人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:安宿 > 安宿-大阪・近畿

今回も先日(以下記事)に引き続き、以前紹介した格安ホテルの未公開の写真を見ながら当時の思い出を適当に綴ってみようと思う。
(宿の隅々までチェックして無理やり「お値段以上」に堪能してる感もあるが、そこは人それぞれの旅の楽しみ方ということで…)

 安宿旅行記・宿の写真で振り返る格安ホテルの思い出など(4)

※1泊1400円の大阪のドヤでも毛布が可愛い子犬のデザインってだけで幾分気分が安らぎます。
IMG_osaka_hotel_parkinn_dog_blanket


●老舗ホテルの無線「ラン」
福井駅近くの「福井パレスホテル」にて。

 安宿旅行記・福井駅「福井パレスホテル」(1泊4500円~)

わりと歴史の長そうなホテルなのだが、エレベーター内にあったwifiの案内書き(左側)を見ると、

「インターネット環境は 無線ラン でございます」

とカタカナで「ラン」とあったのが妙に印象に残った。
(無線「LAN」、あるいは「wifi」と表現することが多いから。左上のノートパソコンのイラストも結構昔風な感じ(Wordの素材の絵? 2つ折りのガラケーにも見える)で、この案内書きが作られた時代を感じる)
xP2360107

なお、右の方のフロア案内に目を向けると「鳳凰の間」「孔雀の間」などの宴会場、結婚式場や着付室など蒼々たる名前が揃っていて、なかなかの本格ホテルである模様。
(4月初旬のオフシーズンだったとはいえ、こんなホテルに5000円前後からで泊まれるのが福井?)

ちなみにホテル内自販機のビールを見ると、氷結が250円、一番搾りやサッポロ生が350円など、こちらも本格的ホテル風の価格だった。
(もちろん買わないが)
xP2370131


●喫煙所ではハチに注意
名鉄線・新那加駅近くの「ウィークリー翔ホテル各務原」にて。

 安宿旅行記・岐阜「ウィークリー翔ホテル各務原」(1泊1900円~)

フロアの一番奥にベランダに出るドアがあり「喫煙所」という扱いになっていたのだが、ドアの横にはスズメバチを思わせる怖いイラストと一緒に「ハチに注意」という貼紙が。

愛知の山奥(15分に1本名鉄線が通る程度)ではタバコを吸うのも命がけらしいのでご注意を。
IMG_weekly_syo_killer_bee


●可愛い毛布で眠れる宿+ドヤの自炊料理
大阪・JR新今宮駅近くの「パークイン」にて。

 安宿旅行記・大阪・新今宮駅「パークイン(PARK INN)」(1泊1400円~)

場所柄男性客(特に年配の方)が多い宿なのだが、毛布が可愛い子犬(ミニチュアダックス?)のデザインだったのが印象的だった。
(風呂もトイレも共同で超質素な狭い部屋でも、これだけで癒される思い…。その近くの宿で、パソコンの壁紙が子猫だったのを思い出す)

 安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 和香」(1泊1600円~)

IMG_osaka_hotel_parkinn_dog_blanket

なお、館内の各フロアにミニキッチンがあり自炊もできるのだが、コンロで手作りの煮物を作ってる宿泊客もいた。
(いい感じの茶色でよく煮込まれていて手馴れた感じ。鍋にザルを被せて数日かけて食べきるのだろうか…冬ならもつか)
IMG_osaka_hotel_parkinn_cooking


 


●就寝時間は11時?
新今宮駅近くの「ビジネスホテル来山北館」にて。

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ再び

エレベーターに貼られていた貼紙に

「11:00PM ~ 7:00AM 静かに Quiet please」

とある。
(ボタンの横の青い貼紙にも同じ内容がある。「静かに」だけでは外国人にわからないので英語も追加し、そして目立たないので手書き貼紙も追加したといったところか)

この手の安宿で就寝時間を示してるのは珍しいかも。
(まああくまで努力目標みたいなもので、実際は時間を過ぎても出入りする他の客が普通にいたが)
IMG_osaka_hotel_quiet


