人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:安宿 > 安宿-大阪・近畿

つい先日、当ブログで何度か紹介した大阪・西成の安宿「ビジネスホテル喜久家」が2018/05末で廃業していたことを知った。
(楽天トラベルのレビューページに、ホテルからの回答という形で「五月末で廃業」という事が書かれていた。
 なお、それ以外の予約や宿泊プランなどのページは既に削除されている模様)

 ビジネスホテル 喜久家 クチコミ・感想・情報【楽天トラベル】
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/105963/review.html
 (関連記事)安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1068605701.html

自分が初めて西成ドヤ街に足を踏み入れた5,6年前から何度も利用していた宿だけに、廃業は誠に残念。
(周囲の宿が値上げする所も多い中、お値段据え置きの安さ(JR大阪環状線の駅のそばで素泊まり一泊1400円)が魅力だった)

廃業の理由は「後継者問題や私の健康面の問題」と記載があり、西成の住人だけでなくホテルを営業する側の高齢化も進んでいる模様。
ひとまずこの場を借りて、お疲れ様でしたということとお世話になりましたという感謝の意を伝えたい。

※なお、この周辺で、他に同じくらいの価格・部屋の宿としては「ビジネスホテル福助」など以下が挙げられる。
 大阪観光で安く泊まりたい方はチェックしてみてはどうか。
 (場所はいずれも大阪環状線・新今宮駅の南西側の地区で、駅から歩いて5分ほど。
 以下、自分が泊まった時のレポート)

 安宿旅行記・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069305784.html
 安宿・大阪「ホテル はつね」(1泊1600円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1067532497.html
 安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 加賀」(1泊1700円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064006478.html


ということで今回は、最後に喜久家に宿泊した2017/12の写真などを紹介しながら宿泊の思い出などを語ってみたい。

●最後に泊まった客室(3畳和室)
IMG_osaka_nishinari_kikuya

最後に泊まった部屋の風景がこちら。
この時も過去に何度か紹介したのと変わらない3畳の和室で、まさかこの半年足らずの後に廃業とは思いもしなかった。
(テレビがブラウン管かた薄型液晶へ変わったり、無料wifiが使えるようになっていたりとここ数年で少しずつだが便利になっていた。なお、カーテンがないのも特徴的)


●一部ケーブルテレビも見れたテレビ放送
IMG_nishinari_kikuya_tv

テレビは地上波の他に一部のケーブルテレビも見ることができ、いい暇つぶしになった。
(ただ、音が響きやすいのでイヤホン必須で見ないといけないのであまり長時間だと見づらいが…この時はドラマチャンネルで「ウシジマくん」などをやっていた気がする。この辺のサービスもホテルごとに差があるのが面白い)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 映画「闇金ウシジマくんthe Final」通常版DVD 【DVD】
価格:3776円(税込、送料無料) (2018/9/1時点)



●最後の晩餐
IMG_osaka_nishinari_food

表現がまるで遺言のようだが、あくまで、ここ喜久家で最後に泊まった時の話。
この日は近所のスーパー玉出で買った「ネギトロ巻(228円)」に、西成名物(?)の激安自販機で買った大阪名物の「みっくちゅじゅーちゅ・そーだ(50円)」にした。
(部屋内にテーブルがないので、寿司やおにぎりなど、おつまみ感覚で手軽に食べられるものを買うのも喜久家のルールだった)

※そういえば玉出も事業売却というニュースが流れてたが、今後こういう激安惣菜がどうなるかも気になる所。
 (以下、関連記事)

 スーパー玉出事業売却の報…玉出の思い出(2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/24853178.html
 ドヤ街の食事(スーパー玉出の惣菜。2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/16525515.html



●手書きの割引チケットのご案内
IMG_nishinari_kikuya_ticket

フロントでは宿の近所にある銭湯・入船温泉の入浴券やスパワールドのチケットなどを割引で売るなどのサービスもやっていた。
(西成の住人にとってみると、家族風呂くらいの大きさの宿の共同浴場でなく、たまにこういう大きな風呂に入るのも小さな贅沢なのだろうか…)

値段が手書きの貼り紙で直されてたり、「日によって異なります」などのメッセージも実に味がある。
(そういえばここはチェックインの期限が21時までと早めだったのだが、よくよく思い出すとフロントにいたのは50代くらいとおぼしきオーナーさんか、さらに高齢の老女(オーナーのおばあさん?)で、家族経営で頑張っていたのかもしれない。そう思うと、いつもギリギリの時間にチェックインしてすまなかったとも思う)


