今回は旅行先で入った飲食店のレポートを。

 前回:旅先で孤独にグルメの記録(13)・愛知・瀬戸焼きそば(尾張瀬戸駅・ぱんだ家)

※鳥唐揚げと蕎麦って食べてみるとなんでこんなに相性が良いのか不思議。
kofu_marumasa_sanzoku_soba



今回行ってきたのは、JR甲府駅のすぐ近くにある「丸政・甲府駅南口店」。

 丸政そば 甲府駅南口店 - 甲府(立ち食いそば) - 食べログ

(行ったのは2019/11下旬。甲府駅周辺の観光(詳細以下)ついでの食事にと入った。この日の宿が素泊まりホテルだったため、手軽に名物やご当地食材を味わえる飲食店やスーパーが頼りになる)

 安宿旅行記・山梨・甲府駅「ビジネスホテルあづま」(1泊3900円)
 安宿からの旅・山梨・昇仙峡の紅葉巡り(2019/11)(1/2)


お店があるのはJR甲府駅の南口を出てすぐそばの駅前通り沿い。
「丸政名物・山賊そば」という大きなポスターに惹かれて入った。
DSC_0077


※お店を運営しているのは人気駅弁「元気甲斐」も販売しているグループ。
 公式サイトによると、「山賊そば(山賊焼き)」の名前の由来は「山賊=取り上げる=鶏揚げる」とのこと。

 (公式)驛前そば、駅前そば 丸政


平日の19時頃で夕飯時だったが、立ち食いカウンター席だけのお店のせいか先客は1,2人ほど。
(さすがに立ち食いで混雑だったら見送っていたところだが…カウンター下には食材などのケースが積みあがってたりと質素な店構え)
kofu_marumasa

ちなみにお店の入口近くには「甲府駅南口店限定・ネギ盛り放題実施中!」や、
「お得なモーニングセット」「お得なディナーセット」など魅力あるメニューが多くてちょっと誘惑される。
(かけそば+カレー丼で580円、中華丼や生姜焼きなら630円など)
kofu_marumasa_menu


セルフ式なので立ち食いカウンター席を確保(カウンターに荷物を置くだけ)したところで、お店の奥の注文カウンターへ。
どうやら「山賊そば」というメニューはなく、かけそばのトッピングの形で「山賊焼き」を注文する形式らしい。

数分待って料理ができたと呼ばれたので、自分で取りに行く。
(ネギ入りのケースが近くにあるので、ネギのほしい方はここから自分でネギを盛る)


山賊焼きは大きな鳥唐揚げのような感じ。
(蕎麦に乗っかった姿は一部で有名な駅そば「我孫子駅のからあげそば」を思わせる)
kofu_marumasa_sanzoku_soba

生姜・醤油での味付けがほどよい辛さのツユとの相性抜群で、肉厚でボリュームもあって満足度が高かった。

ちなみに、「豚バラ軟骨そば(450円)」など意欲的なメニューもある模様。
また甲府に来る機会があれば食べてみたい。
kofu_marumasa_menu2



にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

先日紹介の「ほうとう」ほどではないが、甲州(甲府に長野も含む?)のご当地料理・山賊焼きが手軽に味わえるということで、蕎麦好きな方なら試してみてもいいかと思う。
(なお、甲府駅の北口にもお店があるそうで、こちらはイス席もあるので若干入りやすい雰囲気かと思う)