人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

2013年09月

昨日パ・リーグ優勝を決めた楽天ゴールデンイーグルス、そして星野監督に縁のスポットなどの写真をあげてみる。

●仙台七夕の楽天ゴールデンイーグルス
球団創設の2005年の仙台七夕の飾り。
発足時から今までずっと、地元宮城や東北地方の温かい声援に支えられていたと思う。
raku-tana.jpg

また、当時は初年度ということでタイアップ商品も多く、「UCC・楽天缶コーヒー」や「楽天イーグル酢」なるものも出ていた。
raku-ucc.jpg raku-su.jpg

●星野仙一記念館(倉敷)
倉敷駅から近い「倉敷美観地区」内にある。
館の入口にあったこの座右の銘は、某レスラーの「迷わず行けよ 行けば分かるさ」の一句を思い出す。
(悩む前にやってみろ、というのは成功者共通のマインドなのかもしれないが)
NEC_0051_20130927204659f4e.jpg

●仙台クリネックススタジアム(その後楽天koboスタジアム、楽天生命パーク宮城などに名称変更)
仙台駅から歩いて15分ほどで到着。
もしくは仙石線に乗り換えて、宮城野原駅(駅ホームのメロディが楽天の応援歌。
「♪ら~くてん、ら~くてん、イーグル~ス」)で降りてすぐそば。
NEC_0040_20130927204753226.jpg

試合のない時でも、選手のサイン入り巨大ボールや、地面に埋め込まれたベース・ピッチャーマウンド(過去に使われていたもの)等を見られる。
NEC_0039_20130927204755b8c.jpg NEC_0037_20130927204756e43.jpg

発足当初は「フルキャストスタジアム」とも言われていたのも懐かしい。
(名前が変わったのは某社の日雇い派遣ピンハネ問題の煽りだったか…)

●甲子園球場(隣の神社)
先日の「ドヤ街の旅」でも出したが、甲子園球場そばの神社に、バットとボールで作られた星野監督の「夢」サイン入り石碑がある。
今改めてみると、達筆のこの一文字「夢」に監督の思いの全てが凝縮されているようで、なんとも男らしい。
NEC_0016_20130824114551880.jpg

優勝セール開催中なので、買いたい物のある方はお早めに。
(月末なので、期間限定ポイントのある方も)


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」(「俺妹」)のラッピング車両が今月末で終了らしい。
(もともと6/30までだったが、延長されていた)

一部ファンの迷惑行為がニュースになったのが気になっていたので、沿線観光ついでに車両を見に行ってみた。

 関連ニュース:俺妹モノレール、アナウンス録音客が「うるさい、黙れ」
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1306/28/news059.html

枚数限定の1日乗車券(フリーきっぷ)は窓口で買える(1日券は600円)。
券売機では買えないので注意。
(券売機が苦手なご老人が窓口で1日券を頼んだ場合も、この萌え絵のきっぷを渡すのかと思うと、ちょっとシュール)

 フリーきっぷ 千葉モノレール
 http://chiba-monorail.co.jp/index.php/ryoukin/free/


なお、フリーきっぷの特典に特製の沿線マップがあるが、1日券を買う時にマップをくれと言わないともらえない模様。
(「1日券」とだけ言ったらフリーきっぷしかもらえなかったので、欲しい方は注意)
9f6c0b52.jpg


 ※ちなみに千葉駅から終点の千城台駅までは片道450円。
  往復するだけで1日券の元が取れるという激安価格である。
  (この安さ、岳南鉄道の1日乗車券を思い出す)

この日は土日で乗客が多くなると思ったので、座るために、折り返し始発駅となる千葉みなと駅へ。
しばらく待つと、ほぼ定刻に、「俺妹」車両が到着。
外観(ヘッドマークも差し替えられている)、そして内装(広告やドア注意のステッカーまで)も「俺妹」一色でなんか楽しげ。
7e7df91c.jpg
7ea59fc7.jpg


なお、ラッピング車両は1台だけらしく、千城台駅~千葉みなと駅を片道30分で往復している模様。
(運転予定は公式サイトで確認可能。メンテナンスで走らない日もあるほか、車両が来ないと最悪1時間近く待つことになるので、時刻を確認しておいた方がいいだろう)
 http://chiba-monorail.co.jp/index.php/info-timetable/oreimo-time/

折り返しの車両に乗りっぱなしの人もいたせいか、着席率7割くらいで千葉みなと駅を出発。
「次は~市役所前~」の声が登場キャラの声になっていて華やかな感じに。
(上記リンク先の説明によると、アナウンスが登場キャラの声になるのは昼間の時間帯だけらしいので注意)



