人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:旅日記 > 旅日記-関東

今回は前橋駅の近くにある、知る人ぞ知る無料遊園地「るなぱあく」へ行った時の話を。
(行ったのは2018/10で約2年前。なお、感染症の影響で少し前まで土日祝日の営業を自粛していたが、最近完全に営業を再開したとのこと)

 にっぽんいち なつかしい ゆうえんち - LunaPark るなぱあく

※前橋駅周辺などを散策したついでに立ち寄った(詳細以下)。

 安宿からの旅・群馬のレトロな名所をぶらり旅(2018/10)(前編)


※某夢の国っぽいキャラクターのいるアトラクションもあり。
maebashi_lunapark_mokuba_10yen


●入場ゲート「ようこそ るなぱあく」
白地に赤で「ようこそ るなぱあく」と書かれたシンプル極まりない看板の掛かった入場ゲート。
字が上下に乱れ飛んで配置されてるのが独特の美学を感じる。
P2320106

その先にも「ようこそ」(こちらも字が波打ってる(海なし県だが))の看板。
ヨーロッパっぽい兵隊さんとマトリョーシカっぽい形の人形がほんのりした異国情緒を演出。
P2320107

そこから階段を降りると、遊具が並ぶ園内が開けている。
平日の昼下がりでも地元の親子連れがちらほら来ていた。
P2320108


●アトラクションはいずれも50円
飛行機が回転しながら上昇する「ひこうとう(飛行塔)」、三角形のコース上を車が回る「くるくるサーキット」など定番っぽいアトラクションがお客さんが集まるのを待ってのんびりと稼動していた。
P2320129

アトラクションはいずれも料金が1回50円からという超・親切設定。
(以前行った愛知の激安遊園地を思い出す)

 1回50円の激安レトロ遊園地・愛知・刈谷市交通児童遊園へ

急カーブが連続して横Gが激しいジェットコースター「ウェーブスターライド」も50円。
(列車の末尾に足が突き出てる謎デザイン。この手の乗り物に乗り慣れてないと、大人でも結構スリルがある)
P2320121

回転しながら操縦桿の操作で上下移動を楽しめる「ミニヘリコプター」。
(「RESCUE」「APACHE」などと書かれた色とりどりのヘリに乗れる。ケビンコスナーかエアーウルフの気分?)


ヘリの操作はレバーでの上下だけだが、なぜかハンドルも動かせる。
(兄弟で乗って、お兄ちゃんがレバー操作、弟も操作したがるのでハンドルを操作させる感じで遊ぶのだろうか)
P2320124

水路上を鯨が周遊する「くじらのなみのり」。
大手遊園地のアトラクションに比べると「家庭用流しそうめん」を思わせるスケール感だが、これも50円というなら断然こちらを応援したくなる。


子どもはみんな電車(というかトーマス)好き!というわけで列車型の乗り物「まめきしゃ」なんかもある。
P2320122


●登録有形文化財「もくば館」
そして個人的に一番の目玉だったのがこちらの「もくば館」。
子供向けの馬型の揺れる遊具なのだが、まず「一回10円」という安さがすごい。
さらに、カラフルな馬たちの背後に描かれた西部劇っぽい年季の入った背景画にも驚き。
(サボテンに夕日に幌馬車、これで謎のモジャ草(タンブルウィードと言うらしい)が転がってれば完璧に荒野の七人?某有名テーマパークぽい謎のキャラクターイラストもそそる) 


博物館級に貴重…と思って内部を隅々までチェックすると「前橋市 登録有形文化財」の証明書が飾られていた。
(なお、木馬は小学生以上は乗車禁止…未就学児限定のようなので注意)

 文化遺産オンライン 前橋市中央児童遊園(るなぱあく)もくば館

P2320114

その木馬たちの上では複葉機型の乗り物が回転する「ひこうとう」が青空をバックに静かに動いていた。
昭和の頃からこのままなのだろうって感じの風景が郷愁を誘う。
IMG_maebashi_lunapark_mokuba

