人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

2014年06月

自分が旅行で使った、安いホテルの宿泊レポートシリーズ。
(青春18きっぷシーズンが近いので、参考になればと思う)

今回は名古屋駅の西口近くにある「ビジネスホテルオイセ」。

三大都市圏の駅の近くでありながら、派手なビルの並ぶ東口と違い、西口は少し駅を離れると古い商店街や住宅街が広がり、雰囲気がガラリと変わる。
(ホテルの窓からの景色。駅から歩いて10分ほどなのに、住宅街に阻まれてビル街が遠く感じる)
P1080001.jpg

ホテルの場所は、名古屋駅西口(太閤通口ともいう)から歩いて10分ほどの住宅街の真っ只中。

バストイレ共同で、客室はベッドや冷蔵庫、テレビ、エアコンがあるだけのシンプルな部屋。
824444e6.jpg


浴場は1人用の家族風呂だが、シャワールームもあり、お好みに合わせて入れるのは良い。

なお、共有の洗面所・トイレは客室の並ぶ廊下に剥き出しとなっていて、音がけっこう丸聞こえ。
(ドヤ街の宿もこういうつくりで、慣れていたのでさほど気にならなかったが、気になる方は注意)
d7788d35.jpg


なお、いかにも住宅街らしく、気のきいた飲食店やコンビニまでは少し歩くので、名古屋駅の地下街などで食事をすませた方が無難。
(近くに古い商店街があるが、個人商店らしく夜8時くらいでスーパーなどは閉まってしまう)

これで素泊まりで1泊2200円。
名古屋観光、もしくは連泊して周辺観光の拠点にするなど、立地のよさを考えればかなりお得な方だと思う。

 名古屋市内・大須商店街を歩く
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
 大垣の桜(JRで名古屋から30分)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-410.html

先日記事にした上郡町に続き、今度は茨城県が地元の魅力を伝えるPRアニメを制作したらしい。

 あぐかる PLAY WITH IBARAKI
 http://playwith.ibaraki.jp/
 兵庫県・上郡町の偉人アニメ、観客がたった数人
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-445.html
 買取専門CPS


既にニコニコ動画で公開されていて、1話7分で、月2回のペースで1話ずつ、合わせて20話が公開予定とのこと。
(誰でも見れる場所に公開したのは正解だと思う)

 ニコニコ動画 あぐかる PLAY WITH IBARAKI編 第1話
 http://www.nicovideo.jp/watch/1402051701

公式サイトを見ると、元々「あぐかる」は名前(アグリカルチャーの略であぐかる?)通り農業がテーマらしく、その特別編という形で今回の茨城PR編が作られた模様。
(農業アニメというと、岐阜県が舞台の「のうりん」を思い出す)

 あぐかる 公式サイト
 http://puyukai.com/agukaru/

茨城のアニメといえば既に「ガルパン」の方が大きく話題になっているが、それに続けるか、今後も見ていきたい。

 「ガルパン」キャラが並ぶ大洗駅へ再訪(2013年11月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1072054352.html

今回は上の公式サイトを見て、アニメで取り上げられてるっぽい茨城名物の写真を上げてみる。

●水戸納豆
b02f253b.jpg

茨城名物といえば水戸納豆。
というわけで、水戸駅近くの立ち食いそば屋では、サイドメニューに「納豆(100円)」がある。
(写真右上。正直、その隣の「鳥から揚げ(50円)」の方が惹かれる)

味はというと、かけそばに盛られたネギと納豆を一緒に食べると意外と合い、あまり違和感なく食べることができた。
(納豆好きならいける味かもしれない)

また、水戸駅前には納豆像もある。
(詳細は以下記事を参照)
P1790120.jpg

 水戸駅前の納豆像&黄門様像
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

●(土浦)レンコン
土浦市はレンコン生産日本一らしい。
(写真は土浦駅の出口そばにあったさりげないアピール看板。
 さすがに「レンコン像」とかは作りづらいか)

なお、市内にはレンコンラーメンを出すラーメン屋もあり。

 土浦・福来軒(食べログ)
 http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080202/8003063/

厚切りのレンコンがよく煮えていて、こちらもなかなか。
(「レンコンラーメン屋」として、ゲーム「桃鉄」の物件にもなっている)

●真岡鐵道のSL
P1790084.jpg
茨城・下館駅~栃木・茂木駅間を走るSL車両。
(写真は駅ホームの古めかしい看板とアズキ色の客車)

