人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

2014年10月

今回は、過去に紹介した安宿から旅行した時の話を。

先日紹介した宿、岩手・新花巻「ケンジの宿」から、JR釜石線に乗って岩手・遠野の「カッパ淵」に行ってみた。

 安宿旅行記・岩手・新花巻「ケンジの宿」(1泊2900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1012480360.html

「カッパ淵」というと、20年近く前に放映された「超偉人伝説」で話題になった場所。
(その後「ナイトスクープ」などでも放送されていたようだが、個人的にはやはり「超偉人伝説」に出ていた河童を待つ老人のセリフ「土手の、土手の、どっどっどっど…」のインパクトが強い)


新花巻駅から遠野駅までは「JR快速はまゆり1号」で45分ほど。

「カッパ淵」へは、まず遠野駅からバスで15分の「足洗川」バス停へ。
そしてそこから歩いて10分ほどの「常堅寺」の裏手の森の中。
(バス停近くの和風テーマパーク「伝承園」からさらに先へ進むと看板がある)
P1280129

カッパ淵の入口に架かる木の橋「かっぱぶちばし」。
静かな森の中で周囲のひと気は少なく、いかにもカッパが出そうな雰囲気である。
P1280142

橋を渡り、小川に沿ってしばらく歩くと、(放送時の映像で)河童を待つ老人が座っていた木のベンチがあった。
(ここに来た観光客に「おぬーさんはどづらから?(お兄さんはどちらから?)」と話しかけていた姿が懐かしい)
P1280146

ベンチのすぐそばに小さなお堂が建てられている。
中にはカッパの人形などが鎮座している中、なんとあのご老人の写真も飾られていた。
P1280154

思わず合掌。
(できれば生前にお会いしたかったが…)

さらに、お堂の裏手には釣竿が垂らされ、エサにキュウリが付けられていた。
いつかカッパがこれに食いつく日は来るのか…。
P1280152

(超偉人伝説でご老人の食事風景が流れて、キュウリを食べながら突然「ちゅーり!」と言うシーンを思い出す。
 録画して何度も見返していた番組のせいか、セリフの一言一句まで結構覚えているものだ)

地元の方から昔話を聞いたり、当時の雰囲気を残す住宅が見られる「伝承園」などを見るついでに、行ってみてはどうだろうか。

今回は、東北新幹線とJR釜石線が停まる新花巻駅に近い「ケンジの宿」。
(花巻は宮沢賢治で有名なこともあり、そこから宿の名をとったのだろうか)

新花巻駅から歩いて10分前後の、田園や住宅がちらほら並ぶ場所にある。
周囲の自然と調和したコテージを思わせるお洒落な外観。
P1280007

客室は木の香りがする木目調の壁で、鏡台、テレビ台、そして写真にはないがベッドやミニテーブルも木製と、山小屋のようないい雰囲気を演出。
P1270222

窓からの風景はこんな感じ。
駅からホテルまでの道に派手なネオンなどはなく、晴れていればきれいな星空を拝めるだろう。

バストイレは共同だが、入浴時は時間制で貸し切りにでき、気兼ねなく一人ゆっくりと広い湯船を独り占めできるのがよい。
(ヒノキ風呂のような造りで、木の香りで気分が落ち着く中でゆったりと浸かれる)

これで素泊まり1泊2900円~。
(朝食つきプランも3400円~あり)

宮沢賢治関連の名所が多い花巻や新花巻周辺のスポット、また、民話で有名な遠野や三陸鉄道南リアス線が通る釜石などにJR釜石線で行けるので、その際の宿にいいかと思う。
(釜石駅にとまっていた三陸鉄道南リアス線車両。ウニの絵が特徴的)
P1270189

なお、ホテルから歩いて数分のところにコンビニがあるが、その手前の歩道沿いにこんな人形が。
(宮沢賢治にちなみ、「銀河鉄道の夜」のアニメ版で出てきたネコと思われる)
P1280011