園内の片隅には「TONTONのまち ころとん」の看板。
豚肉が名物である前橋市のマスコットらしい。

 ころとん公式ウェブサイト | 前橋市公認マスコット

P2320128


といったところで以上。

GoToキャンペーンに頼らずとも安く手軽に楽しめる観光地ということで、首都圏からの日帰り旅行などに組み入れてみてはどうか。

※あるいは18きっぷの旅行ついでに立ち寄るのも面白そう。同じ群馬では近くのJR桐生駅にも無料遊園地がある。

 懐かしゲームコーナー巡り・群馬・「桐生が岡遊園地」(2018/10)



 

今回は以前何度か記事にした草津温泉について、一人旅の写真で当時を振り返ってみたい。
(来月からの「Go To Travelキャンペーン」で行く人も多いのだろうか。草津はわりと高地にあり涼しいので暑い季節でも行きやすいのが嬉しい(自分が行ったのも夏だった))

 安宿からの旅・草津温泉とついでに群馬をぶらり旅(2016/08)(3/3)
 安宿旅行記・群馬・草津温泉「旅館 田島屋」(1泊4000円~)


●熱の湯・「漫画集団」寄せ書きボード(鈴木義司先生など)
「湯もみショー」で有名な「熱の湯」の2階席の片隅で発見。
「1980/06/09」とあり、当時の有名な漫画家の先生方がこぞって描いたものらしいが、温泉らしく裸の女性なども描かれている。
(一応謎の光っぽいものでトリミングした)
xP1800168-2

そして写真の中央付近に「鈴木義司」先生の名前(絵柄は「サンワリ君」?)を発見。
(見覚えのある方もいるかもしれないが、往年の番組「お笑いマンガ道場」で富永一朗先生と熱戦を繰り広げた方である(よく土管に入った姿を描かれていた))


●湯畑・草津温泉に来た政治家たち
湯畑を囲む石柵にはかつて草津温泉を訪れた有名人の名前プレートが連なっているのだが、ジャンル別・時代別に並んでいるらしく、「佐藤栄作」「田中角栄」などの往年の政治家の方々もひとまとめになっていた。
(草津に来たことを「来草」と言うらしい。仙台へ来ることを「来仙」と言うようなもの?)

今はプレートの間にスキマ(ソーシャルディスタンス?)があるが、いずれ最近の政治家もこのプレートの間に名を刻む日が来るのだろうか…。
P1800257


●ご当地マンホール
草津温泉のご当地マンホールとしてはご当地ゆるキャラ「ゆもみちゃん」のマンホールがあるのだが、他に「ふじみし おすい」というマンホールもある。
(埼玉県富士見市のマンホール(ふじの花)らしいが、なぜ草津にあるのかは不明)
P1800310


●夜の湯畑
湯煙に包まれた湯畑のライトアップ。
(「熱の湯」の建物が水面に移りこんでるのがいい感じ)
P1800351

スモークと照明の演出は重要なのを実感しながらあちこちシャッターを切りまくった。
(湯畑の見えるホテル(大東館)からこの夜景を楽しむのも優越感一杯でいいかもしれない)
P1800361



●「ゆもみちゃん」タオル自販機
バスターミナルの片隅には、草津のご当地ゆるキャラ「ゆもみちゃん」が描かれたタオルの自販機があった。
(足湯用のミニタオルで300円とまあまあ安い?)
古いホテルにありそうな100円玉だけ使えるレトロな自販機形式というのも懐かしい。
P1800322

●温泉図書館
草津温泉バスターミナルに併設。
温泉街の歴史を伝える展示物が並ぶほか、普通の本も多数置いてあり、バスの待ち時間をつぶすのに便利。
(当時近くを走っていた鉄道の模型や駅員が使っていたランプなど意外な品もあり)
xP1800133

