人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

カテゴリ:安宿 > 安宿-東北

今回も先日(以下記事)に引き続き、以前紹介した格安ホテルの未公開の写真を見ながら当時の思い出を適当に綴ってみようと思う。
(写真を見返してるとなにげなく撮ったものから自分のホテル内でのこだわりポイントが見えてきて興味深い)

 (関連記事)宿の写真で振り返る格安ホテルの思い出など
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1072674873.html


●古風な一台一品自販機
山形駅の近く「ホテルアルファーワン山形」にて撮影。

 安宿旅行記・山形駅「ホテルアルファーワン山形」(1泊3000円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1059754783.html

縦長の自販機がフロアの廊下に並んでいて、コインを入れてツマミを回すと下の取り出し口に商品が出てくる古風なメカニズム。
(回して商品が出てくる形式ってカードダスの自販機とかを思い出す)
P1710008

売ってるの物は柿ピーナッツ、ミックスナッツ、さきいかなどのおつまみ類が200円。
左上はワンカップ(?)の松竹梅(たぶん300円)と、こちらも昔ながらのホテル価格。
(ホテル近くのコンビニで買えば今は安く済むが、これが稼動していたであろう昭和の頃はコンビニもそうそうなかったろうしそれなりに売れたのだろうか…)

なお、右側ではカミソリやヘアセット(ヘアトニックなどのセット)も売っている。
(超高級ホテルならアメニティに含まれるのだろうけど…)



●囲碁にこだわり(?)のホテルラウンジ
福井駅の近く「福井パレスホテル」にて撮影。

 安宿旅行記・福井駅「福井パレスホテル」(1泊4500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1065753355.html

大浴場を出た所にソファの並ぶラウンジがあるのだが、テーブル上にはいくつも将棋盤、碁盤が並んでいて昭和のままという雰囲気が印象的だった。
(最近のホテルだとプレステなどテレビゲームが置いてあるところもあるが、昔はせいぜい将棋盤・碁盤、いいところ麻雀牌くらいだった気がする)
IMG_fukui_palacehotel_lounge

さらに、壁際のテーブルには「囲碁研究」などの専門書のほか、「囲碁の基本」と書かれたなにやら教訓めいた貼紙のようなものもあり、さながら囲碁道場といった雰囲気。
(「実利を取ったら早めに模様を消しま『せう』」と旧仮名なのも趣深い)
IMG_fukui_palacehotel_GO

なお、碁石の入ったケース裏(写真下)には「武生パレスホテル」と書かれていた。
(現在は別なホテル名に変わったらしいが、同じパレスホテルグループで備品を融通したのだろうか…などと考えると裏事情が垣間見えて興味深い)
P2370128


●ホール内の謎絵画
富山駅の近く「アムズホテル」にて撮影。

 安宿旅行記・富山「アムズホテル」(1泊3900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1022993470.html

この時は無料の朝食(「軽」朝食とわざわざ断ってるのが謙虚でよろしい)を食べに客室からレストランのあるフロアへ向かう途中だった気がする。

階段の踊り場に貼られた絵画か写真。
富山とはまったく関係ないであろう、川沿いの高層ビルの並びはニューヨークのマンハッタンあたりを思わせる。
P1770004

だとすると、右端に並ぶフレーム外まで突き出た2本のビルは飛行機の突っ込んだ貿易センタービル?と思うと、泊まった時どころか、事故当時の記憶まで思い出してしまったり。


●西成・ドヤ宿での250円の夕食
大阪・新今宮駅の近く「ビジネスホテル福助」にて撮影。

 安宿旅行記・大阪・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069305784.html

いまや大阪名物となった感のある、1円セールやたまに法律スレスレのキワ物を売ることで話題の「スーパー玉出」。
というわけでこの日の夕食はスーパー玉出で売ってるお惣菜にしてみた。
(関東ではなかなか味わえない品々ばかり。激安宿に合わせた激安メニューでこれぞ非日常?)
P1580003

左から順に

・たぬきそば(100円)
関西では蕎麦+油揚げを「たぬきそば」というので、ある意味ご当地メニュー(謎)。
100円ながらわりと大きい油揚げ入り、ご丁寧に唐辛子まで付いてる。

 (関連記事)ドヤ街の食事(スーパー玉出の100円たぬきそば(関西風))
 http://doya-gai.blog.jp/archives/12540104.html

・スコール ブルーソーダ(50円)
西成・ドヤ街といえばもう1つの名物が激安自販機。

 特別限定生産三ツ矢サイダーが30円…西成ドヤ街の激安自販機
 http://doya-gai.blog.jp/archives/28301453.html

・フライドポテト(100円)
味は駅のそば屋レベルというかまあまあといった感じだが、途中で飽きてきたので、前日に玉出で100円で買った「フライドポテト」の余りをそばに乗せて「ポテそば」風にして食べた。
(さすがに本場の味には及ばないが…本場(阪急そばのやつ)を食べに行った話は以下リンク)

 大阪・西成から大阪市営地下鉄でぶらり旅(2015/12)(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1062987096.html