●毛布は布団の上!
その近くの「ビジネスホテル福助」にて見つけた貼紙。

 安宿旅行記・大阪「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)

「貸毛布ございます」とあり寒い日でも安心なのだが、
イラストの下に

「掛け布団の上にお使い頂くのが効果的です」

と生活豆知識っぽく書いてあるのが生活観が溢れていてよかった。
(昔は毛布の上に掛け布団をかけるのが普通だった気がするが、羽毛布団だと話が違う模様)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_blanket

ちなみに右には「暖房中 本日は終日運転!」とあるが、以前泊まったホテルで暖房が特定の時間だけ稼動(省エネのため?)と限られていたのを思い出したり。

 安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び


●宿泊客より若々しい「宿文庫」
同じく「ビジネスホテル福助」にて、ホテルの廊下に雑然と置かれた本棚に入っていた雑誌。
(「宿文庫」と勝手に命名)

 大阪西成探訪・ドヤ街宿に置かれた本棚の中身をチェック

「西成住民は高齢化」といったことが一部で言われているが、本棚に置かれた本は

・ヤンジャン(水着グラビアが眩しい)
・マガジン(誰だか知らないけど同じくグラビア)
・ジャンプ(連載作品ほぼわからない…「こち亀」が終わったのが痛い)

と、結構若々しい?
(高齢者でも意外と気にせずこの手の漫画を読むのかもしれないが…自分以外に本を手に取る人がいなかったので詳細は不明)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_books


●そっぽを向いたホットヌードル
JR新前橋駅近くの「前橋ロングサンドホテル」にて。

 安宿旅行記・群馬・新前橋駅「前橋ロングサンドホテル」(1泊3500円~)

マルちゃんの自販機で「赤いきつね」「緑のたぬき」、そして「ホットヌードル」と定番商品が並んでいる。
(200円は平均的ホテル価格?)

ただ、なぜか「ホットヌードル」は容器がそっぽを向いた感じ(商品名でなく成分表が前に出ている)なのが気になった。
(パッケージのコックの顔を薄暗いフロアで見ると不気味とでもいうのだろうか)
IMG_noodle_vender


●「海なし県」の海への憧れ?を表現した絵画
同じく「前橋ロングサンドホテル」にて。

廊下に張られていた絵画(「宿絵画」と勝手に命名。写真かも)なのだが、夕暮れ時の海を見ていると、なんとなく「海なし県」である群馬県の海への憧れが伝わってきた。
(実際のところ、海に面した県の住民であっても、海のそばにでも住んでない限りは海のありがたみとかはそうそう感じないが…例えば瀬戸内海で日常的に船便を使う人とか)
IMG_maebashi_hotel_picture_ocean


にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ

といったところで以上。

ちょうど秋の18きっぷとも言われる「秋の乗り放題パス」の利用時期なので、また新しい宿を開拓しに旅に出たい今日この頃。
(と思ってたら、利用開始の10/12からの三連休は台風という噂もあり、格好の行かない理由ができたと自分に言い訳をしそうなのもまた事実…3日連続でしか使えない不便な切符だし、台風来るしで紅葉の時期を待って普通に行く方が満足度は高そう)

 秋の乗り放題パス JR東

先日、以前紹介した大阪・新今宮駅近くの「ビジネスホテル来山 北館」にまた泊まってきた時の話を。
(昨年末のことで、かれこれ6回目)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2200円~)へ再び(2017/12)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069759194.html
 (参考)ビジネスホテル来山北館 地図・アクセス

※「風の谷のナウシカ」の原作本など、西成とは思えない充実の宿文庫も魅力の1つ。
IMG_osaka_hotel_raizan_bigbook



一昨年の年末に泊まった時以来だったが、泊まりやすさは相変わらずで安心感があった。
(この日泊まったのは洋室シングル。テレビ・冷蔵庫・ベッドなど基本的な設備やアメニティは完備)
xP2480172