●昔の電車模型
バスターミナルのフロア内にも、レトロな電車の模型が展示されている。
(例によって近くのスーパーに夕飯の買出しに行く途中で急いでたため、細かい情報を見る暇はなかったので割愛)
P1800319


●雨上がりの草津
泊まった翌朝、温泉街を散歩した時に撮影。
夜中に雨が降っていたらしく、路面が朝日で輝いていたのがいい雰囲気だった。
(旅館ホテルに挟まれた間に高い松の木が伸びてるのも風情たっぷり)
P1810021

朝日を写す湯畑の水面と湯煙の組み合わせもなかなかのシャッターチャンス。
xP1810075

●草津「日本最初のレストランペンション」
朝の散歩で、温泉街の北の方の「ベルツ通り」を歩いてた時に撮影。
(湯畑からだいぶ離れると人通りは少なく、涼しい林道を一人散歩していると避暑地にでも来た気分)
xP1810045

「日本最初」とあったので思わずシャッターを切ったのだが、この界隈には他に「日本最初のペンション」と看板に大きく書いてる「わたぬきペンション」、「ペンション発祥の地 まんなかやペンション」などがあり、「日本最初」は諸説あるのかもしれない。


●メーテルも入る草津温泉
温泉からの帰り道、JR長野原草津口駅で電車の待ち時間に撮影。
「銀河鉄道999」のメーテルが草津温泉に浸かっていて、見上げた夜空に銀河鉄道が走っているという構図のポスター。
(群馬を走るSLつながり?)
P1810116


にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

旅先の魅力といえば飲食店や博物館系のスポット、イベントなどあるわけだが、そういう所の営業状況がまちまちな今は温泉街など自然と風情がウリの場所でゆっくり休むだけというシンプルな観光・旅行もありなのかもしれないと思うところ。
(歩きたくなければ旅館でずっと休んでたって構わない。それもまた温泉旅の楽しみ方。同じ群馬なら伊香保温泉もそんな感じだった)

 安宿からの旅・群馬・伊香保温泉日帰り半日ぶらり旅(2/2)



 

途中下車旅行記シリーズ、6回目は東海道線・神奈川の真鶴駅。

 (前回)18きっぷ途中下車旅行記(5)・JR足利駅(20分・2013/01)

この時は熱海の早桜・熱海桜が見ごろと聞いて見に行ったのだが、この辺りは電車本数が10分に1本とだいぶ多いのと時間に余裕があったので、適当に寄り道しようということで降りてみた次第。
(日本一(?)早い桜ってことでよほど気に入ったのか、熱海桜はその後もう一度行っている(以下詳細))

 安宿からの旅・早桜「熱海桜」などを見に熱海へ(2017/01・前編)


●駅舎の屋根の虹と海(0:00)
真鶴駅のホームに降り立った直後に撮影。
ちょっと色あせた年代物だが、駅舎の屋根に水平線に浮かぶ島や虹、入道雲などが描かれていて海の町らしかった。
(駅舎と線路の間にはヤシの木も植えられていて海の町らしさを演出)
P1940038


●兄弟っぽい飛び出し看板(0:03)
駅前のロータリーから駅前通りへ出る付近にあった飛び出し看板。
「とびだしちゅうい」という女の子と…
P1940040

「あぶないよ」という男の子でワンセットという感じ。兄妹かもしれない。
(この頃は話のネタにしやすいかなと珍百景的なものを好んで撮影していた気がする)
P1940041


●真鶴駅・駅前ロータリーを俯瞰で撮影(0:04)
近くに跨線橋があったので、とりあえず登ってみる。
(海岸までは歩いて15分くらいかかるらしく、ちょっと遠いので諦めた)

駅前ロータリーの左手には黒いタクシー、右手には路線バス(ライオンズマークが見える)が並んでいるが、平日の朝らしく人は少なめだった。
また、遠くにはうっすら水平線が見えるのも開放感があって良い風景。
P1940042


