先日(2017/04頃)、以前紹介した大阪・新今宮駅近くの「ビジネスホテル 喜久家」に再び泊まってきた時の話を。

 (前回宿泊時)安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1051969735.html


約1年ぶりくらいの利用だったが、外国人観光客が増えてる昨今でも比較的空室を取りやすく、お値段も据え置きでとても助かった。
(新今宮駅から宿へ向かう途中、前の方にを歩いてた外国人グループ。最近の西成は夜でもこんな感じで賑やか)
xIMG_20170405_185538

宿については前回とそれほど変わった点はなし。
(3畳の畳部屋にテレビと布団とエアコン。
 カーテンはなしで向かいのホテルの明かりが少し入ってしまうが、これが豆球代わり?)
xIMG_20170405_191541

他には小さな棚とゴミ箱があるくらい。
(マンションのようなドアなのもこの界隈の宿ならでは。周囲の似た価格の宿もほぼ同じようなつくり)

 (参考記事)安宿・大阪「ホテル はつね」(1泊1600円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1067532497.html

xIMG_20170405_191558

そしてこの日の食事は、安定の「スーパー玉出」で買ってきた「おにぎり(2個98円。タクアン付き)」と、大阪に来る前に立ち寄った鳥取で買った「遠藤のお子様パン」。
(素泊まり宿では旅の道中で買った品の消化を兼ねてこんな感じで食事に当てていく。荷物を増やさないスタイル)
xIMG_20170405_193251

翌朝はそそくさとチェックアウト。
窓からの風景が3年前とほぼ変わりないのが驚き。
(右の白黒のカタツムリの看板、向かい側の「やすらぎの館」などは一緒。街路樹が伐採されたかも)

 (3年前宿泊時)安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 喜久家」
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011746023.html

xIMG_20170406_062031

この界隈は安宿の並ぶホテル通り。
そして名物の「激安自販機」もたっぷり並んでいる。
(この自販機はそれほどでもない品揃え。お茶とコーヒーは50円が普通で年中叩き売り状態)

 (参考記事)1本30円~西成ドヤ街の激安自販機(2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/14855896.html

xP2400003


といったところで以上。

JR新今宮駅からほどほど近く(歩いて5分ほど)、値段も以前と変わらず据え置きの安さ(素泊まり1400円)で、寝るだけでよければ使いやすい部類のホテルに入ると思う。
(最新の宿泊プランを確認すると、「和室3畳 19型テレビ 冷蔵庫なし(1400円)」から「銭湯入浴券付チェックアウト午前10時30分(2500円)」まで様々なプランが追加されていた)

 ビジネスホテル 喜久家 宿泊プラン一覧【楽天トラベル】
 https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/105963

※宿を出て少し歩いて大通りに出るとあべのハルカスが見える。
 「西成住人」から「ただの観光客」に戻る境界線?

xP2400009