公式サイトおよびツイッターの情報によると、銚子電鉄は脱線事故の復旧作業および試運転が完了し、本日(1/26)の外川発11時05分の列車から運行再開するとのこと。
(「社員の皆様、お疲れ様でした」とファンの1人として感謝の意を伝えたい)

 犬吠駅ツイッター
 http://twitter.com/choden_inubou
 公式サイト
 http://www.choshi-dentetsu.jp/
 銚子電鉄ブログ
 http://plaza.rakuten.co.jp/choshidentetsu/

今回は昨日に引き続き、銚子電鉄の駅の写真をかき集めてみた。

●犬吠駅
cb0490fe.jpg

レンガ造りっぽい白いアーチが、欧州のリゾート地を思わせるホーム。
(左の緑色の電車は、公式ツイッターに出ていた試運転列車と同型?)

5分ほど歩けば、海岸や犬吠埼、灯台は目の前。
d16c3940.jpg


●外川駅
e991116a.jpg

銚子電鉄の終着駅。
木造の柱や壁にトタン屋根という時代を感じさせてくれる外観、黒板のような時刻表、ランプなどを見ていると、時代を遡ったような錯覚さえ覚える。
bc7c7f3c.jpg


 ※なお、本銚子駅、西海鹿島駅は撮影できなかったため割愛。

ついでに、仲ノ町駅の駅舎内にあった、銚子電鉄の過去の車両カタログの写真。
fd3fd4f4.jpg

・1000形:元営団地下鉄の車両。
 「1001:桃鉄号」:平成17年度に経営危機を救うためにハドソンのご支援でラッピング。
 「1002:鉄子号」:小学館(「鉄子の旅」連載のIKKIを出版)のご支援で塗り替え。
  (オレンジは日の出、紺色は海、白は波を表すとのこと)

「1002:鉄子号」は以前の記事でも取り上げていた。

 銚子電鉄の「鉄子の旅」カラー車両(2009年撮影)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

なお、この時の銚子電鉄駅めぐりについては、↓を参考にした。
(本銚子駅、西海鹿島駅を含めた全駅の見どころ紹介、「鉄子号」の裏話などもあり)

鉄子の旅 プラス (IKKI COMIX)

中古価格
¥1から
(2014/1/26 11:16時点)