●横から見た駅舎と線路(0:05)
ついでに駅舎と線路も撮影。
最初に見た駅舎の屋根アートはホーム側だけで、外側からは普通の駅舎っぽい通常の屋根というのが面白いつくり。
P1940043


●駅前ロータリーの大鍋(0:06)
駅前のロータリーには松や梅などが並ぶ横にフタが閉じられた大鍋が置いてある。
ぐぐったところ、これは源頼朝ゆかりの大鍋とのこと。
(「源頼朝旗揚げフェスティバル」にてこの大鍋で汁を作って観光客にふるまったらしい)

黒い鍋蓋の上に白いものが見えるが、近くにあった梅の花弁と思われる。
P1940044


●真鶴駅・駅舎正面(0:07)
大鍋を見た後、最後に思い出したかのように、真鶴駅の駅舎を正面から撮影。
白い壁に赤茶色(昔はオレンジ色だった?)の屋根、シンプルなフォントで書かれた「真鶴駅 MANADURU STATION」の看板など昭和の頃から変わらない雰囲気。
(駅の右側の「NEWDAYS」だけは平成か)
P1940045


●ホームにて次の列車へ(0:10)
ということで、ちょうど次の列車が来る時間だったのでさっさと駅のホームへ。
(今ならもう少し駅前の商店街とかスーパーなどを巡ったりするところだが、この頃はそこまでは貪欲じゃなかった模様)
P1940046


意外とあっさりと終わっていたので、いずれまた熱海か修善寺あたりに旅行するついでに途中下車してみたいものである。

 次回:18きっぷ途中下車旅行記(7)・JR小淵沢駅(30分・2013/03)



 

今回は、JR栃木駅近くにある「岩下新生姜ミュージアム」へ行った時の話を。
(2018年3月、18きっぷでの東北旅行の後、関東方面へ帰るついでに立ち寄った。なお入館無料)

 岩下の新生姜ミュージアム

ここはスーパーの定番おかずでおなじみの「岩下の新生姜」をテーマにした資料館。
生姜の資料館というだけでも十分B級だが、独特すぎる展示物や意外な有名人とのご縁なども一杯で、新生姜をあまり知らない自分でも圧倒される場所だった。
(企業の運営するスポットという点では先日紹介の「かねふくめんたいパーク」と似た雰囲気)

 明太子…愛知・かねふくめんたいパークとこなめへ(2019/03)

※新生姜らしく鳥居も社もピンクの神社もあり。ご利益はもちろん恋愛成就など。
x_iwashita_new_ginger_museum_shrine



●外観
新生姜ミュージアムはJR栃木駅から北東へ歩いて10分ほどのバイパス沿いにある。
お屋敷風の外壁に「NEW GINGER MUSEUM」という看板が乗っかってて和洋折衷のデザイン。
(「ふれあいバス」のバス停にもなっていて、さすが栃木の雄)
xP1820138


●フォトスポット
入口を入るとピンク色の新生姜のパッケージに入って記念撮影できるフォトスポットがある(写真右)。
(新生姜といえばピンク色、ということで館内はピンク色の比重が高い)
左の方にはピンク色のマスコット人形が大量に木につかまってたり、ピンクのバルーンが集まっている不思議なオブジェも。
x_iwashita_new_ginger_museum_photo_spot

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料込】岩下の新しょうが 《80g×5袋》 岩下食品
価格:3766円(税込、送料無料) (2020/5/9時点)




●有名人のサインなど
漫画家やミュージシャン、芸人さんなど各界に熱烈なファンが多いのも新生姜の特徴。
知る人ぞ知るところでは、新生姜や「水曜どうでしょう」のイメージソングを歌う「打首獄門同好会」のサインや…
(上には「日本エレキテル連合」のサイン色紙もあった)
x_iwashita_new_ginger_museum_uchikubi_gokumon

