前編で、女川駅付近の商店街を見た続きから。

 北海道&東日本パスで行く松島・石巻・女川の旅(2016年7月)(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1065840015.html


●ダンボルギーニ
xP1680153

「シーパルピア女川」内に展示されていたダンボールで作られたランボルギーニ風のスポーツカー。
段ボールだけで作ったとは思えないクオリティの高さに驚き。
(表面のカクカクした感じを見てると、プレステ1の頃の初期のリッジレーサーなど、ローポリゴンのレースゲームを思わせる懐かしさも感じる)

 ダンボルギーニ 公式サイト
 http://damborghini.com/


●女川1324→1430小牛田
P1680155

女川はこれくらいにして、盛岡へ向かうべく石巻線・小牛田行の電車に乗る。
(マンホールはカモメのデザインだった)

日曜とはいえまだ昼下がりで、女川から帰るにはまだ早い中途半端な時間のためか、終始乗客は少なめなまま。
(小牛田が近づくとのどかな田園風景が車窓を占めるので、しばし仮眠…)
xP1680170


●小牛田1451→1539一ノ関1546→1625北上
xP1680183

小牛田からは東北本線に乗り換えて北上といつものルート。

(一ノ関で乗り換えた車両は平泉(中尊寺金色堂)を意識してか、金色っぽいカラーリングだった。
 あと、この時期はホームの軒下に多数の風鈴が下がっているのもこの沿線の名物?)
xP1680185

安定のロングシート車両でただただ乗るだけ。
…なので写真はなし。
(ロングシートで席が埋まった状態で座ってると車窓の撮影はほぼ不可能だし)


●北上駅
xP1680187

北上駅近くに気になるお店があったため、ここで途中下車。
(駅近くに目立った撮影ポイントがなかったのでとりあえず銅像と一緒に駅舎を撮影。平仮名でも「きたかみ駅」とあると、なんとなく青森駅を思い出す)

駅前の複合施設「おでんせプラザぐろーぶ」に行くと、北上の民俗芸能「鬼剣舞」の顔出し看板などがあった。
xP1680200

そして気になっていたここの地下のレトロゲームコーナーを見にいったのだが、クレーンゲーム専門店に様変わりしていたというオチ。
(謎の景品入りの1回10円のUFOキャッチャー「10円クレーン」などバラエティ豊かなクレーンが並んでいてこれはこれで楽しかったが…詳細は以下記事参照)

 珍ゲーセン巡り・岩手・北上駅前「おでんせプラザぐろーぶ」
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/67245838.html

xP1680192

駅へ戻ってまだ少し時間があったので、駅スタンプをチェック。
先ほどの「鬼剣舞」と「SL銀河」にちなんだデザインの2種類のスタンプがあった。
xP1680218

●北上1711→1804盛岡
xP1680220

あとは再び東北本線で盛岡まで北上。
盛岡駅で出迎えてくれたのが駅弁屋さんの軒先にあった売り子さんの看板。
(見た目なんとなく「あまちゃん」風? 「津軽海峡懐かしの にぐ・さがな弁当」。「にく」「さかな」じゃないとこが岩手らしい?)


そして、駅から歩いて10分ほどのこの日のお宿に到着してこの日は終了。
(宿からは有名な「石割桜」も近い。夏なので青々としていたが…)

 安宿旅行記・岩手・盛岡「ホテルニューカリーナ」(1泊3200円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1062068346.html

つまみ食い程度に松島・石巻・女川を見て回りながらの旅程となったが、普通に最短距離で北上するのに飽きたという方は、こんなルートもご検討されてみてはどうか。
(7日連続でしか使えない(青春18きっぷのように日を分けて使えない)北海道&東日本パスで時間が余ってる時だと、こういう大寄り道もあまり抵抗なくできる気がする。以下記事のように北海道へ急ぎたい時は別として)

 北海道&東日本パス+LCCで行く北海道旅行ルート(2015年7月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1050507862.html

にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