昨年、「北海道&東日本パス」で仙台から盛岡へ移動するついでに松島・石巻・女川に立ち寄って海景色を存分に堪能した時の話を。
(7日間連続で普通電車が乗り放題の切符。それならたっぷり寄り道・回り道しながら北へ行こうと思った次第)

 (関連記事)安宿からの旅・「北東パス」で行く陸羽東線など(後編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1053361736.html

普通電車で東北本線の最短ルートを行けば仙台から盛岡までは3~4時間(小牛田・一ノ関の乗り継ぎ次第で結構時間が前後する)だが、この時は仙石線で松島と石巻、石巻線で女川に寄り道した後、小牛田に戻ってから北上という変則的なルートを取ったので、朝から夕方までかかる回り道となった。
(そういう意味で「鉄」分多めのルートだったともいえる)

※女川では「水曜どうでしょう」の藤村D・嬉野Dの色紙を見つけたりと景色以外にも思わぬ見どころも結構あったりした。
xP1680143

●仙台09:30→10:11松島海岸
xP1680005

この日は9時過ぎから行動開始。
まずは仙石線で松島海岸(東北本線の「松島駅」と紛らわしいが、観光スポットに近いのは「松島海岸駅」の方)を目指すべく、東北本線などのホームからだいぶ離れた仙石線ホームへ向かう。
(上野東京ラインに隠れた感じだが、仙石線・東北本線を結ぶ「仙石東北ライン」というのができていたらしい)

塩釜付近で車窓に海が多くなって来る。
震災から5年(この時点では)経ち、復旧がだいぶ進んだことが窺える。
xP1680009

●松島海岸駅(途中下車)
xP1680022

仙台から40分ほどで松島海岸に到着。
ホームからも日本三景の海が見えるが、歩いて10分もかからずに海岸まで行けるので、途中下車して次の電車までちょっと観光。
(詳細は以下)

 安宿からの旅・仙台から北上ついでに松島へ寄り道(2016年7月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1065219293.html

●松島海岸10:57→11:46石巻
xP1680074

1時間ほど観光した所で次の中継駅・石巻行きの電車に乗る。
ここで幸運にも「マンガッタンライナー」列車に乗れた。
(石巻ゆかりの漫画家・石ノ森章太郎先生のマンガ作品「サイボーグ007」「ゴレンジャー」「仮面ライダー」などのキャラが車両の内外に描かれている)


高城町駅を過ぎてしばらく進むと海のすぐそばを走る区間。
小島と養殖場が点在する風景は裏松島という感じでまたいい風景。
(休日でもこの辺では列車が空き気味で、ゆっくりシャッターポイントを探しながら電車に揺られた)
xP1680079

●石巻駅
xP1680093

50分ほどで石巻に到着。
(左が「マンガッタンライナー」列車)
休日ということで、ホームには「サイボーグ007」の紅一点キャラ・「003(フランソワーズ・アルヌール)」風のコスプレをした女性スタッフが記念スタンプの台紙を配布していたので頂いておく。

●石巻12:23→12:49女川
xP1680117

駅付近を少し散策した所で時間が来たので、続いて女川行きの電車へ。
(この区間は本数と両数が少なめなせいかほぼ満席だった)

しばらく山あいを走った後、また海沿いをゆっくり走る区間。
修復・新設されたような堤防などがあると震災当時のことを思い出し、様々な思いがこみ上げる。
xP1680129

●女川駅
石巻駅から25分ほどで石巻線の終点、女川駅に到着。
(日曜日の昼下がりということで、終点では結構席が埋まっていた)

震災後に新たに改築された女川駅。
温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」や売店「女川物産展」などが営業していてなかなかの賑わい。
xP1680134

駅を出て正面には「シーパルピア女川」という商業施設があり、女川名物「さんまパン」をはじめ名産品を味わえる飲食店・土産物店などが並ぶ。
(この辺はドラマ「孤独のグルメ」の特別編(東北・宮城出張編)でも出ていたので見覚えのある方もいるかもしれない)
xP1680150

真夏の東北・宮城出張編

新品価格
¥432から
(2017/5/13 10:15時点)



「シーパルピア女川」の一番奥の方にある「あがいんステーション」。
女川港に水揚げされた新鮮な魚介類・加工品などを販売しているお店で、結構テレビに出たり有名人も来ている模様。
xP1680142

店内の一角に有名人らのサイン色紙などが貼られていたのだが、その中に「水曜どうでしょうディレクター・藤村さん、嬉野さん」の色紙もあった。
(夏に両ディレクターが東北地方などを回る「どうでしょうキャラバン」をやっているのを思い出す…と思いきや、もう2017年キャラバンの公式サイトができていた)

 水曜どうでしょう DODESYO CARAVAN 2017
 http://www.htb.co.jp/caravan2017/

xP1680143

ということでそれに影響されて(?)、おやつにと「ずんだきびだんご」を購入。
(宮城名物の「ずんだ」と岡山名物の「きびだんご」のコラボ…と同時に、奇しくも「水どう」名物(?)でもある「ずんだ」「きびだんご」をいっぺんに味わえる一品だった)
xP1680146

ということで、まだ長くなりそうなので後編へ続く。