前回泊まった時は壁紙がログハウス風だったが、この日は普通のきれいな白一色の壁紙。
ただ写真の右中央になにやらワンポイントできれいな模様の青い壁紙が貼られていて、申し訳程度のオシャレさを演出していた。


チェックイン時には自社サイトからの予約で使える10%割引券がもらえるのも嬉しい。
(音が響きやすい安い部屋向けに耳栓も配っていたりと親切度がアップ)
IMG_osaka_hotel_raizan_earplug


エレベーター内には「カワサキワールド」など大阪周辺の観光スポット(日本の有名企業絡みだと外国人が喜びそう)の紹介が貼られていたりと観光情報も一杯。
IMG_osaka_hotel_raizan_spotinfo


ラウンジの壁に貼られていたカレンダーには「大阪城ホール 関ジャニJr」などコンサートなどのイベント予定がびっしり。
(安宿に泊まってライブイベントなどに参加する方も多いのだろうか…周りに貼られた「ベジータ」「ブルマ」のビックリマンシールも目を惹く)
IMG_osaka_hotel_raizan_event_calendar


さて、この日最も驚かされたのが1階のラウンジスペースの本棚。
以前から王道~サブカル的な作品まで幅広い蔵書が揃ってたのだが、エレベーター近くにも本棚が加わりさらに充実していた。
IMG_osaka_hotel_raizan_books_child

なんと、「しろくまちゃんのほっとけーき」「ぐりとぐら」など子供向けの絵本が並んでいて、ここだけ西成らしからぬハイソな雰囲気だった。
(親子連れ向けの部屋やプランがあるので、そういう本も揃えたのだろうか…)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 あす楽対応 ぐりとぐらの絵本7冊セット
価格:6048円(税込、送料無料) (2019/2/9時点)



さらに、外国人向けに「フォトマンダラ 祈りのガンガー」などの宗教書や、「まいにちフランス語」などの外国語テキストなどもあり、アカデミックな雰囲気も。
(外国人宿泊客が多いので、外国語で応対するフロントスタッフ用かもしれないが)
IMG_osaka_hotel_raizan_books_language


マンガ本の方は2018年の話題作なども追加されていて、アニメにもなった「ポプテピピック」もあった。
(その後ろには同じくアニメ化した「ニンジャスレイヤー」も…)
IMG_osaka_hotel_raizan_popt


昔からの西成住民向け(?)にギャンブルマンガの「賭けグルイ」もあった。
(続編の「賭けグルイ双」も…。これを読んで博打にのめり込む人、思いとどまる人もいたりするのだろうか)
IMG_osaka_hotel_raizan_kakegurui




他にもドラマ化もされたグルメマンガ「花のズボラ飯」、日常系作品の王道「らきすた」「ゆるゆり」、SFの名作「攻殻機動隊」など、作品の幅が広すぎて目移りしてしまうほど。
IMG_osaka_hotel_raizan_books


マンガ本のほか、大判の本も並んでいて「風の谷のナウシカ」の原作マンガや美少女フィギュアの本、CG絵師の画集まであり、このホテルの客層の幅広さを感じさせる。
IMG_osaka_hotel_raizan_bigbook




挙句の果てには年末ということで(年末といえばコミケ?)、同人誌まで並んでいて、とどまる所を知らない状況だった。
右の「けんおう!」は「けいおん!」が「北斗の拳」風になったものだろうか。
(過去にモデルになった学校に行ったりもしたが…)

 (関連記事)「けいおん!」と飛び出し看板の聖地・滋賀県・豊郷へ(2011/12)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1070046007.html

IMG_osaka_hotel_raizan_fanbook

真ん中はなんとなくパソコンゲーム「東方Project」のキャラっぽい?(昔のニコ動で見た記憶がある)
左はなにやら「自宅警備員」の本らしいが詳細は不明(ていうか、全部不明…もはや自分にもついていけないレベル)。



といったところで以上。

以前からこの界隈の中では安心して泊まれる初心者向け安宿として紹介しているホテルだが、サービスのたゆまぬ改善が続いてる点には本当に恐れ入る。
(本棚については想像の斜め上のさらに先を行っていた感じだが、今後も楽しみ)

