今回泊まったのは、JR岐阜駅の近くにある「ウィークリー翔岐阜駅南」。



いまや当ブログの常連となっている格安ホテルチェーン・ウィークリー翔(以下記事など)である。
(そういえば自分が最初にウィークリー翔を知ったのが同じ岐阜県内にある「ウィークリー翔岐阜羽島」だったのを思い出したり)

 (関連記事)安宿旅行記・富山「ウィークリー翔 ホテル富山」(1泊1900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011298696.html




場所は、JR岐阜駅の南口を出て駅前通りを直進し、途中で東側の路地に入った先。
駅から歩いて10分ほどとまあまあ近い好アクセス。
(路地への曲がり角には目印の看板があり親切。「天然温泉」という魅力の言葉も…)
xP1790007


今回泊まった部屋は一番安い「シングルエコノミー(洋室)」で、バストイレは共同。
客室は3.5畳くらいの部屋にベッド・エアコン・小さなテーブルがあるだけ(テレビはなし)という超・シンプルな部屋。
(以前紹介の大阪「ウィークリー翔ホテルなんば」と同程度と思われる)

 安宿旅行記・大阪「ウィークリー翔ホテルなんば」(1泊3000円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1063279377.html

xP1790072

このスペックだけを見ると、以前紹介した新今宮駅近くの簡易宿所っぽい感じ。
(「テレビが無し」という点ではドヤ街宿に負けている。どうしてもテレビのローカル番組を見たい方はワンセグ必須)

 (関連記事)安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 和香」(1泊1600円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1049468780.html

※テレビなしの部屋って今となっては結構レアな感じだが、アナログテレビからの設備更新の費用削減、NHK受信料の取立て強化などが一因だろうか…。


一応ホテルチェーンということで、床(洋室と言いつつ畳っぽい感触)もベッドも清潔感は十分。
(ベッドから天井を見上げるとこんな感じの見知らぬ天井。枕の真上にエアコンがあるのはどうも落ち着かない気も…)
IMG_weekly_syo_ceiling


ウィークリー翔の定番で、外壁や天井はコンクリート打ちっぱなし。
(以前紹介した「ウィークリー翔焼津」や、「ウィークリー翔岐阜羽島」なんかもそう)

 安宿旅行記・静岡「ウィークリー翔 焼津」(1泊1900円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011298692.html


廊下はこんな感じ。
同じ3畳の部屋が並んでいても、壁やドアの色合い、明るい照明などのおかげでドヤ街の宿とはかなり違った雰囲気になっている。
(館内はスリッパを履いて移動。ドアの前にスリッパが置いてあれば在室のサイン?)
IMG_weekly_syo_hall

写真右端、廊下の片隅に共用の洗面所がある。
(ポットも共有。「お静かに」の貼り紙がある通り、廊下や隣室の音が結構響くので注意)


他に電子レンジや冷蔵庫も共用。
(「冷蔵庫に入れる品物には、部屋番号を書くように」という会社の給湯室のような注意書きもあった。なお、上のランクの部屋だと個室内に冷蔵庫がある場合もあり)
IMG_weekly_syo_hall2


共用トイレは1フロアに2ヶ所の個室トイレ(細かい制御が可能なウォシュレット付トイレ。LIXIL製)があり、きれいで快適。
IMG_weekly_syo_restroom


共用バスは大浴場で、足を伸ばして入れるのがありがたい。
(ただ、男女別で時間が分かれているので注意。女性の方が利用可能時間が短い(18:30-20:30の2時間だけ)が、女性専用の個室シャワールームが別にあり、それでバランスをとっている模様)
IMG_weekly_syo_bath


大浴場のお湯は「いけだゆげ温泉」「つるすべとろりの湯」とある通り、普通のお湯とは違う柔らかい感触のお湯で、湯上り後も身体の火照りが保たれてていい感じ。
(24時間稼動してるので、早朝に目覚めてしまった時に軽く一風呂浴びて二度寝…なんて贅沢な時間も過ごせた)
xP1790002


入口の横では、ウィークリー翔創業者の著書と思われる低コスト実現などについての本が並んでいた。
(知らない間に著書が増えてる模様。それはともかく、その右には岐阜の観光パンフレットが並んでるのはありがたい)
xP1790001




これで素泊まりでシングル1泊2050円~。
(一番安い「シングルエコノミー」の場合。個室内にバストイレ付の部屋「シングルビジネス」や2人用和室などもある)




岐阜市内の観光で泊まりたい方にはもちろん、名古屋まで快速で30分ほどと近いので名古屋観光をしたいが名古屋での安い宿が取れなかった場合や、18きっぷ旅での移動途中の中継地点で泊まるのにもオススメかと思う。
(岐阜駅からは富山まで18きっぷで行く数少ないアクセス方法、高山本線も出ている)

 安宿からの旅・名古屋地下鉄一日乗車券でぶらつき旅(2017/03)(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1066798276.html
 安宿からの旅・18きっぷとJR高山線で飛騨高山へ(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064563730.html

※ただ、ウィークリー翔の定番だが、安さの実現のためコスト削減策を色々行っているので以下の留意点(一部)に注意。

・チェックイン時間が16時~20時(20:30という説明もあり)まで
・日曜はチェックインできない場合あり?
・アメニティ(ハブラシなど)は有料
 (他のホテルでもらったものをキープしておけば問題なし)
・部屋のゴミ捨てを自分で行う
 (チェックアウト前に共有スペースのゴミ箱に捨てればいい。カン・ペットボトルなど資源ゴミの分別程度)