●多人数部屋に1人で泊まると…
鳥取駅の近く「ビジネスホテル福助」にて撮影。

 安宿旅行記・鳥取駅「ホテルユニオンプラザ」(1泊3780円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1066971424.html

この日はやや広めの部屋に泊まったのだが、最大5人くらい泊まれる部屋らしく、部屋用のスリッパが5つも置いてあった。
(とはいえ1つあれば十分…というか畳部屋なので使わなくてもいいところ。しょうがないのでドアストッパー代わりに置いたりしてみた)
P2380364


●洗面台だけ共用の部屋で…
熊本の繁華街にほど近い「第三サンライズホテル」にて撮影。

 安宿旅行記・熊本「第三サンライズホテル」(1泊4000円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1058921229.html

このとき泊まったのはバス・洗面所が共用でトイレだけは客室内にあるというちょっと珍しい形式の部屋。
バスは離れた場所にある大浴場で、洗面所は偶然にも自分の部屋のすぐそばだった。
(洗面所だけなら共用トイレほど使用頻度は多くないし、部屋の湯沸しポットの水も汲みやすいのでありがたかった)
P2380199


●温泉入浴マナー(日本人向け)
山形・銀山温泉の古勢起屋別館にて撮影。

 安宿からの旅・山形駅から秘湯・銀山温泉へ(後編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1068503508.html

山形県の温泉協会が作成したポスター「温泉入浴の心得」。
「入る前に身体を洗う」「湯船にタオルを入れない」「上がる時はよく吹いてから出る」と、基本的な注意書きが書かれていた。
(微妙なセミヌードっぽい感じなのがなんかいい。場所によってはこういう絵に英語併記で外国人向けの注意書きにしてるのもよく見かける)
P2400019





といったところで以上。

宿文庫、宿絵画などさりげなく宿の雰囲気を演出する小物などは今後泊まる時にも引き続きチェックしてみたいと思う。


安宿旅行記・山形「ホテルさくらんぼ」(1泊3300円~)

今回泊まったのは、山形駅近くの繁華街にある「ホテルさくらんぼ」。



※蔵王や天童、銀山温泉など周辺を観光するのに使い勝手がよさげなほか、駅近くには山形城跡などの名所もある。
xP1700027

場所は、JR山形駅から歩いて5分ほど。
駅の東口を出て駅前通りを進み、交差点で右(南)へ曲がった先の大通り沿い。
xP1700003

客室はバストイレ完備。
ベッドや冷蔵庫・テレビ・エアコンなど一通りの設備が揃うビジホっぽい部屋。
(諸事情により、自分が使用した後の写真。実際はきれいに清掃されているのでご安心を)
xP1700054

こちらがユニットバス(のトイレ部分)。
トイレはしっかりウォシュレット付き。(写真右のボタン)
xP1690307

こちらは机周り。
イスは小さめ。机もポットやスタンド、アメニティなどがある分スペースが小さめで、室内で食事を取るのに苦労した。
(座った正面に小型エアコンがあるので、直に冷風が来るのはいいのだが…)
xP1690305

そんな机で食後に食べたのが山形名物(?)の「くぢら餅(久持良餅)」と「レモンケーキ」。
山形の隠れたロングセラー菓子らしい。
xP1700001



なお、廊下には共有のウォーターサーバーがあるのも嬉しい。
(これで冷水が頂けるだけで大手チェーンのビジネスホテル並みに格が上がる気がする)
xP1690311

この時は4,5階くらいの部屋だったので、眺めもそこそこよかった。
(南側の眺め。周辺にあまり高い建物がないせいか、遠くの山並みもくっきり)
xP1690310

ちなみに、先日の盛岡「ホテルニューカリーナ」に続きベッド脇のボタンチェック。
「NHK」「FM」「YBC」「BGM」とあり、それぞれラジオやテレビ音声、音楽が流れる仕掛けだった模様。
(「YBC(山形放送)」があるのが山形っぽいが、特注? ちゃんと再生されたかどうかは失念してしまった)

 (関連記事)安宿旅行記・盛岡「ホテルニューカリーナ」(1泊3200円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1062068346.html

xP1700002

これで素泊まりでシングル1泊3300円~。




山形駅の徒歩圏内でそれなりに安く泊まりたい方にオススメかと思う。
蔵王や天童、銀山温泉など周辺観光のための中継地にもいいだろう。
(駅の西側近くには山形城跡などの名所も。朝の散歩にちょうどよかった)
xP1700027

今回泊まったのは、城跡や石割桜にもほど近い盛岡市の繁華街近くにある「ホテルニューカリーナ」。

 ホテルニューカリーナ 地図・アクセス
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/2665/rtmap.html

(ホテルから歩いて5分ほどで、石割桜のある盛岡地方裁判所に到着。文字通り石の間から太い幹が生え出ている姿は春じゃなくてもダイナミックの一言)
xP1680238-2


場所は、JR盛岡駅から歩いて10分ほどの繁華街の角。
xP1690006-2


なお、すぐ隣には同じ系列(?)の「ホテルカリーナ」があり、こちらも安い。




朝食のバイキングでレストランを共用で使っていたりと関係が深い。
(先日紹介した、入口が共通で中が別々の大阪「ビジネスホテル来山北館・南館」のような感じ?)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山 北館」(1泊2200円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1022283067.html

