは途中下車の寄り道で間を持たす。以下記事など参照)で福井駅に到着したのは日没後。

 青春18きっぷで東海道横断・途中下車して寄り道したい駅(東京~名古屋)(2)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1060104238.html

とりあえず福井といえば恐竜ということで、駅の改札(写真上の方、新幹線駅のように立派な建物だが有人改札)を抜けると、すぐの場所のベンチに普通に化石を持った恐竜が座っていた。
(白衣を着ていて文字通り「恐竜博士」という感じ?)
xIMG_20170402_202349

駅構内には他に、開催の迫った「ふくい春まつり」の広告と顔出し看板が。
(福井といえば「瓶割り」とも呼ばれる柴田勝家、そして織田信長の妹であるお市が並ぶ。右のエキストラはモブ的な足軽?)
xP2360094


●福井駅恐竜広場
xP2360089

福井駅の西口のすぐそばには恐竜の実物大モニュメントが並ぶ「恐竜広場」があるということで夜の恐竜見物へ。
(駅の壁にも、壁を突き破ってトリケラトプスが出てくるトリックアートが描かれていたりとジュラシックパークのような雰囲気)

タクシーやバスの通り道を迂回して駅前通りの方へ行くと恐竜たちを発見。

まずは向かい合っていがみ合う「フクイラプトル」「フクイサウルス」。
(ライトアップされた姿が「ジュラシックパーク」のラプターを思わせる感じでいい恐怖感。
 その背後の恐竜達のシルエットが描かれた駅舎もいいムード)
xP2360136

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地方自治法施行60周年 500円 平成22年 10福井県 未使用
価格:1620円(税込、送料別) (2017/9/2時点)



そしてもう1体が巨大な首長竜という感じの「フクイティタン」。
夜の20時過ぎでも、時折首を動かしていなないたりとなかなかの迫力で記念撮影にもってこい。
(アングル的に今にも福井駅が壊されそうな感じ)
xIMG_20170402_201243

そしてその間にはベンチが並ぶ休憩スペースがあり、リアル恐竜とは対照的な恐竜ゆるキャラたちがいた。
(福井県の公式ゆるキャラ「ラプト(緑)」に「サウタン(黄)」など。服に書かれた「F」は福井(Fukui)のFと思われるが、「F」を強調されるとなぜか「藤子・F・不二男」か「カゼッタ・F・岡」(宇宙人と電話で話す人)あたりを連想してしまう自分…まずその前に「ジョン・F・ケネディ」はどうした)
xP2360144


●ソースカツ丼(ヨーロッパ軒総本店)
恐竜を存分に見た後、この日のホテル「福井パレスホテル」(以下リンク参照)にチェックインして、夕食にとホテル近くの「ヨーロッパ軒総本店」へ。


福井といえば「ソースカツ丼」が名物で、ここはその元祖といわれるお店とのこと。
(左端には「福『丼』県」と丼をイチオシするコピーの書かれた幟も)

 ヨーロッパ軒総本店 -福井名物 ソースカツ丼-
 http://yo-roppaken.gourmet.coocan.jp/
 
xP2360105

※名物だと知ったのは自分は結構最近だったりする。
 (例によって「桃太郎電鉄」の物件だったことがきっかけ。以下の本から)

旨いでぇ!桃鉄ごはんB級グルメ旅―北陸・関東・中部・近畿・海外編

中古価格
¥1から
(2017/9/2 11:03時点)



この時はオーソドックスに、ソースカツ丼に味噌汁・サラダなどが付いた「カツ丼セット(1080円)」を注文。
xIMG_20170402_191448

丼ご飯を覆うほどに大きいカツが3枚、折り重なって乗っているボリューム感にまず驚き。
カツは薄手でほどよい固さで食べやすく、ツンとくる独特の香りが特徴的なソースの味が衣によくしみていて、十分満足のいく一品。
福井に来たなら、味わっていって損はないと思う。
(他には「越前おろしそば」くらいしかないし…)


