今回も先日(以下記事)に引き続き、以前紹介した格安ホテルの未公開の写真を見ながら当時の思い出を適当に綴ってみようと思う。
(「Go To Travelキャンペーン」とやらは安宿を使うのにも恩恵があるのかなと気になるところ。「最大」半額というのが肝で罠か…)

 安宿旅行記・宿の写真で振り返る格安ホテルの思い出など(7)


●大阪・西成の中心にリゾート地のようなテラス
JR新今宮駅を出てすぐそば、駅前通り沿いにある「ホテル新今宮」にて。

白い木の柵に囲まれた中、オシャレなウッドチェアや白いイス、観葉植物が並ぶリゾート地っぽいテラススペースがホテル前に広がっていて別世界を思わせるが、ここは言わずと知れた大阪・西成の中心地。
P2470050

すぐそばにはパチ屋のような派手な電飾が夜でも目立つ「スーパー玉出」があったり…
(安宿旅行には欠かせない激安惣菜多数。以下詳細)

 大阪西成探訪・スーパー玉出(天下茶屋店)で朝の買出し(2017/12)

P2470049

ビルの壁には「大阪侍」という謎の落書きがあったりと不思議な雰囲気で、リゾートから一瞬で現実(西成)に引き戻される。
P2470052


●廊下の幅ピッタリ幅のドア
JR名古屋駅近くの「ニュー松竹梅ホテル」にて。

 安宿旅行記・愛知・名古屋「ニュー松竹梅ホテル」(1泊2550円~)

客室も館内も全般的に省スペースな構造なのだが、廊下の幅がドア(このドアも部屋のドアというよりはロッカーのドア並みに狭いのだが)と同じで、法的(消防法とか)にセーフなのかと不安になるほどである。
IMG_nagoya_hotel_new_syochikubai


●テレビジャックだけが残った部屋
JR岐阜駅近くの「ウィークリー翔 岐阜駅南」にて。

 安宿旅行記・岐阜「ウィークリー翔 岐阜駅南」(1泊2050円~)

ここは低価格ホテルで最近よく目に付くようになった「テレビなし」の宿。
(地デジ対応の設備更新費用がないケースや、某ビジホへの受信料の請求訴訟があった例なども影響しているのかもしれない。テレビ自体はスマホのワンセグで見ればいいのだが)

テレビが撤去されても、壁のテレビジャックは残ったままで壁の不自然なアクセントになってるというのがなんとも物寂しい。
(そのうちテレビジャックを知らない世代というのも出てくるのだろうか…)
IMG_gifu_hotel_weekly_syo


●鉄道むすめに続け?「温泉むすめ」
山梨・石和温泉駅近くの「ホテル花いさわ」にて。

草津や熱海(以下詳細)には及ばないがここも知る人ぞ知る全国有数の温泉地ということで、温泉地に女子キャラを割り当てた「温泉むすめ」の立て看板を発見。
(鉄道むすめみたいなものだろうか)

 安宿からの旅・草津温泉とついでに群馬をぶらり旅(2016/08)(3/3)
 安宿からの旅・1月から春気分・熱海桜などを見に熱海へ(後編)

石和温泉はメガネっ子の「石和 紅」というらしい。
(ネクタイの下の部分がブドウっぽいデザインなのがご当地山梨風?)
IMG_isawa_onsen_musume