アズキ色の客車の先頭にSL車両が連結されていて、もうもうと上がる黒煙やシュッシュッと大きく響く蒸気音など、現役時代を思わせるいい雰囲気が出ていた。

水戸納豆カレー(箱入) <茨城県> 【北海道から九州まで全国ご当地カレー】

新品価格
¥445から
(2014/6/11 11:31時点)



3月に全面開業した「あべのハルカス」の来客ペースが鈍化しているらしい。

 「あべのハルカス」全面開業から3カ月 勢い鈍化
 http://news.livedoor.com/article/detail/8912362/

展望台の開業時間を繰り上げるなどの施策を打つようで、夏休みの巻き返しに期待している模様。
(当日券の他、日時指定券もあるらしい)

 あべのハルカス展望台・6月1日から営業開始時刻を繰り上げます!
 http://www.abenoharukas-300.jp/observatory/news.php#news19

以前の記事で、阪堺線に乗ってあべのハルカスへ行くなど一度取り上げたが、その後何度かあべのハルカス近くへ行く機会があったので、その写真を上げてみる。

 ドヤ街宿の周辺観光(阪堺線ぶらり途中下車編)
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-341.html

●大阪環状線から見たハルカス
P1050012.jpg
大阪環状線で新今宮駅から天王寺駅へ行く途中であべのハルカスが目に入る。
(ホームへ入る直前、線路沿いのビルの隙間からくっきり全体が見える)

あべのハルカスの9階付近から大阪環状線を見下ろすと、線路との位置関係はこんな感じ。
(上下に延びる道路の下に線路が入っていく)
90c8da4d.jpg


●天王寺駅前から見たハルカス
P2760173.jpg
この角度だと、テトリスの最中(失敗?)という風にも見える。
(手前のL字型部分がテトリスのブロックに見えなくもないというか)

●新今宮駅前から見たハルカス
P2950012.jpg
ドヤ街でおなじみ、新今宮駅前の交差点から撮影。
日雇い労働者が多く泊まるドヤの建物の先にそびえ立つ巨体は、住む世界が違うように見えてどこかシュール。

(新今宮駅から天王寺駅はひと駅で、まっすぐ道路を進んだ先。
 歩いて行って、ドヤ街からハルカスへと徐々に街並みが変わっていく様子を見るのも面白い)

ちなみに東京スカイツリーも、そばを流れる十間川沿いに、浅草と反対方向に少し歩くと、昔ながらのトタン屋根や木造の下町っぽい建物が残っている。
P2280124.jpg

工場作業員が日本一高いビルの展望階に行ってきましたー!! (工場作業員体験記)



自分が旅行で使った、安いホテルの宿泊レポートシリーズ。

今回は富士五湖の1つ・山中湖畔にある「ホトリニテ」

場所は、富士急行・富士山駅からバスで20分ほどの山中湖沿い。
(木々に包まれた中で、気分はまさに童謡の「♪静かな湖畔の森の陰から~」である)

客室からも、すぐそばに静かな山中湖が木々越しによく見える最高の眺め。
(日の出の時間は、このようにちょっと幻想的な感じに)
b3efe395.jpg


たたずまいは和風の民宿という感じで、部屋はこんな感じの落ち着く畳部屋。
布団の出し入れはセルフサービスだが、自分の別荘にでもいる気分になれるので、そこがまたよし。
NEC_0054.jpg

なお、和風旅館っぽくバストイレ・洗面所は共用。
きれいにリフォームされていて快適だった。

また、無料で自転車が借りれるので、気軽に湖沿いでのサイクリングも楽しめる。
(朝のすがすがしい空気の中、すぐそばの山中湖へ)
P2700005.jpg

宿の前に出ると、すぐそばには富士山が。
きれいに富士山が湖面に映る「逆さ富士」スポットにもレンタサイクルですぐに行ける。
P2700009.jpg

歩いて数分でセブンイレブンがあるので、素泊まりでも問題なし。
(山梨限定?「吉田のうどん」カップラーメンがあった)
P2700002.jpg

これで素泊まり1泊3000円位。
富士急行・富士山駅からのバス移動に時間がかかるのがネックだが、富士山の絶景や名所(テディベアミュージアムなど)を楽しめる山中湖畔というロケーションを考えれば、お得感は十二分にあると思う。

このページのトップヘ