今回泊まったのは、青森駅前にある「ホテルニュームラコシ」。

駅から歩いて5分もかからない、港近くの車道沿いに建つ好立地。
(すぐ隣には某ビジネスホテルチェーンの入口がある。少なくとも立地だけは大手に負けてない)
P2080214

客室は下駄履き場との間が襖で仕切られた古き良き和風旅館風の和室。
布団に浴衣、昔ながらのヒモ式電灯と情緒満点。
(それゆえ、写真右上の額に書かれた「合気道」の文字がとても気になるが…誰が誰向けに書いたのか、謎)
P2080217

下駄履き場にはトイレへのドアと洗面台があり、バスだけ共用という形式。
(以前泊まった水沢グリーンホテルに近い)

 安宿旅行記・岩手「水沢グリーンホテル」(1泊4100円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011945744.html

P2090002

共同浴場は家庭風呂風。
(浴槽にお湯を張るのはセルフ式らしい。湯船が空だったのでシャワーだけ浴びた)
P2080221

青森の民放は3局だけっぽいので注意。
(民放3局+NHK系2局で5局)
P2080223

また、テレビ台の下には宿定番のアダルトチャンネルの案内パンフレットもあった。

フロントの横にはこれまたこの手の宿定番、暇つぶし用のマンガ本棚が。
手塚治虫から「こち亀」「シティハンター」、さらに最近のコンビニコミック「アウトコース」「ドーベルマン刑事」など多彩なラインナップ。
(個人的には「瑪羅門(バラモン)の家族」があったのがツボ。宮下あきら先生のブレてなさが必見だが、打ち切りっぽい終わり方だった問題作)
P2090003


なお、素泊まりだったので朝食を…と近所のデイリーヤマザキで買ってきたのが「イギリストースト」。
ねぶたがデザインされた「キャラメルクリーム味」。濃厚な甘さがなかなかよい。
(「トーストなのに焼いてない」というマツコばりのツッコミはさておき…)
P2090009

青森のパンメーカー・工藤パンが作っているらしく「青森のソウルフード」と店頭にポップ広告があったが詳細は不明。
(ぐぐると「ケンミンSHOW」「マツコの知らない世界」にも出ているようで、それなりに有名で話のネタにもなりそう)

これで素泊まり1泊2500円~。

青森駅のすぐ前なので、青春18きっぷや北海道&東日本パス等で東京~東北・北海道を移動したり、青森周辺を観光する際の中継地点・拠点などに使うのに便利だと思う。

 北海道&東日本パスで関東から北海道へ・ルート例
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

※なお、「騒音の訳ありツイン」「トイレ訳ありツイン」などの訳あり部屋だと2200円など、もう少し安くなる場合もあり。

また、青森といえばねぶた祭り。
巨大な屋台を祭りの時に生で見るのがベストだが、それ以外の期間でも、このホテル近くの施設「ワ・ラッセ」に行けばねぶた屋台を見れるので、ちょっとした観光で見ていくのにいいだろう。
P2080180