●暇つぶし用マンガ本など
IMG_osaka_kikuya_comic

フロント近くの棚には自由に読んでいい(と思われる)暇つぶし用のマンガ雑誌が新聞の上に積み上がっていた。
(この手の蔵書もホテルの性格が出るので面白い)

「漫画ゴラク」に「ビッグオリジナル」と、いかにも大人向けなのがドヤ街っぽい?
(「監禁婚」「白竜」ってタイトルとか、「金と刀が我が生きる道!」というアオリ文からしてもう…。なお、自分は「漫画ゴラク」なら「天牌」が好き(麻雀好きなのでそれなりに楽しめるってだけ))

※ちなみに蔵書のマンガが思い切り充実してるホテルも近くにある。
 (マニア向けのマンガが多く、こちらは別の意味ですごいが…)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2200円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069759194.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

武士のフトコロ(7) (ニチブンコミックス) [ 岡村賢二 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/9/1時点)



●ホテルのそばの風景
IMG_osaka_nishinari_street

ホテルの場所は新今宮駅の近くながらドヤ街のエリアでもあり、道の両側には同種の簡易宿所が軒を連ねている。
(この先に進むと西成警察署や萩ノ茶屋駅方面への商店街などがある。朝早く目が覚めたらホテル周辺のドヤ街散歩を楽しむのも日課だった(以下は散歩の一例))

 大阪西成探訪・西成警察署から萩ノ茶屋駅方面へ(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/25547887.html

※安宿を出て京都・神戸など隣県の観光地へ行くと、非日常から非日常というあまりの別世界ぶりにまるで自分が生まれ変わったような、隔世の感さえあったのを思い出す。

 安宿からの旅・大阪・西成から京都へぶらり旅(2014年3月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1020242430.html
 安宿からの旅・西成から行く和歌山電鐵の旅(2015年12月)(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1057301716.html


といったところで以上。

なじみのお店がなくなるのは実に寂しいが、お店との出会いも一期一会ということで営業してるうちにできるだけ通うしかないのかなとも思う。
(飲食店など普通のお店にも言えることだが、オーナーさんの高齢化の波には逆らえない。もちろん、自分自身の老いにも…)



先日、以前紹介した大阪・新今宮駅近くの「ビジネスホテル来山 北館」にまた泊まってきた時の話を。
(昨年末のことで、かれこれ5回目)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山 北館」(1泊2200円~)へ再び(3)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064843549.html
 (参考)ビジネスホテル来山北館 地図・アクセス


一昨年の年末に泊まった時以来だったが、泊まりやすさは相変わらずで安心感があった。
(この日泊まったのは洋室シングル。テレビ・冷蔵庫の他、寝巻きとタオルなどアメニティも完備)
xP1560179


3畳の和室+布団という構成が多いこの界隈の宿の中で、きれいな洋室+ベッドなのがこのホテルのウリのひとつなのだが、よく見ると壁紙がログハウスのような木目調になっていて、さらにいい感じになってたのが印象的。
(かれこれ6年近くお世話になってるが、進化し続けているホテルという印象がある)

続いて1階のフロント近くのラウンジスペースをチェック。
テーブルが小型の物に入れ替わり、席数が増えてこちらも地味に使い勝手が良くなっていた。
IMG_rz_lounge


そばには自炊用キッチンがあり、ポットやレンジのほか、炊飯器やトースター、箸・スプーン・フォークに…
IMG_rz_pot


鍋やボウル、コンロなど調理道具・設備がかなり充実しててキレイなのも長期滞在者には嬉しい所。
(海外の宿やドミトリーっぽい感じ)
IMG_rz_kitchen


食事時になると多くの人が料理や食事に集まり、外国人も多くてかなり賑やかになっていた。
(朝6時半頃でも結構な賑わい)
IMG_rz_meal


中東っぽいフードを着た女性客の横で、地元のオバちゃんがダイコンをゴリゴリとおろしていたり(自炊?)と、相当カオスな雰囲気になっていた。
(しばらく様子を見てるとそこに男性客が加わってカタコトの英語を交えながらの異文化コミュニケーションが始まったりと、西成とは思えない感じになっていったり…。そういう空気が苦手な方は、食事は個室のテーブルもしくは外で食べるのがいいだろう)

