人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

2015年01月

今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

先日紹介した宿、新潟「コートホテル新潟」に泊まった後、
磐越西線で福島へ向かうついでに喜多方駅近くの「昭和レトロミュージアム」に行ってみた。

 安宿旅行記・新潟「コートホテル新潟」(1泊3300円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1012792129.html

場所は喜多方駅の駅前通りの1本右、ふれあい通り沿い。
(駅近くで借りたレンタサイクルで5分ほどだったので、歩くと15分位?)

中にはレトロの名の通り、昭和30年代を思わせるおもちゃや生活用品、電気製品などが所狭しと並んでいて、ご年配の方が喜びそうな物が多い。

例えば、脱水を手回しローラーで行う昔ながらの洗濯機。
P1260122

「消える魔球」がまだない頃の初期の野球盤。
(奥にあるサッカーゲームもかなり懐かしい。当時の子供が遊んだ「コカコーラ」「スプライト」などのロゴ入りのヨーヨーもあった)
P1260128

志村けんが入る前(荒井注時代)のドリフターズや、ピンクレディーのレコードなどもあった。
P1260125

「ラーメンの街」の方が有名な喜多方だが、地酒などを作る古い造り酒屋などの蔵なんかも多く、それにちなんだレトロな名所といった感じである。
P1260109

すぐ近くの会津若松(八重の桜でおなじみ)とセットで観光するのも面白いと思う。

 NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台・会津若松を歩く
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

昨年、2014年のゆるキャラグランプリは群馬・「ぐんまちゃん」が制したらしい。

 ゆるキャラ グランプリ2014 ランキング一覧
 http://www.yurugp.jp//vote/result_ranking.php

その前年、2013年は栃木・佐野の「さのまる」が制していた。
(佐野ラーメンにちなんでラーメン丼をかぶっている。その年の「ぐんまちゃん」は3位)

 グランプリ投票結果|ゆるキャラ グランプリ 2013 総合ゆるキャラランキング
 http://www.yurugp.jp/ranking/?year=2014

今回は、グランプリをとって「さのまる」の露出度がどのくらい増えたかを見に、佐野へ行った時の写真を。
(一番の目的はケンミンショーで見た「大根そば」などを食べたかったから、というのは内緒)

●佐野駅・ラーメンミニ博物館
P1550066.jpg

駅のそばには、観光案内所と併設して市内の佐野ラーメンのサンプルを並べた「ラーメンミニ博物館」がある。
その入口に、ででんと「さのまる」がいた。
(頭上の小さな「おめでとう」くす球が愛らしい)

●佐野駅前イルミネーションの「さのまる」
P1550063.jpg

駅前広場のイルミネーションにも電飾の「さのまる」が設置されていた。
(前年にはなかったので、これもグランプリ効果?)

●駅前商店街の「さのまる」垂れ幕
P1550025.jpg

佐野駅前から続く「駅前通り」には「さのまる」垂れ幕が。
(タキシード姿はちょっとレア?)
商店街の活気アップにも役立っている模様。

●工事フェンスにも「さのまる」
877581d7.jpg


駅近くの工事現場にあったフェンスにも「さのまる」が描かれていた。
やはり外せない、一度は食べたい(一度で十分?)「佐野ラーメン」。

●グッズショップ「さのまるの家」
737bb7a3.jpg


駅近くの大通り沿いにあるグッズショップ「さのまるの家」。
店内には当時のグランプリへの応援旗があり、佐野市長や商工会議所の他、ゆるキャラでおなじみの「みうらじゅん」氏など著名人が応援メッセージを寄せていた。
(なぜか左端に松岡修造もいる)

ゆるキャラは2011年グランプリの「くまモン」がそこそこ話題になって以降、全国の都道府県、さらに市町村単位で新キャラが生まれたが、テレビでの露出度はいまいちという感じがする。
(2012年グランプリの「いまばり バリィさん」のことは、自分はすっかり忘れていた)

地元の観光の柱として今後も輝き続けられるかどうか、引き続き見守っていきたい。

今回は、JR御殿場線の岩波駅に近い「御殿場ホテル昴」。
(岩波と聞くと学生時代によく読んだ岩波文庫を思い出すが、関連は不明)

ホテルは岩波駅から歩いて10分くらいの峠道を進んだ先にある。
(道中は街灯が少なく暗いので、到着が夜遅い方は注意)
P2860009

客室はバストイレは共同だが、机やベッド、冷蔵庫など一通り設備が揃う。
(ドアの横に洗面台だけ備え付けられていて、水沢グリーンホテルを思い出す)
P2850237

 安宿旅行記・岩手「水沢グリーンホテル」(1泊4100円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011945744.html