予想通り、千葉駅でスポーツセンターや動物園(立つレッサーパンダ・フータくんがいるので有名)行きの客が乗り込み、ほぼ満員に。
しばらくの間、家族連れが多い中、登場キャラの萌え声アナウンスが粛々と流れていた。
(上記サイトにもある通り、乗車マナー注意が徹底されたせいか、特に波乱はなし)

30分ほどで終点の千城台駅に到着。
折り返しで発車するまでの時間も車両を撮影する人が多い。
(階段を降りて反対側のホームへ行くと、人がいないので結構落ち着いて写真を撮れる)
絵柄は車両の右側・左側で異なっている。
dc1c27e7.jpg
438f2630.jpg


天井の広告、つり革、優先席の案内表示も「俺妹」と見事な徹底ぶり。
(近隣のお店をオススメ店として紹介している模様)
(右画像)そして、なぜかいる「超電磁砲」。(電撃つながり?)
dec32604.jpg
6e88e2d6.jpg


最後に、ついでに沿線観光の写真(どっちがついでだか)。

千葉公園駅そばの千葉公園。
そばをモノレールが通る中、静かな池(貸しボートあり)沿いの遊歩道や、鉄道連隊の訓練場跡(トンネルや橋げたなど)が見もの。
少し歩くと、同じ敷地内に競輪場もある。
5f423ac8.jpg


千葉みなと駅から歩いて15分ほどの海浜公園(ポートタワー展望台もある)。
高くなった感じの空と涼しい海風に、夏の終わりを感じる。
コンビナートの見える海沿いを歩くと、ここが地理で習った「京葉工業地帯」なんだと実感。
0685d5c3.jpg


県庁前駅から歩いて10分ほどで着く千葉城。
城の中にある郷土博物館と展望台がセットで入場料60円は安すぎ。
(さっき歩いてきた海浜公園方面の海も見渡せるが、フェンス越しなのがちょっと残念)
P2520128.jpg

ラッピング車両は9月末までとのことなので、興味のある方はお早めに。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥4,940から
(2013/9/25 11:46時点)



人気ドラマ「半沢直樹」の前半(第1~5話)は大阪が舞台で、関西のロケ地が人気らしい。

 半沢直樹:関西ロケ地じわり人気
 http://mainichi.jp/select/news/20130821k0000e040254000c.html

ということで、昨年とかにロケ地の周辺を訪れていた写真をあげてみる(だから「先回り」)。
(過去に行った場所がドラマに出るのも、ドラマを見た後にロケ地巡りで行くのと同じようにちょっと楽しいものがある)

●東京中央銀行本店(東京日本橋・三井本館)
東京メトロ三越前駅の出口そば、三越本店の隣。
(隣には日銀もあり、古さでは負けていない)
ギリシャの神殿を思わせるいかにも明治の銀行という感じの建物で、柱や屋根の装飾は歴史を感じるものがある。
(この外見なのに中身は普通の銀行でATMなども使えるのが新鮮)
b28fe4d7.jpg
681d0066.jpg


日曜劇場 半沢直樹 クリアファイル (東京中央銀行.Ver)

新品価格
¥420から
(2013/9/13 11:26時点)




●半沢直樹が聞き取りを受ける会議室(東京神田・学士会館)
皇居のお堀沿いや竹橋付近から神保町方面に数分歩いたところにある。
会館そばの歩道上には地球っぽいデザインの野球ボールを大きな手が握った巨大オブジェがあり、インパクト十分。
また、漫画家の寄せ書きが公開されている「小学館ビル」、その隣の「集英社」にも近い。
da4f6a7b.jpg
f823ab08.jpg


●物思いにふける銀行の屋上(大阪・梅田スカイビル 空中庭園展望台)
先日の「ドヤ街からの旅」でも出たビルで、大阪駅から歩いて10分ほど。
屋上が円形の周遊通路で、360度、大阪の景色を展望できる。

 【後編】ドヤ街からの大阪市内観光(大阪周遊パス)
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-263.html

b004baba.jpg
f6753041.jpg


●社宅のバックに写る塔、電話をかけていた駅前(大阪・太陽の塔/万博記念公園駅)
こちらも先日の「ドヤ街からの旅」でも出た公園で、大阪モノレールで行ける。
太陽の塔は間近で見ると巨大で、万博の余韻を感じる。
(顔が2つあると魔界村の敵キャラを思わせる。あるいは「さんまの名探偵」にも出ていたなと)
公園沿いに高速道路が走っていて、駅からは歩道橋を渡って公園に入る。
(右写真)万博記念公園駅自体は地味だが、こんな生首が置かれていたりと、なんか意味不明。
NEC_0031_201309131038344ae.jpg 20111118 1200

万博記念公園は紅葉の名所なので、晩秋の頃に訪れるといいだろう。
(太陽の塔の背中とパビリオン跡)
88c35b26.jpg




 
 

このページのトップヘ