今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

先日紹介した宿、鹿児島「ビジネスホテルオリエンタルいづろ」に泊まった時、鹿児島市内をあちこち歩いてみた。

 安宿旅行記・鹿児島「ビジネスホテルオリエンタルいづろ」(1泊3000円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011746023.html

この時はLCCで鹿児島入りして、その後18きっぷで九州をあちこち移動する計画だったが、日程の都合上(特に普通列車の乗り継ぎの都合…18きっぷの辛さ)で鹿児島にいられるのが鹿児島便の到着する16時頃~翌日9時頃までと短時間だった。
そんな中でどれだけ見て回れるかの参考になればと思う。

●鹿児島空港15:30→15:40西郷公園
xP1250055

悪天候などで飛行機が少し遅れ気味で、成田から鹿児島空港に到着したのが15:30。
(フライトの詳細は以下記事)

 通算3回目のジェットスターに乗る(成田空港第3→鹿児島空港)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1057651717.html

飛行機が着いた直後のせいか平日でもバスが混んでいたので、バス待ち客がはけるのを待つのを兼ねて、空港のそばの「西郷公園」へ行くことに。
無料で入ることができ、自由の女神のように巨大な西郷隆盛の像や彼の生い立ちなどをまとめた展示物があり、飛行機・バスの待ち時間のちょっとした観光にもってこいだった。

※「水曜どうでしょう」の「対決列島」のラスト、白くま対決のロケ地でもおなじみ。
 なお、ミスターと魔人が座っていた噴水前のベンチは(写真の通り)撤去されていた模様。


●西郷公園15:50→空港連絡バス→16:40鹿児島中央駅
xP1250067

公園を軽く見た後、空港の出口に並ぶバス停から鹿児島中央駅行きのバスに乗る。
(バス停のそばの券売機で切符を買って乗る方式。空港~鹿児島中央駅までは1250円でSuicaは使えない)
さっきは満席に近かったが、今回は乗車率5割ほどでゆったり座れた。

※空港から高速道を経て市内へ向かう道のりは、やはり「対決列島」を思い出してしまう。
 途中、広々とした茶畑が見えると「あ…これお茶の畑ですねえ」と藤村Dのセリフを思い出して一人悦に入っていた。
xP1250068

●鹿児島中央駅
xP1250200

翌日は朝9時台の列車で鹿児島を発つため、お店の開いてない可能性を考慮して今日のうちに鹿児島名物を少しお買い物。
駅の改札近くのみやげ横丁で鹿児島銘菓「かるかん饅頭」などを購入。
(バラで買えるのも嬉しいところ。ただ、複数のメーカーが饅頭を出しているようで、お目当ての品がある方は店舗をしっかり確認した方がいいだろう)

外皮の見た目・食感から白い「萩の月」を思わせるが、なかなかの味だった。
(例によって「対決列島」の「白くまがないなら、かるかん饅頭でも買ってね…」なんてくだりを思い出していた)




●鹿児島中央駅17:15→鹿児島市電→17:30ホテル(天文館近く)
xP1250109

駅付近の商店街なども少し見て歩いた後、市電に乗って天文館方面へ。
(後方車載を撮影できる最後尾の席が定位置。線路周りの緑地帯が鹿児島っぽい)

観光の足に便利だが、Suicaなど全国流通のICカードは使用できないので小銭の準備を忘れないようご注意を。
(いつもなら一日乗車券を買って乗り倒すので小銭の心配はないが、この日はもう夕方なので珍しく通常料金で乗った)


●ホテル17:40→夕食(天文館・六白)
xP1250131

ホテルにチェックインした後、夕食のため天文館本通りのとんかつ屋「六白」へ。
(人気店らしいので早めに行くと、先客は数人ですぐ食べることができた)

この日食べたのは名物メニューの「キャベ丼(530円)」。
(ゲーム「桃太郎電鉄」の物件にもなっている(六白キャベツ丼屋))

丼ご飯の上にキャベツとカツが乗ったシンプルなソースカツ丼っぽいのだが、このキャベツが厚さ2,3cmはあろうかという超山盛りで、その名に違わないインパクト十分のメニューだった。
(お味もしっかり。カツとご飯のペース配分を間違うと、終盤は文字通りの「キャベツ」丼となるのでご注意を)




●天文館散策
xP1250135

食べ終わった頃には日が落ち、さらに雨も落ちてきた(フライト後だったのでまだマシだったが)ので、アーケード内を隅々まで散策。
(市内随一の繁華街らしく縦横にアーケードがのびていて、雨が降っても(灰が降っても?)安心)

写真の西郷さんなど、鹿児島っぽい顔出し看板を見るのが楽しい。
(下に「大河ドラマ放映記念」とあるが、1990年のドラマなので26年前?の年代物の看板らしい)

新婚旅行(?)に妻のお龍と薩摩を訪れた坂本龍馬の看板もあった。
xP1250144

ついでに九州といえばキリスト教伝来、ということで宣教師・フランシスコザビエルの看板も。
(髪型にちなんで(?)カッパと一緒だが、国際問題にならないか不安なデザインである)
xP1260078

天文館通電停の南側(G3アーケード)へ行くと、その名の通り天井にプラネタリウムっぽい仕掛けやイルミネーションがあったり、路面に星座図が描かれていてこれまたいい雰囲気。
xP1250172

そして向かう目的地はまたも「水どう」聖地の「天文館むじゃき」。
アイスを食べようとスプーンを差し出すクマたちが出迎えてくれたのだが…
xP1250174

これまた「水どう」の定番・まさかの休み(館内工事・清掃で臨時休業)だった。
(某旅行配信者の気持ちが身にしみてわかった…やはり電話で確認すべきだったか)
xP1250173



落ち込んでも仕方ないので、ギリギリまで鹿児島の夜を楽しむべく散策再開。
「降灰指定置場」という桜島らしい物があった。
(灰を防いでくれるアーケード街さまさまである)
xP1250181

散策を終え、20時頃にホテルへ向かう…が、その前にちょっと夜食でもと近くのスーパー「ハルタ」へ。
(地元メーカーが作る珍しいパンや惣菜、お菓子・アイスなどを探すため)

この日買ったのは鹿児島の大田ベーカリーが作った「角あげサンド・白餡(こしあん)」。
(一字違いだが「白熊」の代わりというわけではない)

白餡の挟まった厚切りの三角サンドイッチなのだが、表面を揚げパン風に揚げたもので食感が面白い。
(揚げパンにアンコという組合せはカロリーもすごそうだが…魔人の出番かも)
xP1250202

ホテルのある「いづろ通」の名前の由来となった大きな燈籠が交差点角にあり、灯がともっていた。
(近くには坂本龍馬・お龍夫妻の銀の像もある)
xP1250194

…と、終わりそうにないので翌朝のことは後編へ続く。

 後編
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1059962670.html

(この時泊まったホテルはこちら)