また、冬の寒さ対策のためかガスヒーターなども用意されていた。

ちなみに窓からはこんな感じで富士山がよく見える。
(この日はあいにく頂上付近に雲がかかっていたが、晴れていれば眺めは最高だろう)
P2860006

なお、バイキングの朝食がつき、メニュー豊富でわりとコスパがいい。
(野菜や魚などが多めで、これはこれでヘルシーでよし)
P2860004

これで素泊まり1泊5500円~。
(自分が泊まった時は3000円台位で安かったのだが、キャンペーン中だったのかもしれない)

御殿場線沿線の観光、あるいは沼津や三島・熱海などの観光の後、少し距離があるが安く宿をとるのにいいと思う。
(自分の場合は、1月末から咲き始める早桜「熱海桜」を見た後に泊まるのに使った。熱海からの交通費を足しても、熱海より安く泊まれた)

 日本一の早桜、熱海桜が見頃
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-371.html

帰省ラッシュのピーク中だった1月3日、東京までの帰りを18きっぷを使って普通列車で帰った時の話を。
(東北旅行で山形・宮城などを回った後だった)

この時期の新幹線は指定席・自由席共に満席に近いのが当たり前だが、普通列車は大混雑というほどではなかった感じ。

●仙台07:45-09:08福島
3d1ed3bb.jpg


4両くらいのロングシート車両で、仙台を出た時はほぼ席が埋まっていたが、白石付近では着席率は3割ほど。
終点の福島に着く直前でも乗車率は7割くらいで余裕を持って乗れた。

写真は白石の手前で撮影した蔵王連峰。
ロングシートだと基本的に車窓は撮影しづらいが、席が空いてると後ろを振り向きやすいので撮影できた。

●福島0937-1026郡山
e0220176.jpg


上記の福島まで来た車両が一部切り離され、引き続き郡山まで運行。
(3両くらいに減ったためか、発車時点でほぼ席は埋まり、その後も空席はあまり出なかった)

写真は雪の舞う福島駅ホーム。
桑折駅前後から雪がちらつき始め、福島を出てしばらくは吹雪に近い状態だった。
(電車が止まらなかったのは不幸中の幸い。18きっぷで乗っている時は運転見合わせリスクが増大)

●郡山1045-1147黒磯
2fca047f.jpg


黒磯までは3両くらいのボックスシートの車両。
写真の通り、郡山に到着後、すぐに乗り換えた時は空席が結構あった。
(窓の外に停車しているのはあいづライナーだと思う。485系のあいづライナーはもうじき廃止らしいが)

だが、郡山発車時点では着席率7割程度。
乗り継ぎ待ち時間が20分近くあるが、2人がけの席を単独で確保したい場合は先に座って待っていた方がいいだろう。
(正直、この区間は大抵ボトルネックになるので、1時間立ちっぱなしも覚悟していた。今年は正月休みが長く、帰省タイミングがある程度分散されたためだろうか)

●黒磯1209-1300宇都宮
P1570041.jpg

宇都宮までは5両くらいのロングシート車両。
宇都宮線にしては両数が少ない印象で、そのせいか発車時点でほぼ席は埋まった。

さらに黒磯の次の那須塩原でも新幹線からの乗り換え客が加わり、宇都宮まで常時乗車率9割くらいで、この日の行程で一番混んでいた感じだった。
(トイレを探して移動する親子連れがいたが、立ち客も多くて移動に一苦労していた様子。駅のトイレで済ましておくのが無難だろう)

一人旅なら問題ないが、2人以上の旅で一緒に座るなら、入線まで並んでいた方がいいかもしれない。
(とはいえ帰省の時期は列が乱れがちで、結局席の取り合いになるのだが)

●宇都宮1315-1457上野
765b6833.jpg


上野までは10両のロングシート車両。
さすがにここまで来れば、本数も両数も安定していて安心。

発車時点ではちらほら空席があったが、さすがに東京が近づくにつれて買い物客っぽい人が増え、乗車率8割前後で推移していた。
(大宮あたりがピークで、その後、埼京線や京浜東北線・高崎線など枝分かれするごとに車内が空いていく感じ)


18きっぷで普通列車を使い、これで所要時間は約7時間で2400円くらい。
(18きっぷは5回で11850円なので注意)

ほどほどの込み具合だったのと乗り換えのしやすさ(待ち時間20分は少々長すぎる感もあるが)、そして18きっぷの安さを考えれば個人的には満足な内容だった。
(帰省ラッシュのひどい時は、2区間くらい立ちっぱなしとなることもあったので)

これに対し、新幹線なら仙台→上野は2時間20分で10160円。
(やまびこ・自由席を利用した場合)

お金を払って時間を確実に浮かせたい方、運転見合わせリスクの低さ、乗り換えの手間が省けることを重視したい方は新幹線がいいだろう。

※18きっぷの利用期間は残り2日あまりとなったが、オークションに出てる切符の価格推移も気になるところ。
 (残り2日で4回分(8000円)って…団体様向け?)
青春18きっぷ4回分送料無料:楽オク中古品

青春18きっぷ4回分送料無料:楽オク中古品
価格:8,000円(税込、送料別)









このページのトップヘ