途中下車旅行記シリーズ、3回目は黒磯駅。

 (前回)18きっぷ途中下車旅行記・JR大津駅(60分・2012/03)

関東から東北地方への旅行途中、黒磯駅特有の長い乗り継ぎ待ちに当たったので、しぶしぶ降りてみた。
(現状、東北本線移動(東京から仙台)の障害の駅ワースト2(ワースト1は新白河駅)だと思ってるが、この頃は新白河の乗継がないのでここが一番の難所だったと思う)

 青春18きっぷ で東北本線移動の障害・新白河駅で暇をつぶす方法を探す

●黒磯駅の駅前商店街に屋根があった頃(0:05)
たまたまこの日は駅前でお祭りをやっていたようで、商店街に露店などが並んでいた。
(それより個人的には、昔の商店街の定番である屋根付きの商店街だったのが懐かしい。今はきれいに屋根が撤去され、お店も少々減った)
NEC_0065

なにやら水が流れていて何をしているのかと近づくと、流しそうめんをやっていた模様。
(ハシゴの上から半分に割った青竹のレーンを通し、上から水とそうめんを流す。家庭用の流しそうめん機とは比べ物にならないスケール感がいい)


●踊りなどの演目も(0:07)
少し離れた駅前通りの向こう側では大人数での踊り行列(服装からして「よさこい」?)などもやっていて、普段の黒磯駅とは思えない賑やかさだった。
(一年で一番駅前に人が集まる時だったのかもしれない)
NEC_0069


●マスコットキャラ・モースケ(0:10)
踊りを横目に商店街を進むと見かけた看板。
「招き猫」ならぬ「まねきベコ」で、那須塩原産の乳牛と招き猫が合わさったゆるキャラの模様。

 栃木県/まねきベコ モースケ(那須塩原市)

NEC_0070


●明治屋の温泉饅頭で小休止(0:15)
一通り見た後、駅のそばの明治屋で温泉饅頭を食べ歩きして小休止。
(店先のイスに座って休めてよかった。向こう側には「たこ焼き」「氷」など定番の祭り屋台も見える)
NEC_0073


といったところで以上。

最近は黒磯駅から少々離れた昔からの市街地に新しいお店がぼちぼち建っていたりと、ちょっと賑やかだったりする模様。
なんとか途中下車でももう少し楽しめる駅になってほしいものである。

※なお、黒磯駅の駅スタンプは「那珂川河畔公園と那須岳」。
 バスで行ける温泉街(板室温泉)なんかもあるし、いずれ途中下車でなく観光で降りてみたいもの。
IMG_kuroiso_station_stamp