西成・ドヤ宿の初心者にもオススメの宿だと思うので大阪で安く泊まりたい方ならチェックしてみてはどうか。



今回泊まったのは、大阪ミナミの中心部にほど近い・大阪環状線・JR新今宮駅の近くにある「パークイン(PARK INN)」。



※激安ホテルでもトイレがきれいだとそれだけで安心感が数段アップする(気がする)。
IMG_osaka_hotel_parkinn_restroom


ホテルの場所は、新今宮駅を出て南東側、歩いて数分の駅のそば。
駅前の大通り沿いから少し脇道に入った所で、以前紹介した他の簡易宿所と違ってドヤ街の奥まった場所に入り込まなくていいので安心感がある。

 PARK INN 地図・アクセス
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/84990/rtmap.html

地図を見てお気づきの方もいるかもしれないが、これまで何度か紹介した初心者向けの西成宿「ビジネスホテル来山北館」の真向かいである。

 (関連記事)「ビジネスホテル来山北館」(1泊2200円~)へ(2017/12)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069759194.html


ホテルの入り口はこんな感じ。
広めの玄関にフロントがあり、ここだけ見ると普通のホテルにも見える。
(時間外のためフロントは閉まっていた)
IMG_osaka_hotel_parkinn_front


今回泊まった客室は、この界隈のスタンダードであるバストイレ共用の3畳ほどの和室。
(布団の上には浴衣も置かれている。左の窓は障子戸付きでちょっと豪華)
P2490198


ドアを開けると下足場、そして押入れや戸棚がある。
(戸の色が年代ものという感じだが、老舗の和風旅館っぽい雰囲気にも感じられどこか落ち着く)
P2490199


テレビのある棚のそばには陶器の灰皿とリモコンの乗ったお盆があった。
戸棚のデザインと合わせて本当に旅館ぽい感じで、ほんの一瞬だが安宿なのを忘れる。
P2490203


なお、部屋の中にテーブルと冷蔵庫はないので、食事は外で食べた方がいいだろう。

※また、この部屋は限定プランの「エアコンなし部屋」だったことも付け加えておく。
 (普通のエアコン付の部屋より100円安かったためこちらにした)

 エアコンなしの部屋というと以前紹介の「ホテルダイヤモンド」を思い出すが、こちらは部屋がそれなりに密閉度が高く、1.5畳でなく3畳で気持ちにゆとりがあったせいか、あの時に比べると多少は過ごしやすかった。
 (冬でなく春や秋ならより泊まりやすいだろう)

 安宿旅行記・大阪・西成「ホテルダイヤモンド」(1泊900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1021775634.html


部屋を出て、共同トイレへ行くとこんな感じ。
床やドアがきれいな上に洋式便器ときれいにリニューアルされていて、この界隈では上の方のグレードといってもいいだろう。
IMG_osaka_hotel_parkinn_restroom


洗面・流し台(兼炊事場?)は共同トイレの向かい側にある。
鏡の前にはカップや湯沸しポットがあるが、これが共用物か長期宿泊者の私物かは不明。
(一応1Fフロントの近くにも電子レンジと並んで湯沸しポットがあるので、お湯を使いたい方はそちらを使った方がいいだろう)
IMG_osaka_hotel_parkinn_kitchen


なお、フロント横には少しだが宿文庫として雑誌や小説などが置かれていた。
(少年ジャンプに「味いちもんめ」、「たそがれ清兵衛」とよくわからないラインナップ)
IMG_osaka_hotel_parkinn_books

そのそばには外国人向けに「BUNRAKU」と書かれた国立文楽劇場のパンフレットや洋書なども並んでいたり。
(スティーヴン・キングの「WIND THROUGH THE KEYHOLE」などもあった。西成にも外国人が増えたことの対応だろうか、そういう洋書を読む住人がいらっしゃる模様)
IMG_osaka_hotel_parkinn_book_foreigner


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Wind Through the Keyhole (Dark Tower...
価格:5966円(税込、送料無料) (2018/12/21時点)



