今回も先日(以下記事)に引き続き、以前紹介した格安ホテルの未公開(使いどころがなかっただけ、とも言う)の写真を見ながら当時の思い出を適当に綴ってみようと思う。

 安宿旅行記・宿の写真で振り返る格安ホテルの思い出など(3)

※カキ氷の無料サービスがある嬉しい宿もあった。
(多言語表記で外国人も歓迎?)
IMG_osaka_hotel_raizan_kakigori



●質素なホテルのかわいらしい看板
青森駅近くの「ホテルニュームラコシ」にて。

 安宿旅行記・青森駅前「ホテルニュームラコシ」(1泊2500円~)

xP2090008

和室・洋室がある質素なホテルなのだが、店先を見ると、黒板にチョークで手書きの看板と、毛糸の髪の毛を付けた手作り感満載のかわいらしい看板(「日替わり定食」などホテルの食堂のメニューを抱えていた)があり、ちょっとほほえましい感じだった。

「シングル 3600円」「ツイン 6500円」はいいとして、「2食付 6000円」はシングルの値段からすると微妙なお値段?
(「長期応相談」とあるのは航海か漁業の仕事の人向けかなと思うと、青森らしい感じがする。
なお、自分は北海道&東日本パスで北海道へ上陸する前日に中継地点として宿泊した)


●裸の熊にご用心?
岐阜駅近くの「ウィークリー翔岐阜駅南」にて。

 安宿旅行記・岐阜「 #ウィークリー翔 岐阜駅南」(1泊2050円~)

IMG_weekly_syo_gifu

1泊2000円ほどの超格安ホテルながら温泉湯を使った大浴場があるのが特徴なのだが、大浴場の貼紙の下には「裸で廊下の往来はご遠慮願います」の注意書きと一緒にパンツ一丁の熊のイラストが。
(北海道でおなじみの「熊出没注意」というわけではないと思うが、懐かしいテイストのイラスト)

浴室の利用可能時間にだいぶ男女差があるが、別に女性専用の個室シャワールームがあるのでご安心を。

また、超格安ホテルのためアメニティ等は別売りなのでその点はご注意を。
(西成のドヤ並みのお値段?)

 「ハブラシ20円」「石鹸100円」…ドヤ街宿のアメニティ販売


●これ1つで安心!西成ドヤ用アメニティセット
さて、そんな西成のビジネスホテル(という名のドヤ)の1つ、「ビジネスホテル福助」にあったのがこちら。

 安宿旅行記・大阪・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)

「トラベルセット」ということで、ハンドタオルやシャンプー類、カミソリ、ハブラシなどが揃って300円というお値段。
(手ぶらで泊まりに来た方には必須アイテム? 高いと思う方は普通の(って言い方もアレだけど)ホテルでもらったやつを持参するといいだろう)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_amenity


●モーニングサービスに加えて…
同じく、新今宮駅近くの「ビジネスホテル福助」にて。

 ビジネスホテル福助 地図・アクセス
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/43806/rtmap.html

館内の廊下に近くの喫茶店「白木屋」(居酒屋ではない)の広告が貼られていた。

左側のメニューを見ると、「珈琲」は普通の「コーヒー ¥300」からなのだが、
「ドリンク」は「バナナジュース ¥450」が筆頭なのが特徴的。
(その下には大阪が発祥らしい「ミックスジュース」もある)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_afternoon_service

そして右側。
午前中は「モーニングサービス」で「全ドリンクにトーストが付きます」と定番サービスがあるのだが、午後にも「アフタヌーンサービス」で「全ドリンクに小さなサンドイッチが付きます」とあったのが意外だった。
(大阪、あるいは西成ならではのアフタヌーン(夜勤などで起きるのが遅い人向け?)なのだろうか。今度行った時どの程度の小ささなのか確かめてみたい)


●味のあるホテル周辺手書きマップ
新今宮駅近くの「パークイン」にて。

 安宿旅行記・大阪環状線・新今宮駅「パークイン(PARK INN)」(1泊1400円~)

フロントの近くにホテル周辺の手書きの地図が貼られていて親切だったのだが、よく見ると全て英語という外国人仕様で、泊まる客層がはっきり現れていると思ったり。
(というか、この手の宿に常時泊まっている日本人は周辺の地理は熟知している西成のベテラン住民が多く、敢えて案内の必要はないということかもしれないが…。左上の「MAP」と書かれた雲がなんかカワイイ)
xP2500006

なお、店名が示されてない店もあるが、右上の「DiscountStore」は「ドンキホーテ」、中央下の「cheap Supermarket 24H」は「スーパー玉出」と思われる。
(左下の方に「LOWSON」とあるが、「LAWSON」のことだろう)


●お風呂の注意も4ヶ国語対応
また新今宮駅近くの「ビジネスホテル来山北館」にて。

ここも見るからに外国人客が多い宿(ラウンジで普通にアジア系や中東系の人が食事していたり。詳細以下記事)なのだが、それに合わせて大浴場に貼られていた注意書きにも日本語の他に英語・中国語・ハングル・アラビア語(?)が併記の五ヶ国語対応だった。
(よく見るとまず赤字で目立つように英語、その後に日本語・中国語・ハングル・アラビア語と続いて併記されていたが、これは利用客の比率に合わせたのかなと思うと興味深い)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2200円~)へ再び(2017/12)

なお、注意内容は絵で見て分かるとおり「下着は脱いでから入る」「浴槽で洗濯するな」など日本ではごく当たり前のことばかり。外国では通じない方もいる(というか意図的に破る輩もいる?)ので、トラブル防止のため細かく書いてるのだろう。
IMG_osaka_raizan_bath_info


●外国の皆様もカキ氷(無料サービス)を味わえる宿
同じく新今宮駅近くの「ビジネスホテル来山北館」にて。

 (参考)ビジネスホテル来山北館 地図・アクセス

ラウンジスペースの一角に「氷」と垂れ幕が出ていて、カキ氷(なんと無料サービス)をアピール。
(大浴場のそばなので風呂上りに味わえるのも嬉しい。「Shaved ice」など英語やハングル、アラビア語でも書いてて親切極まりない)

…なお、写真は12月のもの。
冬でもアイスは美味しいと言うが、梅雨明けの猛暑真っ盛りの今ならなお美味しいだろう。
IMG_osaka_hotel_raizan_kakigori

さらに、カキ氷にかけるシロップもこれだけ充実。
定番の「いちご」「ミゾレ」のほか、氷メロンや氷レモン(色からしてたぶん)、マンゴー(右奥のオレンジ色)などの変り種も揃っていた。
IMG_osaka_hotel_raizan_kakigori_flavor


にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ

といったところで以上。

青春18きっぷや北海道&東日本パスの時期ということで、また適当な安宿に泊まるのを主目的に安い旅に出てみたいこの頃である。
(今年は梅雨が長引いたため旅行をいつにするか決めかねているが…。梅雨空の下、雨が降ってても構わず東北へ旅立ってた頃が懐かしい)

 青春18きっぷで東海道横断・東京~名古屋で途中下車の思い出
 北東パスで行く松島・石巻・女川の旅(2016年7月)(後編)