今回は、長野駅の市街地中心部にほど近い場所にある「ホテル日興」。

(大通りから1本裏通りに入った奥まった場所にある)
P1240190

ホテルの隣にはスナックの集まった建物があり、「フラワースナック・あっこ」「きく」「ママ」「みどり会館」など長く営業してそうな店が並ぶ。
P1250003

客室はバストイレ完備で冷蔵庫やエアコンなど一通りの設備が揃い、いかにもビジネスホテル風。
(長野市役所の近くで、そちらに用のある客をあてこんだのだろう)
P1240192

ベッド脇の小さなデジタル表示のアラームがついた台など、ちょっと古めかしいホテルっぽい設備もあるが、部屋やユニットバスの清掃はきれいで、概ね快適に過ごせた。
P1250026

これで素泊まり1泊3600円~。
(素泊まりの他、朝食つきや、夕食・朝食2食つきのプランもある)

長野電鉄の市役所前駅がすぐ近くな他、JR長野駅まで歩いて10分位なので、善光寺などの市内観光や長野電鉄沿線の観光ついでに安い宿を利用したい方にいいかと思う。

ちなみに自分は、直江津から信越本線に乗った後にここで1泊し、翌日は飯山線方面へ向かった。
(信越本線の途中、二本木駅にあった「スイッチバック式の駅」の看板。北陸新幹線が開通してこの区間が第3セクター移行後、ここはどうなるか…)
P1240131

今回は、岩手県・水沢駅のすぐ前にある「水沢グリーンホテル」。

駅を出ると、ホテル名の通り、緑色に白字で「グリーンホテル」と書かれた看板が見える。
P1280262

ホテルの隣の居酒屋らしい「いろはにほへと」の看板の方が目立ってるが、昔はこのホテルが駅前で一番高い建物だったのかもしれない。
(これも時代の流れか)

客室はバスのある部屋とない部屋があり、今回はバスなしの部屋に宿泊。
(バスありだと500円高くなって4600円~になる)

内装はやや古めだが、冷蔵庫やエアコンなど一通りの設備が揃っている。
(駅前でビルが隣接しているため、窓の外は隣のビルの壁なのは止むを得まい)
P1280276

また、バスはないもののトイレと洗面台は客室内に完備されてるので、風呂に入る時以外は普通のビジネスホテルの感覚で泊まれる。
(とはいえユニットバスと違い、同じ客室の中に蛇口があると微妙な違和感はある)
P1280279

それと、特別プラン(楽天トラベル限定らしい)だと、飲み物やパン、カップ麺がサービスで付くので、夜食・朝食代わりにちょうどいい。
(トップバリューのラーメンにヤマザキパン、そしてブランド不明なオレンジジュースという組合せ…原価いくらだろうか)
P1280277

なお、バスなしのため風呂は共同浴場を使うが、これがちょっと狭め。
(洗い場のカラン2つに浴槽は2人入るのがやっと)

ただ、個室のシャワールームもあるようなので、混んでる時はこちらを選べば問題ないだろう。
(エレベーターにあった貼り紙。フロントでは麦茶や氷などもサービスしてくれたりと、古めのホテルながら気がきいてる)
P1290005

これで素泊まり1泊4100円~。
このシリーズにしてはやや高めの値段だが、駅のすぐ前なので18きっぷや北海道&東日本パス等で東京~東北を移動・観光する際の中継地点などに使うのにいいかと思う。

 北海道&東日本パスで関東から北海道へ・ルート例
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

(本当は東北本線から陸羽東線での移動を考えていたので一ノ関の方が良かったが、一ノ関に手ごろなホテルの空室がなかった)

なお、水沢の名所というと競馬場くらいしか思いつかなかったが、幕末の偉人・高野長英(歴史の授業で名前だけ聞き覚えがある程度)誕生の地が近いということで、駅付近を歩くと展示コーナーなどがあった。
(駅前商店街は全般的にシャッターを閉めた店が多かったのが残念)
P1280268

このページのトップヘ