共同浴場は洗い場3つ+シャワー1つ、3,4人が入れる湯船がある。
入れる時間は夕方~夜なのでチェックインが遅い方は注意。
(時間制で男女分けてる模様。女性の方が後の時間帯なのはいろいろな意味で配慮したから?)
IMG_osaka_hotel_parkinn_bath_time


そんな部屋で食べた夕食は、安定の「スーパー玉出」で買ってきた寿司の「盛合わせ(お買得品)(298円の50円引き)」。
スーパー玉出は経営者が変わったニュースが夏頃に流れていた(詳細は以下)が、並んでる惣菜などは変わらず昔のままの雰囲気だったので一安心。

 (関連記事)大阪西成探訪・早朝の #スーパー玉出 半額惣菜の風景(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/27246104.html

P2490207



これで素泊まりでシングル1泊1400円~。
(連泊で割引になるサービスもあり)




近年の物価高などで周辺の同種の宿がじわじわ値上げしている中では安い部類で、(この界隈での)最低限の設備も一通り揃ってるので、大阪に連泊しての観光で安さ重視で泊まりたい方に便利かと思う。
(以下、周辺の宿の例。記事名は当時の値段だが最近見ると+100円とか上がってたりする宿も結構ある)

 安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 加賀」(1泊1700円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064006478.html
 安宿・大阪「ビジネスホテル来山 北館」(1泊2200円~)へ再び(3)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064843549.html


にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ

つい先日、当ブログで何度か紹介した大阪・西成の安宿「ビジネスホテル喜久家」が2018/05末で廃業していたことを知った。
(楽天トラベルのレビューページに、ホテルからの回答という形で「五月末で廃業」という事が書かれていた。
 なお、それ以外の予約や宿泊プランなどのページは既に削除されている模様)

 ビジネスホテル 喜久家 クチコミ・感想・情報【楽天トラベル】
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/105963/review.html
 (関連記事)安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1068605701.html

自分が初めて西成ドヤ街に足を踏み入れた5,6年前から何度も利用していた宿だけに、廃業は誠に残念。
(周囲の宿が値上げする所も多い中、お値段据え置きの安さ(JR大阪環状線の駅のそばで素泊まり一泊1400円)が魅力だった)

廃業の理由は「後継者問題や私の健康面の問題」と記載があり、西成の住人だけでなくホテルを営業する側の高齢化も進んでいる模様。
ひとまずこの場を借りて、お疲れ様でしたということとお世話になりましたという感謝の意を伝えたい。

※なお、この周辺で、他に同じくらいの価格・部屋の宿としては「ビジネスホテル福助」など以下が挙げられる。
 大阪観光で安く泊まりたい方はチェックしてみてはどうか。
 (場所はいずれも大阪環状線・新今宮駅の南西側の地区で、駅から歩いて5分ほど。
 以下、自分が泊まった時のレポート)

 安宿旅行記・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069305784.html
 安宿・大阪「ホテル はつね」(1泊1600円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1067532497.html
 安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 加賀」(1泊1700円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064006478.html


ということで今回は、最後に喜久家に宿泊した2017/12の写真などを紹介しながら宿泊の思い出などを語ってみたい。

●最後に泊まった客室(3畳和室)
IMG_osaka_nishinari_kikuya

最後に泊まった部屋の風景がこちら。
この時も過去に何度か紹介したのと変わらない3畳の和室で、まさかこの半年足らずの後に廃業とは思いもしなかった。
(テレビがブラウン管かた薄型液晶へ変わったり、無料wifiが使えるようになっていたりとここ数年で少しずつだが便利になっていた。なお、カーテンがないのも特徴的)


●一部ケーブルテレビも見れたテレビ放送
IMG_nishinari_kikuya_tv

テレビは地上波の他に一部のケーブルテレビも見ることができ、いい暇つぶしになった。
(ただ、音が響きやすいのでイヤホン必須で見ないといけないのであまり長時間だと見づらいが…この時はドラマチャンネルで「ウシジマくん」などをやっていた気がする。この辺のサービスもホテルごとに差があるのが面白い)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 映画「闇金ウシジマくんthe Final」通常版DVD 【DVD】
価格:3776円(税込、送料無料) (2018/9/1時点)