※なお、この日は昼食がカツ丼で昼夜とカツ続きだったが、それでも飽きずにスムーズに平らげたってことはそれなりに美味だったのだろう。
 (行く途中に静岡・豊田町駅で途中下車して「かつさと」のみそカツ丼を食べた。詳細は以下記事)

 青春18きっぷで東海道横断・途中下車して寄り道したい駅(東京~名古屋)(3)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1066435155.html


●早々と閉店する福井の駅前商店街
さて、食事も済んで20時と本来なら部屋で一杯やってぐだる時間帯だが、旅先の定番・ご当地スーパー巡りをやらないとということで再び福井駅前へ移動。
(ヨーロッパ軒の閉店時間が近かったため、食事の方を優先した次第。
 「飯より宿(by藤村D)」は当然として、それに続き「観光より飯」もまた重要だと思う(空腹に苛まれ、観光を急いだり名所に嫌気が指すのが怖い))

駅前商店街を通り抜けて駅へと向かうが、20時過ぎの時点でほとんどのお店が閉まってる有様に地方の現実を実感。
(普通だと駅近くに24時間、あるいはそこまででなくても深夜までやってるイオンがあって…という頭でいたので完全に誤算だった。西武デパートがあったので地下食品売り場へ…と思いきや19時半閉店でこちらもアウト)

閉まるお店が多い中、路面電車が静かに通り抜けていくのが印象的だった。
(西日本や北陸にて、風情と哀愁のいい演出となっている気がする)
xP2360098

人のいない中、路面に描かれたタイル絵が静かに福井の名所を知らせていた。
(「初めて象が来た港」は福井県小浜市の港らしい)
xP2360168


●100年時計
xP2360122

そんな寂しい夜の商店街の脇道にあったのが「100年時計」。
その名の通り、100年分の目盛りが刻まれた時計で、時計の文字盤をよく見ると長針・短針の他に年を示す針があったり、2100年までの時間経過を示すバーグラフ(上の写真では2020の少し下、2017まで光が灯っている)が付いてたりとスケールがでかい。
(21世紀の幕開けと共に作られたらしく、既に福井は22世紀を見据えている、未来に生きているということだろうか…)


●エキナカ・プリズム福井
xP2360152

結局めぼしいお店が見つからないまま福井駅まで再び来てしまった。

仕方なく駅に直結の商店街・プリズム福井を見て歩くと、映画「チア★ダン」のモデルになった地元のチアリーダー部を紹介するコーナーがあり、また1つ福井の意外な名物を知ることに。
(映画についてはよく知らないが、福島の「フラガール」的なものだろうかと勝手に憶測)


他には地方の定番ともいえる「大河ドラマ誘致」の看板も。
日本史に疎い自分には福井の偉人って誰だっけ…って話になるが、それは後ほど。
(ゆるキャラ「ラプト」も幕末姿でお手伝い)
xP2360149


●ブータンミュージアム「一体なんだろう、幸福とは」
xP2360100

結局、大した品は見つからず再びホテルへの道をとぼとぼ戻る。

その途中、地下道で見かけたのが「ブータンミュージアム」の宣伝看板。
「世界で一番幸福な国」と言われているブータンだが、そんなブータンを紹介するミュージアムがなぜ福井にあるかというと、国内の幸福度ランキングで福井県が1位だかららしい。

 福井に「ブータンミュージアム」が開館 インターネットミュージアム
 http://www.museum.or.jp/modules/topNews/index.php?page=article&storyid=2876

もう夜で閉まっているから普段ならスルーするが、看板の右端に書かれたコピー文

「一体なんだろう、幸福とは」

が、閉店の嵐にやられて打ちひしがれたこの時の自分の身にしみる思いだった…ので、敢えてシャッターを切ったのだろう。
(閉店のこと以外でも恐竜やソースカツ丼、来る途中の途中下車含めいいことは一杯あったわけで、ちょっとミスや取りこぼしがあったとしてもクヨクヨせず明日に臨みたいところ。旅先では気分の切り替えが重要とはよくいったもの)


意外と長くなりそうなので、後編へ続く。

 後編
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1067401672.html

にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


このページのトップヘ