青春18きっぷシーズンも早くも中盤。
(2017年の夏期の利用期間は9月10日まで)

 青春18きっぷ - おトクなきっぷ:JR東日本
 http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2312

というわけで先日の記事(以下)に続き、東京~名古屋間で途中下車して見どころのありそうな駅をまとめてみた。
(東海道線は東京~仙台に比べると普通電車の本数が比較的多く、1本遅らせてもあまり大きなロスにならないのが魅力)

(参考記事)
 青春18きっぷで東海道横断・途中下車して寄り道したい駅(東京~名古屋)(3)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1066435155.html
 青春18きっぷで東海道横断。途中下車して寄り道したい駅(東京~名古屋)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1072054348.html
 18きっぷで東海道横断。途中下車して寄り道したい駅(名古屋~大阪)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1072054351.html
 18きっぷで東京から東北へ。途中下車して寄り道したい駅(東京~仙台)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1059115498.html
 ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]
 

●鴨宮駅
xP1740077

「新幹線発祥の地」ということで、駅の南口近くに昔懐かしい0系新幹線のオブジェがある。
(そこそこ栄えてる北口とは対照的に南口側には目だった建物はなく、バランスを取ったのだろうか)

また、北口は懐かしい感じの商店街となっていて、新幹線にちなんだメニューを出すラーメン屋などもある。
(そば・うどんが300円で+100円でカレー(うまァ!)をトッピングできる模様。右下の「ゼロちゃんで事故ゼロ」というのも気になるが(0系新幹線だから「ゼロちゃん」?))
xP1740067


●東田子の浦駅
xP1740095

和歌に詠まれた「田子の浦」を思わせる駅名だが、駅から歩いて5分ほど、松林を越えた先に海沿いの遊歩道があり、なかなかの海景色を拝める。
(松並木が昔ながらの東海道を思わせるいい雰囲気)


●藤枝駅
xP1740109

駅前広場(南口側)になぜか足湯がある。
(平日のお昼ということで老人で一杯だったが…)

また、藤枝といえば「朝ラーメン」でも有名らしいが、昼下がりに行くと駅近くで開いてる店はない模様なのでご注意を。



●掛川駅
xP1690099

駅から歩いて10分ほどで掛川城があり、天守閣・櫓などなかなかの見ごたえ。
また、歩きスマホの元祖(?)・二宮尊徳でも有名で晩年の二宮さんの像などもある。
(城下町風の商店街(上の写真)や足湯などもある。詳細は以下記事)

 安宿からの旅・お茶と二宮尊徳の街・掛川を観光(2015年3月)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1031651033.html


●磐田駅
xP1690119

磐田といえばJリーグチームのジュビロ磐田。
というわけで、駅前商店街にはジュビロのマスコットや選手の足型パネルなどがそこかしこにあり、ファンの方にオススメ。
(写真はマスコットのメス…でなく女の子の方(ジュビィちゃん)。静岡県の県鳥であるサンコウチョウをモチーフにしているらしい)

また、商店街を進んだ先にある布団屋さんが運営している「蚊帳の博物館」という珍しい博物館もある。
(「ふとんの菊屋」さんの店内に新旧様々な蚊帳が展示されている。2015年3月に確認)
xP1690125


●安城駅
xP1720117

安城といえば「日本のデンマーク」(by桃鉄の目的地説明文)…は置いておいて、童話作家の新美南吉。
(小学校の国語の教科書の「ごんぎつね」などでおなじみ)

ということで、商店街には彼の作品の童話をモチーフにした絵画がシャッターや壁に描かれていて、メルヘンチックな雰囲気の中で散策を楽しめる。
(夏は七夕祭りでも有名らしい)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ごんぎつね [ 新美南吉 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2016/8/11時点)


●袋井駅
xP1020057

この駅は「東海道五十三次どまん中」という別名がある通り、江戸と京都を結ぶ東海道五十三次の中間地点の宿場。
ということで、昔の宿場町っぽい街並みがある他、江戸時代からの歴史あるB級グルメ「袋井宿たまごふわふわ」があったりと意外と見どころが多い。
(写真右が「たまごふわふわ」。茶碗蒸しを小さな土鍋サイズで作って泡立てた感じ)


●菊川駅
xP1350050


菊川名物といえば菊川茶(むしろ静岡名物という括りの方がしっくりくるが、ここは「深蒸し茶」発祥の地らしい)。
ということで、地元菊川市出身の漫画家・小山ゆう先生(代表作は「あずみ」「がんばれ元気」など)が描いた、作品キャラが菊川茶をアピールする絵が駅付近に展示されている(駅広ギャラリー)。
xP1350049




●蒲郡駅
xP1390114


蒲郡といえばアメリカズカップ(「1983年のアメリカズカップ」は大泉洋さんだがここでは関係ない)。
(駅の南口広場にヨットが置いてある。傾いてるのは横風を受けてるせいだろうか)
xP1390099


…は置いておいて、蒲郡では地元産のアサリ・ワカメなどをふんだんにつかった「ガマゴリうどん」が名物。
(「全国ご当地うどんサミット」でグランプリの受賞歴あり)
うどん好きなら途中下車しての昼食にでも試してみてはどうか。
xP1390077


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガマゴリうどん 5食入−送料無料-
価格:2980円(税込、送料無料) (2016/8/11時点)



といったところで以上。

18きっぷでの移動は退屈で苦痛と言われがちな東海道線だが、なんとか途中下車で気分を紛らわせながら乗り越えたいものである。
(他に用宗駅、二川駅などにも下車したが、駅から見どころまで遠い駅のようだったので割愛した)

にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