人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:安宿 > 安宿-九州・沖縄

今回泊まったのは、熊本の繁華街・下通商店街や熊本城にほど近い場所にある「第三サンライズホテル(旧ホテルこがね)」。

今年の3月、熊本市内の観光のために泊まった。
(熊本の街は観光名所以外もくまモンで一杯なのがかなり衝撃的だった)
xP1270312

ホテルの場所は、熊本の繁華街(上通・下通)近くにある路面電車・水道町駅から歩いて5分ほど。
xP1280004

客室は下駄履き場との間が襖で仕切られた古き良き和風旅館風の和室。
(「和室アウトバスプラン」。戸が格子ガラスの引き戸なのも奥ゆかしい感じ)
xP2380202

冷蔵庫・テレビ・エアコンはもちろん、布団に浴衣、ちゃぶ台に湯沸しポット・お茶セットなどアメニティがしっかり備え付けられていて、落ち着ける畳部屋となっている。
xP2380201

個室内にトイレ(ウォシュレット式)はあるが、洗面台・バスは共用という形式。
(以前泊まった青森・ホテルニュームラコシに近い)

 安宿旅行記・青森駅前「ホテルニュームラコシ」(1泊2500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1035074882.html

xP1270006

共同浴場は家庭風呂風。
男女別で、カギをかけて入れるようになっているので、順番待ちにならなければ快適。
(浴槽にお湯を張るのはセルフ式。シャワーが写真左の陰になってる場所に1つだけあり、実質1人用)
xP1270003

フロントの横には市内の観光パンフレットなどがあったが、重しに置いてあったのが「エヴァンゲリオン」のミサトさんのねんどろいどっぽい人形だった。
(スタッフの方の趣味だろうか)
xP1270004

なお、素泊まりだったため食事用に熊本への移動途中で買ってきたのがこちらの「このまんま焼きそば」。
真空パックに調理済みの焼きそばが入っていて、このまま食べられるという珍品。
(宮崎の商品らしいが、『このまんま』からしてあの某知事にちなんだネーミングなのだろうか)
xP1270007

これで素泊まり1泊4000円~。
(現在はバストイレ付きの部屋のみ予約を受け付けている模様)


JR熊本駅からホテルの最寄り駅までは路面電車で15分ほどと結構かかるが、下通商店街や熊本城にはほど近いので、熊本市内の観光で泊まるなら安くて活用しやすいと思う。

※熊本といえばもう全国区で有名なくまモン。
 地元商店はもちろん、公共の施設やポスターなどあらゆる場所でその姿を見ることができ、「くまモン県」といってもいいほどのインパクトだった。
(こちらは「赤い羽根共同募金」の宣伝にまで出張ってるくまモン。地肌に羽根を刺していて痛そうだが、それでもこの笑顔はさすがプロである)
xP1270312


今回泊まったのは、福岡・博多の繁華街・天神にほど近い場所にある「ホテル一楽 南天神」。

 ホテル一楽 地図・アクセス
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/9239/rtmap.html

(博多駅周辺の観光のために泊まった。博多といえば「一蘭」の重箱ラーメン(釜だれとんこつを注文したが、スープが飲み干せなくて底は拝めず…歳か))
xP1280194



ホテルがあるのは、天神から地下鉄で1駅の福岡市地下鉄・渡辺通駅から歩いて5分ほどの裏通り。
xP1290011


客室は冷蔵庫・テレビ・机などの家具一揃い、さらに浴衣や湯沸しポットなどもある大手ビジネスホテル風のシングル部屋。
(写真は使用後、帰り際に撮影した部屋。
 忘れ物など確認のため、去り際に部屋の写真を撮るのが癖になった)
xP1290006

他にもカギをドア横の穴に挿すと部屋の電気がつくシステムといい…
xP1290009

「10泊すると1泊無料」という某大手チェーンっぽいサービスもあり、似た感覚で使える。
xP1280223

ただ、今回泊まった部屋は、客室内に洗面台・トイレはあるがバスが共用という形式。
(以前泊まった水沢グリーンホテルに近い。写真はキレイな洗面台・トイレ)

 安宿旅行記・岩手「水沢グリーンホテル」(1泊4100円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011945744.html

xP1280220

共同浴場は広々とした大浴場で、10人位は楽に入れる広さでそこそこ快適。
(お手頃価格のせいか、部活の遠征試合中っぽい学生さんなんかもいた。
 浴場の混雑時間帯回避のため、早めに入るに越したことはないだろう)


また、風呂上りにアイスを食べたい方向けに、昔懐かしいフルーツ型容器のシャーベットアイスも売っている。
(ホテルのすぐ隣にコンビニがあるが、浴衣で出歩くのが恥ずかしい方にはいいだろう。
 九州だとブラックモンブランも食べたくなるが…)
xP1290008



テレビをつければ、福岡ローカルと思われるCMが流れるのもいい感じ。
(こちらは明太子でおなじみ「福さ屋」)
xP1290001

なお、素泊まりだったため朝食用に買ってきたのがこちらの「福岡・博多明太ロール」。
「九州地産地消フェア」の一環らしく、福岡でしか食べられない意味ではちょっと面白い。
(右下の「たべんしゃい」の一言もぐっとくる)
xP1290003

