前編で、由良駅(コナン駅)から米花商店街まで辿りついた続きから。

 安宿からの旅・鳥取駅から「名探偵コナン」の聖地・由良駅へ(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1065539943.html

●「眠りの小五郎」像
IMG_kogorou

米花商店街から歩いて数分の歩道脇にある銅像。

作中でおなじみ、コナンが小五郎を眠らせ、その陰で事件の真相を語るワンシーン。
小五郎の隣に座って休むこともできるようになっていて、あと一息でコナン通りのゴールというところでのありがたい休憩スポットにもなっている。

また、銅像の向かい側には、「車道には出ないでね!」と青山先生からの注意看板もある。
(ご丁寧に英・中・韓の多言語で書かれており、外国人からの「コナン」人気の高さも窺える)
xP2390089

●青山剛昌ふるさと館
xP2390092

そんなこんなで、コナン通りのゴールである青山剛昌ふるさと館に到着。
入口に「怪盗キッド」の銅像があるほか、少年探偵団のメンバーが勢揃いで描かれていてファンを出迎えてくれる。

さらに、建物のそばには阿笠博士の愛車・黄色いビートルが展示されていたり、少年探偵団の小さな銅像(写真右上)もあったりと、入館前から気分を盛り上げてくれるのも素晴らしい。
xP2390101


●道の駅・大栄
xP2390106

…ところが、この時点でまだ朝9時過ぎ。
(開館は9:30と結構早めなのだが、いかんせん到着が早すぎた…)
そのため、時間つぶしにとふるさと館のすぐ隣にある「道の駅・大栄」へ。

入口前にホームズ風の格好のコナン像があるので、銅像のコンプリートを目指したい方はこちらも忘れずに。
(「道の駅登録・全国第1号」でもあるらしい。アニメとここまでコラボしている駅という意味でも最先端だろう)



ここには「名探偵コナン」グッズの並ぶ売店が併設されている他、地元の特産品を売る「お台場いちば」も朝早くから営業しているので、コナン関係や地元のお土産を探したい方にオススメだろう。
xP2390111

鳥取名物のカレーだけでも「鳥取牛カレー」「鳥取カレーの素」など色々並ぶ中、「ひなビタ♪ちくわカレー」という萌え絵柄の品も。
(コナミの音楽ゲーム関連のキャラクターらしい。念のため書いておくと竹輪も鳥取名産の1つ)

 ひなビタ 公式ポータルサイト | ひなビタ - eAMUSEMENT
 http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/

IMG_curry1

※こんな感じで色々やっているうちに「ふるさと館」が開いたが、中の様子まで書くと収まりきらないので割愛。

見終わった後、帰り道のコナン通り。
遠くに中国山地の雪の残る山並みを見渡しながらの散歩道という感じで、気持ちよく歩ける。
xP2390113

途中の道には「ホームズ風コナン」デザインのご当地マンホール(小サイズ)もあるので、マンホールマニアの方は要チェック。
(青山先生のサインと「少年サンデー」の文字もしっかり入っている)
IMG_homesconan

●米花商店街「コナンの家パン工房」
IMG_conanpan

行く途中でスルーした米花商店街のパン屋さんが開いていたので、おやつ用のパンを買っていくことに。

「怪盗キッドのホワイトカレーパン」「灰原哀のダークチェリーパン」など「コナン」キャラに合わせたパンを色々揃えているほか、それ以外のパンも1個100円から食べ応え十分な品が豊富で、普通に重宝するお店なのでパン好きな方なら訪れて損はないだろう。

お店の近くには川沿いの桜を眺めながら一息つけるスペースもあるので、歩いた後の小休止にももってこい。
xP2390129

●北栄町図書館
xP2390050

コナン駅のすぐ近くにある図書館。
こちらの建物にも大きく「ホームズ風コナン」が描かれている他、入口の脇(写真左下)には誰かを待つ新一の銅像もあり、どちらも記念撮影にもってこい。

中は通常の図書館の他、入口のすぐ近くに「コナンコーナー」がある。
ここには「名探偵コナン」のコミックスや解説本などが多数並んでいて自由に閲覧できるほか…
(こちらはフランス語版の単行本(の裏表紙)。ちなみに英語版では主人公が「Jimmy Kudo」だったりと、各国での微妙な違いを探すのも面白い)
IMG_conanfrance


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CASE CLOSED #01(P) [ GOSHO AOYAMA ]
価格:816円(税込、送料無料) (2017/4/28時点)


青山先生や声優さんからの寄贈原画や色紙なども展示されていて、小さいスペースなのに見ごたえ十分となっていて、帰りの電車を待つ間に立ち寄るのにオススメ。
(写真はほんの一部。詳細は現地でお確かめ頂ければと思う)
IMG_conanspace

※なお、地元住民の方に配られる公的パンフレット(こちらもコナンのイラスト入り)なども展示されていた。
 ネットでも閲覧できる模様なので、興味のある方はこちらから。

 北栄町 暮らしの便利帳 _ ActiBook
 http://www.scinex.co.jp/wagamachi/area/prf/tottori/hokuei/

●由良駅(コナン駅)・北栄町観光案内所
IMG_conan_eki

ここで電車の時間が来たので駅へ向かう。
コナン駅に併設の観光案内所があったので、もらい逃した観光パンフレットでもないか確認しに立ち寄ったが、こちらにもコナンの単行本や駅ノートなどが備え付けられた休憩スペースが設けられていた。

また、声優さんのサインが書かれたパネルや歴代のコナン映画パンフレットの展示、今流行(?)の「マンホールカード」の配布もあったりと見逃せないスポットとなっているので、ぜひお立ち寄りを。
(自分はカードは特に集めてないので、とりあえず見本の撮影だけ)
IMG_hole

そして駅構内。
(行く時は朝8時過ぎに駅に到着し、まだ登校時間帯で人が多かったため撮影を後回しにしていた)
壁や天井の隙間がないほどにコナンキャラが描かれたパネルなどが展示されていて、ファンには実に居心地のよい空間となっていた。
IMG_yura

コインロッカーもしっかり「コナン」仕様。
(宮城県・石巻駅の石ノ森章太郎先生仕様のロッカーを思い出す)

 安宿からの旅・盛岡から石ノ森章太郎の街・石巻へ
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1056407332.html

xP2390147


といったところで以上。

自分のようなライトなコナン好きでも半日ほどでかなり密度の濃い時間を楽しませて頂いた(それでも最後は駆け足になってしまいもう少しゆっくりしたかった)が、コナンファンの方なら丸一日でもじっくり時間をかけて存分に楽しめるのではないかと思う。
(鳥取に連泊して一日は砂丘、もう一日はコナン駅という感じでも良さそうである)