栃木のローカル局(栃木テレビ、とちテレ)で番組を持っているDB芸人さんご一行(ドラゴンボールのベジータや野沢雅子さんなどのモノマネが有名なR藤本さん、アイデンティティ田島さんら)のサインがあった。
(当時の番組「まろに☆え~る」でロケに来ていたらしい)

 まろに☆え~るTV~とちぎの旅!ワクワクすっぞ!~ #6

x_iwashita_new_ginger_museum_db

そしてなぜか「ガラスの仮面」の美内すずえ先生の複製原画も展示されていた。
(社長の人生観に極めて大きな影響を与えた不朽の名作だから、ということらしい。詳細以下リンク)

 岩下 和了さん - 美内すずえ先生の複製原画。ピンクですし。...

一方、普通の芸能人だと、B級といえば外せない方・みうらじゅんさんや、キャイーンの天野さんなど。
x_iwashita_new_ginger_museum_miura_jun


●新生姜の自販機
途中にあった自販機。
ピンク色の「つめた~い」の容器で何が飲めるのかと思いきや、「岩下漬けの素」というご家庭で楽しめる浅漬けの素だった。
(一部で話題の「だしの素」自販機みたいな。見た目フルーツ味の酢ドリンクのようで暑い日だと直飲みしたくなる)
x_iwashita_new_ginger_museum_vender

【岩下の新生姜】生姜漬の素400g × 2パック

新品価格
¥888から
(2020/5/9 10:53時点)




●歴代パッケージ紹介など
新生姜の歴史紹介ということで、歴代の新生姜のパッケージやCM映像が見れる企業の資料館の定番コーナーもあり。
製品がピンクのためここもピンク色の割合が高い空間で、不思議な気分になってくる。
x_iwashita_new_ginger_museum_history


●巨大生姜オブジェ
展示スペースの奥の方、天井の高い開けたスペースにあるのがピンク色の巨大生姜オブジェ。
中央の穴から顔を出して記念撮影できるほか、様々な色合いに姿を変えるプロジェクションマッピングも行われるという謎演出も。
x_iwashita_new_ginger_museum_big_ginger

途中、なんとも言えない(連想するものの名前を出せない)感じの形と模様になることも…。
x_iwashita_new_ginger_museum_pink

さらにその近くには、記念撮影用に頭にかぶる新生姜ヘッド、ピンクに光る新生姜ペンライトなどもある。
(形も色も色々な意味で危うい感じだが…肌色割合的な意味で)
x_iwashita_new_ginger_museum_light


●ピンク色の寝室「新生姜の部屋」
オブジェの奥にあるのがベッドと本棚の置かれた「新生姜の部屋」。
ピンク色の細長い物体が横になっていたり、「きちゃった(ハート)」という札など、もはや狙ってるとしか思えないロマンチックなピンク空間。
x_iwashita_new_ginger_museum_bedroom


●ポケモンなどと新生姜のコラボ
ピンクつながりということで、東京タワーのマスコット「ノッポン」や…
(形もだいぶ生姜に似ている)
x_iwashita_new_ginger_museum_noppon

なぜかポケモンGOのヤドランも大量に積みあがっていた。
とにかく広範囲でコラボ商品が作られている模様。

●ジンジャー神社
一番奥にあるのが新生姜にちなんだ名前の「ジンジャー神社」
(例によって鳥居も社もすべてピンク色。なお、ご利益はやはりというか(?)恋愛成就を筆頭に、夫婦円満、健康長寿(生姜の栄養?)など各種ある模様)
x_iwashita_new_ginger_museum_shrine



といったところで以上。

いろいろな意味でB級感爆発のスポットなので、新生姜好きな方もそうでない方も、栃木旅行や栃木伊を鉄道で通り抜けるついでにでも訪れてみてはどうか。


 

このページのトップヘ