●最後の晩餐
IMG_osaka_nishinari_food

表現がまるで遺言のようだが、あくまで、ここ喜久家で最後に泊まった時の話。
この日は近所のスーパー玉出で買った「ネギトロ巻(228円)」に、西成名物(?)の激安自販機で買った大阪名物の「みっくちゅじゅーちゅ・そーだ(50円)」にした。
(部屋内にテーブルがないので、寿司やおにぎりなど、おつまみ感覚で手軽に食べられるものを買うのも喜久家のルールだった)

※そういえば玉出も事業売却というニュースが流れてたが、今後こういう激安惣菜がどうなるかも気になる所。
 (以下、関連記事)

 スーパー玉出事業売却の報…玉出の思い出(2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/24853178.html
 ドヤ街の食事(スーパー玉出の惣菜。2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/16525515.html



●手書きの割引チケットのご案内
IMG_nishinari_kikuya_ticket

フロントでは宿の近所にある銭湯・入船温泉の入浴券やスパワールドのチケットなどを割引で売るなどのサービスもやっていた。
(西成の住人にとってみると、家族風呂くらいの大きさの宿の共同浴場でなく、たまにこういう大きな風呂に入るのも小さな贅沢なのだろうか…)

値段が手書きの貼り紙で直されてたり、「日によって異なります」などのメッセージも実に味がある。
(そういえばここはチェックインの期限が21時までと早めだったのだが、よくよく思い出すとフロントにいたのは50代くらいとおぼしきオーナーさんか、さらに高齢の老女(オーナーのおばあさん?)で、家族経営で頑張っていたのかもしれない。そう思うと、いつもギリギリの時間にチェックインしてすまなかったとも思う)


●暇つぶし用マンガ本など
IMG_osaka_kikuya_comic

フロント近くの棚には自由に読んでいい(と思われる)暇つぶし用のマンガ雑誌が新聞の上に積み上がっていた。
(この手の蔵書もホテルの性格が出るので面白い)

「漫画ゴラク」に「ビッグオリジナル」と、いかにも大人向けなのがドヤ街っぽい?
(「監禁婚」「白竜」ってタイトルとか、「金と刀が我が生きる道!」というアオリ文からしてもう…。なお、自分は「漫画ゴラク」なら「天牌」が好き(麻雀好きなのでそれなりに楽しめるってだけ))

※ちなみに蔵書のマンガが思い切り充実してるホテルも近くにある。
 (マニア向けのマンガが多く、こちらは別の意味ですごいが…)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2200円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069759194.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

武士のフトコロ(7) (ニチブンコミックス) [ 岡村賢二 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/9/1時点)



●ホテルのそばの風景
IMG_osaka_nishinari_street

ホテルの場所は新今宮駅の近くながらドヤ街のエリアでもあり、道の両側には同種の簡易宿所が軒を連ねている。
(この先に進むと西成警察署や萩ノ茶屋駅方面への商店街などがある。朝早く目が覚めたらホテル周辺のドヤ街散歩を楽しむのも日課だった(以下は散歩の一例))

 大阪西成探訪・西成警察署から萩ノ茶屋駅方面へ(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/25547887.html

※安宿を出て京都・神戸など隣県の観光地へ行くと、非日常から非日常というあまりの別世界ぶりにまるで自分が生まれ変わったような、隔世の感さえあったのを思い出す。

 安宿からの旅・大阪・西成から京都へぶらり旅(2014年3月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1020242430.html
 安宿からの旅・西成から行く和歌山電鐵の旅(2015年12月)(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1057301716.html


といったところで以上。

なじみのお店がなくなるのは実に寂しいが、お店との出会いも一期一会ということで営業してるうちにできるだけ通うしかないのかなとも思う。
(飲食店など普通のお店にも言えることだが、オーナーさんの高齢化の波には逆らえない。もちろん、自分自身の老いにも…)



このページのトップヘ