前編、相模湖で昔懐かしいゲームをプレイした続きから。

 都心で格安旅・18きっぷで中央本線・中央線をぶらり旅(前編)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1058553684.html

その後、昼食を食べて中央本線を東京方面へ戻る。
(横田基地のある東福生駅などを見て回った。基地近くにはなにやら危なっかしい品が並ぶお店もあったり)
xP1820336


●12:50 高尾駅
xP1820235

電車待ちついでにちょっと駅の外に出たが、高尾駅はお寺のような駅舎と看板が印象的。
また、ここまで来ると中央特快があるので、東京が近い安心感がある。

●13:30 国立駅(ひかりプラザ)
xP1820247

高尾からさらに中央線を上り方面へ戻り、国立駅で途中下車。
駅から歩いて5分ほどの「ひかりプラザ」へ。

ここは建物の横に昔懐かしい0系新幹線「ひかり」の車両が保存されていて、自由に中に入って運転席や客室を見たり、新幹線の歴史や関連書籍などの展示物を見ることができる。
(座席が片側だけなので不思議な感じだが、懐かしい雰囲気)
xP1820252

運転席にも入ることができ、(当時としては)夢の300kmを出せるマスコンレバーを操作できた。
xP1820251

また、駅南口の「大学通り」は桜が咲きかけだったので、一足先に花見気分で散歩を楽しんでいく。
xP1820276

●15:00 東福生駅(横田基地近くのアメリカンな街並み)
xP1820309

次は東福生駅に立ち寄り、駅から歩いて10分ほどで横田基地に沿ったバイパス沿いに出る。

ここにはヤシの木が並び、派手なアルファベットの看板を出したミリタリーグッズや雑貨、飲食店が並んでいて見て回るだけでアメリカに来たような異国情緒も味わえる。
(沖縄でおなじみの「ブルーシールアイス」の店もあり)


アメリカの有名アニメ「シンプソンズ」などのグッズを並べたお店もあり。
xP1820328



さらに、ガスマスクや不発弾らしきものなどが店先にゴロゴロしている怪しげなお店もあったりして、店の前を通るだけでもなかなかスリリング。
(他にも、軍人っぽい背の高い外国人がちらほら歩いていたり、基地の入場ゲートに警備員がいて物々しかったりと、独特の緊張感がある)
xP1820336

●17:00 吉祥寺駅(ハモニカ横丁)
xP1820366

最後は吉祥寺駅の北口に広がる古めかしい横丁・ハモニカ横丁へ。
(都心と思いきや、微妙に「東京メトロ一日乗車券」「JR都区内パス」の範囲外なのでなかなか行けなかった)

 おトクなきっぷ:JR東日本 都区内パス(750円)
 https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2091

幅の狭い路地が幾重にも交差していて、立ち飲み屋や居酒屋、飲食店や雑貨屋などが所狭しと並んでいて町歩きにもってこいの雰囲気。

ただ、土曜日の夕方はその狭い所に人が押し寄せてきて、なかなかゆっくり歩けなかったのが残念。
(横丁のそばを通るアーケード街もこの人出。どこかに入らないと落ち着けないほどの賑わい)
xP1820369

ドラマ「孤独のグルメ」(Season1)にハモニカ横丁が出ていたので行ってみたのだが、やはりドラマの五郎さん同様、平日昼間の静かな時にこっそり冷やかしに行くくらいがちょうどいいのかもしれない。


といったところで以上。

一日乗車券や休日パスが使えない範囲(普段は東京から山梨・長野方面へ行くついでに素通りするような場所)だったので、この機会にじっくり18きっぷで歩けて良かった。

1回分の18きっぷはこんな感じで使い勝手がいいほか、金券ショップでの買取価格も2回分などに比べて高め(時期にもよるが、例えば1回分が1500円の時、2回分が2500円といった感じ)なので、何枚も18きっぷを使う時は1回分の切符を余らしておくといろいろ捗る気がする。