格安ホテルに泊まった翌朝、(現地住民の気分で)宿の周辺をぶらりと散歩した思い出の振り返り企画。

 前回:早朝散歩風景で振り返る格安ホテル(5)(熱海「ファンシービジネスホテル」)

今回は鹿児島・天文館の繁華街近く「ビジネスホテルオリエンタルいづろ」に泊まった日の朝。
(ホテルの詳細は以下。行ったのは2016年2月)

 安宿旅行記・鹿児島「ビジネスホテルオリエンタルいづろ」(1泊3000円~)
 ビジネスホテル オリエンタルいづろ 地図・アクセス
※海が近いので日の出の桜島を見にいったり。
P1260024


※青春18きっぷで鹿児島や熊本などを鉄道旅行した時だった。
 
 LCCと18きっぷで行く九州の旅(熊本移動編・後編(人吉駅周辺の観光))



例によって、朝6時半頃に目が覚めたので早速外へ出て散策。
(前回の熱海と同様、海のそばで泊まったんだから日の出を見たいとちょっとテンションが上がっていた。客室が小さめのせいか、ベッドの隅に据え付けられた小さな棚の上に薄型テレビが乗っているシングル部屋)
P1260002

机上には、朝から移動開始のため、前日に鹿児島駅で購入した18きっぷ。
JR九州だと赤いケースに入れてくれるのがちょっと綺麗。
P1260005


さて、ホテルを出て、桜島の見える港やドルフィンポート方面へ向かう。
街灯のカバーがイカリのデザインなのが港っぽい。
P1260018

ドルフィンポートにて。
デッキの上から煙が少々吹き上がる桜島を拝む。
(少々雲が多く、朝日を綺麗に拝めなかったのが残念)
P1260024


続いて天文館の繁華街方面へ。
洋風なたたずまいのアーケードや山形屋デパートのそばを走り抜ける路面電車という組み合わせが面白い。
P1260037

「旅の疲れに南国の香りを!」という自販機コーナー。
ただご当地ジュースはあまり並んでなかった感じ。
(「南国の香り」はタバコの香りも含まれるのだろうか)
P1260053

鹿児島といえば「さつま揚げ」ってことでご当地っぽい看板。
(徳永屋本店)
P1260062

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さつまあげ特選セット 送料無料 徳永屋
価格:5940円(税込、送料無料) (2022/1/15時点)





その近くの千石郵便局。
マイアミと姉妹都市ってことでイルカがあしらわれた楽しげなデザイン。
P1260065

天文館のアーケード内へ。ドームのデザインが華やかでプラネタリウムっぽい。
P1260077

理容器具の専門店らしい「バリカン堂」。
「クールグリース スパイキー」
「最高級いろは毛抜き」
「ふしぎな馬油あります」
など、業界人ならわかるような売り文句が並ぶ。
P1260079

商店街の片隅にあった「愛の一円塔」。
お買い物で余ったおつりの一円玉はこちらに募金ということだろうか。
(いまや両替にも手数料を取られる上、電子マネーでおつりも出づらい世の中だが…)
P1260081

ホテルのある「いづろ通」の由来になった石燈籠にちなんだ「縁結び石灯ろう」。
(坂本龍馬夫妻がここから新婚旅行に旅立ったということで、顔出し看板が設置されていた)
P1250123

天文館のアーケードを抜けてホテル方面へ戻る。
「南国特産」という「ボンタンアメ」の看板が鹿児島らしい。
P1250125





部屋に戻るとすっかり日も明けた頃。
窓の外で「フマキラー」の看板がなぜか目立つ。
P1260084



にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ



といったところで以上。

今度は砂風呂が有名な指宿へ行くついでにまた訪れてみたい。