これで素泊まり1泊3580円~。


じゃらん「ホテル一楽」ページへ


ホテル最寄の渡辺通駅から天神まで地下鉄で1駅というアクセスは魅力。
だが、空港へのアクセスを考えたとき、渡辺通駅は「七隈線」で、福岡空港へ向かう「地下鉄空港線」とは乗換えが必要で、天神駅でちょっと歩く必要があるのが微妙なところ。

とはいえその分穴場価格ともいえるので、天神へのアクセス、安さ重視で博多に泊まりたい方にオススメかと思う。
(大陸に近いせいか、博多市内のホテル価格もご多分に漏れず上昇気味(正確に言うと、安い部屋が外国人に全て抑えられて空きがなく、お高めの部屋しか残ってない状態?)のため…)

今回泊まったのは、桜島の見える港も近い鹿児島の中心部にある「ビジネスホテルオリエンタルいづろ」。
(ホテルから歩いて5分ほどで桜島を拝めるドルフィンポートに到着。
 朝早く起きて散歩がてらに日の出の桜島を見ることもできる)
xP1260021


場所は、路面電車・いづろ通駅を降りてすぐ近くの大通り沿い。
xP1260083

「いづろ通」という地名だとわかりづらいかもしれないが、有名な繁華街・天文館の隣の駅と言えばピンとくる方も多いかと思う。
(天文館通駅の隣の駅で、商店街までも歩いて5分ほどと近く、グルメや買い物などで遊び歩くのにも便利)

客室はバストイレ完備。
ベッドや冷蔵庫・テレビ・エアコンなど一通りの設備が揃う、わりときれいな部屋。
xP1250198

なお、『軽』朝食サービスがあり、パンやヨーグルト・コーヒーが頂ける。
(以前紹介した富山「アムズホテル」と同様(以下リンク))

 安宿旅行記・富山「アムズホテル」(1泊3900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1022993470.html
 カラーミーショップ

xP1260008

※この日は長時間電車で移動するので、腹具合への影響を考えてコーヒーは遠慮した。
 (どうも自分は朝のコーヒーが苦手)

あくまで『軽』なので、物足りない方は別途お弁当などを仕入れておくなり、駅で食べるなり考えておいた方がいいだろう。
(自分が追加で買っておいたのは、鹿児島中央駅前にあったお弁当屋さん・おはら弁当の「梅弁当」。
 夕方以降だと半額になるので180円という安さにつられて買ってしまった。味も量もなかなか)
xP1250205

これでシングル1泊3000円~(軽朝食付き)。
(日曜月曜の限定プランが安い。セミダブル部屋だと2人で4200円位など、さらにお得)

繁華街や港まで徒歩圏内という立地のよさを考えればお得な部類のホテルだと思う。
(天文館はどこまでもアーケード街が続く入り組んだ構造で、ぶらり歩きにもってこい)
xP1250160

ちなみにホテルから鹿児島中央駅までは路面電車で10分ほど、歩いて20分ちょっと。

駅までの大通り沿いには坂本龍馬をはじめ地元の偉人の銅像が並んでるので、時間と体力に余裕があればこれを見ながら歩いて行くのも面白いかと思う。
(坂本龍馬夫妻の像。お龍との新婚旅行で薩摩に立ち寄ったとのこと)
xP1250112


今回は、宮崎駅に近い「ビジネス宮崎ロイヤルホテル」。

宮崎駅から歩いて10分くらいの大通り沿いにある。
(但し、入口は裏通りに入った側なので見落としに注意)
P2900189

客室は冷蔵庫、机、バストイレなど一通り設備の整った部屋で快適に泊まれた。
(お茶と湯沸し器などの小物もしっかり)
P2900192

バストイレは普通のユニットバス。
壁に据え付けのシャンプーリンスなどが某チェーンのビジネスホテルっぽい。
P2910003

その机に置いてみたのは、駅近くのイオンスーパーで買った割引弁当など。
(20時頃に行くと割引品が多かった。また、宮崎らしくタルタルソースたっぷりのチキン南蛮のパックもあるのがいい)
P2900193

なお、部屋の位置次第では窓からは隣の壁しか見えない場合もあるので注意。
(基本、安く泊まれれば満足なので自分は別に気にならないが)
P2910004

これで素泊まり1泊2990円~。
宮崎県庁や大淀川など宮崎市内の観光名所にも歩いて行けるほど近く、コスパはかなりお得な方だと思う。
P2910037

強いて言えば、宮崎自体が首都圏から見てちょっと行きづらい位置にあることくらい。
(自分はLCCで鹿児島まで来た後、普通列車で宮崎まで向かった)

そして宮崎観光後、次の目的地の門司港などに向かうのには特急列車を使った。
(普通列車だけだと、途中で乗継ぎが不便なため)

 レトロで有名な門司港駅・工事中の姿を見に行く
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-419.html

このページのトップヘ