また、宿泊客向けのゲストブックがあるのだが、中を読むと日本語よりも英語・中国語・ハングルなどが多めで外国人客の多さが目立つ。
IMG_rz_guestbook


さらに、ラウンジには新聞も備え付けられていて、日経・読売・スポーツ報知に英字新聞もあり充実のラインナップ。
(西成住人に日経新聞? と最初は思ったが、日経を読むような終電を逃したサラリーマンなんかもここに泊まったりするのだろうか…)
IMG_rz_bath


そして、その奥の浴室の入口には「いらすとや」デザインの暖簾まで…。
(「いらすとや」、ついに西成ドヤ街にも浸透しつつある模様)

 多言語対応に「いらすとや」も…大阪・西成観光マップ事情
 http://doya-gai.blog.jp/archives/16973393.html

ちなみに前回の記事でスペースの隅っこにおいやられていたマンガの本棚だが、蔵書が入れ替わり、「レッツ&ゴーMAX」「とある科学の超電磁砲アンソロジー」「北斗の拳イチゴ味」(普通の「北斗の拳」でなく)など、かなりこちらもカオスな雰囲気になっていたのが衝撃だった。
(メジャーな作品もそれなりにあったが、マニアっぽい外国人にはこの手のサブカル的な作品の方がウケがいいのかもしれない)
IMG_raizan_comic

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北斗の拳イチゴ味(2) (ゼノンコミックス) [ 行徒妹 ]
価格:606円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)



最後に、トイレに貼られていた注意書き。
日本語・英語・中国語・ハングルの他にアラビア語?が加わってたのも印象的。
(先ほどの中東っぽいフードを着た女性客といい、いよいよアジア勢に加え中東の勢力も無視できない存在に?)
IMG_rz_caution_restroom


といったところで以上。

個室やトイレ・浴室・共有スペースの快適さ、ほぼ駅前通り沿いの立地という安心感は相変わらずで、1泊2000円台という格安料金もあり、これまでと同様に大阪観光に使いやすいホテル(cheap hotel for Osaka trip)だと思う。
(西成・ドヤ宿の初心者にもオススメだろう。いきなり1泊1000円台のもっと安い所(以下一例)に泊まるよりは、こういう宿から徐々に慣らしていく方がショックも少ない?)

 安宿旅行記・大阪環状線・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069305784.html
 安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 加賀」(1泊1700円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064006478.html




今回泊まったのは、大阪・西成ドヤ街の奥まった場所にある「ビジネスホテル 福助」。

 ビジネスホテル福助 地図・アクセス
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/43806/rtmap.html



ホテルの場所は、大阪環状線・JR新今宮駅から南西側へ歩いて5分ほどのホテル街の一角。
(先日紹介の「喜久家」のすぐ近く。フロント横にあった料金表を見ると予約なしの通常料金でも1泊1500円~(A室)とまあまあ安い。
 「金曜/休日前の特定日は割増」と下に注意書きがあるのが、西成の安宿が観光客にも人気(主に外国人?)なのを窺わせる)

 安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1068605701.html

xIMG_20171212_172536

客室はバストイレ共用、布団・エアコン・テレビまでは当然として、さらに冷蔵庫と食事用の小さなテーブルに…
(よく見ると窓にかかってるのがカーテンでなくスダレなのが和風)
xP2450158

ハンガー、ゴミ箱、棚、灰皿のある3畳ほどの和室。
この地域でよくある典型的なドヤ街のつくりだが、冷蔵庫やテーブルがある分少し豪華。
(近所にある「ホテル マルモト」「ビジネスホテル加賀」に近い感じ。
 違うのはドアの色くらいで、ぱっと見ではあっちの客室とあまり区別が付かないかも)

 安宿旅行記・大阪・西成「ホテル マルモト」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011298689.html

xP2450156

ドアが普通のマンションの部屋のような感じで、廊下がそのドアが並ぶマンションの通路を思わせる雰囲気なのも周辺の他の宿と一緒。
(名古屋なんかにもこんな感じの安宿は結構ある)

