自分が旅行で使った、安いホテルの宿泊レポートシリーズ。

 参考記事:安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011746023.html

今回は、大阪・西成ドヤ街の結構奥まった場所にある「ビジネスホテル 和香」。

ホテルの場所は、JR新今宮駅から歩いて7分ほどの路地の角。
(先日紹介の「喜久家」「はつね」よりさらに奥へ進んだ先。
 むしろ路面電車の阪堺線・今池駅の方が近い)
xP1040273

上の写真、夕方だったため少々暗いが右の建物がホテル。
そして左にちらっと写ってる(ホテルの向かいの)建物はなんと西成警察署。
(立番している警官がいたので角度をずらして撮影した)

その意味では何かあっても安心(?)の立地ではある。

客室はバストイレ共用、ベッド・テレビ・エアコン・冷蔵庫にワゴン棚が置かれた3畳ほどの洋室。
この地域でよくある典型的なドヤ街のつくりだが、冷蔵庫と棚がある分少し豪華。
(「ホテル マルモト」に近い)
xP1040278

 安宿旅行記・大阪・西成「ホテル マルモト」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011298689.html

なお、チェックイン時はドヤ街宿の定番ルールだが、宿泊料金の他に鍵の保証金を1000円預けるのでご注意を。
(チェックアウト時に返ってくる)
P1040277-2

さらに、鍵と一緒にエアコンのリモコンも受け取るルールだった。
(エアコンのつけっぱなしやリモコンの盗難を防止するためだろうか)

部屋の窓からは、日本一の超高層ビルとして名高い(?)あべのハルカスも見える。
(きれいにライトアップされていて、付近の簡易宿所の雑居ビルとの対比が物悲しくも感じる)
xP1040282

なお、カメラを下に向けると近くの公園で騒ぐ付近住民が見えたりして、ますます悲しくなるので注意。
(下手にじろじろ見るのも失礼だし、窓から顔を派手に出して顔を覚えられたらそれはそれで厄介)

そんな部屋で食べた夕食は、安定の「スーパー玉出」で買ってきた「特選おにぎり(98円)」。
(テーブル代わりになるようなワゴンがあったので、それに乗せた)
xP1040295

明太子とかやくごはんの2味のおにぎりの他、タクアンまで入ってる。
(この(安さの)味を知ると、もうコンビニのおにぎりなど「100円セール」でも買う気にならなくなる)

なお、隣のスコーンは日替わりセールで38円だったので思わず購入したもの。
(旅先でこういうお菓子を買っても荷物が増えるだけというのはわかっちゃいるのだが、ジャンクフードの魅力には抗えない)

ちなみにホテルの1階には共用パソコンがあるが、なぜか壁紙がネコだった。
(誰の趣味かは不明)
xP1050004

無線LANもあるが、1階以外では電波が通じにくい模様。
(誰かが大容量データを送受信してたせいかもしれないが)


これで素泊まり1泊1600円~。

警察署のそばという安心感はあるが、居心地は平均的なドヤ街宿並みという印象。
(18きっぷをよく使う身としては、JRの駅(新今宮駅)から離れてるのはちょっとなあという感じもする。
 それでもお手頃価格のせいか、外国人観光客らしき方がちらほら泊まっていた)

ドヤ街の中心部には近いので、雰囲気を楽しみたい方向けかと思う。
(南海線・萩ノ茶屋駅へ続く商店街のそばなので、買出しや食事には便利)

 関連記事:大阪環状線・新今宮駅そばのドヤ街の風景(2015・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/661437.html