客室はバストイレ完備。
ベッドや冷蔵庫・テレビ・エアコンなど一通りの設備が揃う一般的なビジホっぽい部屋。
P1680246

こちらがユニットバス。
トイレはしっかりウォシュレット付きで、洗面台の大理石っぽい模様がささやかな高級感を演出。
P1680248

館内の自販機の横には「自動製氷機」が備え付けられていたりと、細やかな心遣いがありがたい。
xP1690003

ただ、部屋のエアコンは温度調整式でなく「弱・標準・強」の段階式なので気になる方は注意を。
(写真左のダイヤル。7月だったが、「弱」で十分涼しかった)
xP1690001

なお、右の「ラジオ・音楽」のスイッチもいくつかはまだ作動して、就寝時に聴くためなのかクラシックの静かな音楽が流れたりした。
(写真下にちらっと写ってる「ナショナル」製。古いロゴなので数十年前の物と思われるがまだ動くのはさすがメイドインジャパンのクオリティ?)

そんな部屋で夕食に食べたのは、地元・一野辺製パンの「いやー豆ばり入ってら」パンとスーパーで買ったのり弁当(例によって半額)。
P1680252

パンの方は説明通りに大量の豆が入っていて、そこらのウグイスパンなどの比じゃないボリューム感がなかなかだった。
(ちなみに買ったのはなぜか盛岡に来る途中で立ち寄った北上駅だったりと、わけがわからない)

ちなみに、元々のプランは素泊まりだったが、700円追加で朝食バイキングが追加可能。
和食・洋食の豊富なメニューの他、地元・岩手名物の「ひっつみ汁」(左下)もあるのがありがたい。
xP1690053


これでシングル1泊3200円~。
(日曜限定プランが安い。セミダブル部屋だと2人で4200円位など、さらにお得)




盛岡駅からは少々離れるが、石割桜・盛岡城址・もりおか歴史文化館など観光名所の集まった盛岡市の東部エリア付近なので市内観光を楽しみたい方には逆に便利ともいえる。

盛岡駅の徒歩圏内でそれなりに安く泊まりたい方にオススメかと思う。
(「新渡戸稲造生誕の地」などの隠れた名所もある。かつての5000円札を折り曲げての変顔の定番)
xP1690014



 

今回泊まったのは、山形駅近くの繁華街にある「ホテルアルファーワン山形」。

場所は、JR山形駅東口から駅前通りを歩いて10分ほどの大通り沿い。
(地元商店街の夜祭りの準備か、色とりどりの提灯が垂れ下がっていた)
xP1700282

客室はバストイレ完備。
チェーン店らしくベッドや冷蔵庫・テレビ・エアコンなど一通りの設備が揃う機能的なお部屋。
xP1700284

バストイレはユニットバスで、トイレはウォシュレット付き。
(最近は安い価格のホテルでもウォシュレット付きの所が増えた印象)
xP1700286

なお、机の片隅にはホテルチェーンの定番(?)「新約聖書」「仏教辞典」もあった。
(某大手チェーンのビジネスホテルに泊まった時、初めてこれを見たときは色々衝撃的だったのを思い出す)
xP1710003

ただ、エアコンは昔風の「弱・中・強」の段階式。
(右端の「空調」スイッチ。「弱」で十分涼しいので個人的には問題なかった)
xP1710002

また、テレビは小さなブラウン管で電波状況が悪いせいか少々見づらくなることがあったので、気になる方は注意。
(ゴールデンタイムに楽天イーグルスの公式戦を中継しているのが東北らしい)
xP1700313

そんな部屋で夕食に食べたのは、ホテルから歩いて数分の東北でおなじみのスーパーチェーン「ヤマザワ」で買ってきた「冷やしうどんセット」。
(380円の2割引。19時以降だとお弁当やおにぎりなど徐々に割引が始まる模様)
xP1700312

食べたりない方向けには、1Fフロント横に東洋水産製のカップ麺自販機もある。
(「赤いきつね」「緑のたぬき」「ホットヌードル」が200円。お湯は自販機からではなく、客室の湯沸かし器から調達)
xP1710009


これで素泊まりでシングル1泊3000円~。
山形駅からは少々歩くものの繁華街には近く、買い出しや夜遊びに行きやすい立地のよさを考えれば、お得な部類のホテルだと思う。


開催間近の花笠祭り見物のためのお宿にはもちろん、お手頃価格なので、連泊して天童・米沢・銀山温泉など山形駅近辺の観光の拠点にするのにもいいだろう。
(過去のケースで言うと、登別温泉に行こうとしたが温泉では安い宿が取れず、近くの東室蘭に泊まったのに近い)

 山形花笠まつり公式ホームページ
 http://www.hanagasa.jp/
 (参考記事)安宿旅行記・東室蘭「ビジネスホテル ニューまるしん」(1泊3900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1037699977.html


このページのトップヘ