 安宿旅行記・愛知・名古屋「ビジネス太閤」(1泊2300円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1066145163.html

xIMG_20171212_180944

共同トイレはこんな感じ。
床やドアがきれいで、洋式便器があるだけでグレードが数段上がる感じがする。
xIMG_20171212_180932

洗面・流し台は共同トイレの隣にあり、こんな感じ。
(右下の緑のゴミ箱に「ホテル福助」とある。この界隈では持ち物に名前を書くのは基本?)
xIMG_20171212_180938

一部フロアの洗面台の横には共有設備のポットや電子レンジがある。
「お水の補充をお願い致します」
「扉の開閉はお静かに」
などの注意書きが共同生活感が溢れてる感じ。
xIMG_20171212_180556

他にはコインランドリーや屋上の物干し場、共同浴場にシャワールーム、無料wifiやPCルーム(有料)もあったりと設備は結構充実している。
xIMG_20171213_060403

そんな部屋で食べた夕食は、安定の「スーパー玉出」で買ってきた「揚げ餃子(100円)」と「上巻(太い海苔巻き)(188円)」。
早朝に行ったら半額なのも西成・玉出クオリティ?(詳細は以下)。

 (関連記事)ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出の惣菜。2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/21333974.html

xIMG_20171213_073751


これで素泊まりでシングル1泊1500円~。
(連泊で割引になるサービスもあり)



周辺の同種の宿「喜久家」「マルモト」等とほぼ同じ値段でわりあい設備が充実しているので、大阪に連泊しての関西旅行などに便利かと思う。
(他のホテルの予約が一杯の時に押さえとしてチェックしておくのもありだろう)

にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ



先日(2017/04頃)、以前紹介した大阪・新今宮駅近くの「ビジネスホテル 喜久家」に再び泊まってきた時の話を。

 (前回宿泊時)安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1051969735.html


約1年ぶりくらいの利用だったが、外国人観光客が増えてる昨今でも比較的空室を取りやすく、お値段も据え置きでとても助かった。
(新今宮駅から宿へ向かう途中、前の方にを歩いてた外国人グループ。最近の西成は夜でもこんな感じで賑やか)
xIMG_20170405_185538

宿については前回とそれほど変わった点はなし。
(3畳の畳部屋にテレビと布団とエアコン。
 カーテンはなしで向かいのホテルの明かりが少し入ってしまうが、これが豆球代わり?)
xIMG_20170405_191541

他には小さな棚とゴミ箱があるくらい。
(マンションのようなドアなのもこの界隈の宿ならでは。周囲の似た価格の宿もほぼ同じようなつくり)

 (参考記事)安宿・大阪「ホテル はつね」(1泊1600円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1067532497.html

xIMG_20170405_191558

そしてこの日の食事は、安定の「スーパー玉出」で買ってきた「おにぎり(2個98円。タクアン付き)」と、大阪に来る前に立ち寄った鳥取で買った「遠藤のお子様パン」。
(素泊まり宿では旅の道中で買った品の消化を兼ねてこんな感じで食事に当てていく。荷物を増やさないスタイル)
xIMG_20170405_193251

翌朝はそそくさとチェックアウト。
窓からの風景が3年前とほぼ変わりないのが驚き。
(右の白黒のカタツムリの看板、向かい側の「やすらぎの館」などは一緒。街路樹が伐採されたかも)

 (3年前宿泊時)安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 喜久家」
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011746023.html

xIMG_20170406_062031

この界隈は安宿の並ぶホテル通り。
そして名物の「激安自販機」もたっぷり並んでいる。
(この自販機はそれほどでもない品揃え。お茶とコーヒーは50円が普通で年中叩き売り状態)

 (参考記事)1本30円~西成ドヤ街の激安自販機(2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/14855896.html

xP2400003


といったところで以上。

JR新今宮駅からほどほど近く(歩いて5分ほど)、値段も以前と変わらず据え置きの安さ(素泊まり1400円)で、寝るだけでよければ使いやすい部類のホテルに入ると思う。
(最新の宿泊プランを確認すると、「和室3畳 19型テレビ 冷蔵庫なし(1400円)」から「銭湯入浴券付チェックアウト午前10時30分(2500円)」まで様々なプランが追加されていた)

 ビジネスホテル 喜久家 宿泊プラン一覧【楽天トラベル】
 https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/105963

※宿を出て少し歩いて大通りに出るとあべのハルカスが見える。
 「西成住人」から「ただの観光客」に戻る境界線?

xP2400009



このページのトップヘ