途中下車旅行記シリーズ、6回目は東海道線・神奈川の真鶴駅。

 (前回)18きっぷ途中下車旅行記(5)・JR足利駅(20分・2013/01)

この時は熱海の早桜・熱海桜が見ごろと聞いて見に行ったのだが、この辺りは電車本数が10分に1本とだいぶ多いのと時間に余裕があったので、適当に寄り道しようということで降りてみた次第。
(日本一(?)早い桜ってことでよほど気に入ったのか、熱海桜はその後もう一度行っている(以下詳細))

 安宿からの旅・早桜「熱海桜」などを見に熱海へ(2017/01・前編)


●駅舎の屋根の虹と海(0:00)
真鶴駅のホームに降り立った直後に撮影。
ちょっと色あせた年代物だが、駅舎の屋根に水平線に浮かぶ島や虹、入道雲などが描かれていて海の町らしかった。
(駅舎と線路の間にはヤシの木も植えられていて海の町らしさを演出)
P1940038


●兄弟っぽい飛び出し看板(0:03)
駅前のロータリーから駅前通りへ出る付近にあった飛び出し看板。
「とびだしちゅうい」という女の子と…
P1940040

「あぶないよ」という男の子でワンセットという感じ。兄妹かもしれない。
(この頃は話のネタにしやすいかなと珍百景的なものを好んで撮影していた気がする)
P1940041


●真鶴駅・駅前ロータリーを俯瞰で撮影(0:04)
近くに跨線橋があったので、とりあえず登ってみる。
(海岸までは歩いて15分くらいかかるらしく、ちょっと遠いので諦めた)

駅前ロータリーの左手には黒いタクシー、右手には路線バス(ライオンズマークが見える)が並んでいるが、平日の朝らしく人は少なめだった。
また、遠くにはうっすら水平線が見えるのも開放感があって良い風景。
P1940042


●横から見た駅舎と線路(0:05)
ついでに駅舎と線路も撮影。
最初に見た駅舎の屋根アートはホーム側だけで、外側からは普通の駅舎っぽい通常の屋根というのが面白いつくり。
P1940043


●駅前ロータリーの大鍋(0:06)
駅前のロータリーには松や梅などが並ぶ横にフタが閉じられた大鍋が置いてある。
ぐぐったところ、これは源頼朝ゆかりの大鍋とのこと。
(「源頼朝旗揚げフェスティバル」にてこの大鍋で汁を作って観光客にふるまったらしい)

黒い鍋蓋の上に白いものが見えるが、近くにあった梅の花弁と思われる。
P1940044


●真鶴駅・駅舎正面(0:07)
大鍋を見た後、最後に思い出したかのように、真鶴駅の駅舎を正面から撮影。
白い壁に赤茶色(昔はオレンジ色だった?)の屋根、シンプルなフォントで書かれた「真鶴駅 MANADURU STATION」の看板など昭和の頃から変わらない雰囲気。
(駅の右側の「NEWDAYS」だけは平成か)
P1940045


●ホームにて次の列車へ(0:10)
ということで、ちょうど次の列車が来る時間だったのでさっさと駅のホームへ。
(今ならもう少し駅前の商店街とかスーパーなどを巡ったりするところだが、この頃はそこまでは貪欲じゃなかった模様)
P1940046


意外とあっさりと終わっていたので、いずれまた熱海か修善寺あたりに旅行するついでに途中下車してみたいものである。

 次回:18きっぷ途中下車旅行記(7)・JR小淵沢駅(30分・2013/03)