前回、「みさきまぐろきっぷ」で三崎港・城ヶ島に来て、城ヶ島京急ホテルで日帰り温泉とマグロ料理を味わった続きから。

●13:40 三崎港付近散策
P1390120

入浴と食事が済んだ後は、城ヶ島の海岸付近の岩場などを散策したり、港の周辺にある昔ながらのみやげ物店を冷やかしたり。
(潮の香りと干物などの魚の匂いがいい雰囲気)

昭和の頃のままのような島の風情を満喫した所で、バスで三崎港へ戻る。

続いて三崎港では、静かな三崎銀座商店街を歩く。
(カモメのような形の白いアーチに港町らしい風情を感じる。平日の昼下がりのせいか、歩く人はぽつぽつという程度)
P1390163

この界隈は昔の日テレドラマ「泣くな、はらちゃん」のロケ地らしく、商店街の空き店舗をのぞくと、原作マンガや当時のドラマ資料・雑誌記事などが展示されていた。
P1390166


また、その隣には井上雄彦先生直筆の「スラムダンク」原画も並べられていた。
(この近くの、旧神奈川県立三崎高等学校が湘北高校のモデルだかららしい。写真の花道・木暮のスケッチの他、ゴリなどもいた)
P1390165

※あと、「ゲームセンターCX THE MOVIE」のロケにも使われた商店街らしい。
 (…が、特に展示物はなし。一応、前回記事に出た「うらり」で「たまげー」のロケをやっていた模様)


●14:30 帰りのバス(三浦海岸経由)
散策や買い物を十分楽しんだので、ここで帰途につくことに。
(水中観光船や水族館、レンタサイクルなどもあるが、その時はもう十分自然を堪能した気分だったから。
 あと、品川への帰り道、途中下車で色々見て回る時間をとりたかったというのもある)

行きは三崎口駅から三崎港へ向かう最短ルートの直通バスだったが、帰りは別ルートで三浦海岸駅へ向かうバスに乗ってみることにする。
(帰る時は三崎口駅・三浦海岸駅のどちらから乗ってもOKらしい)

三浦海岸へはやや細くカーブの多い山道が続く。
丘一面に青々とした畑が広がり、その先には東京湾や対岸の房総半島がうっすら見え、思わぬ所でなかなかいい田園風景を楽しめた。
P1390208

(運転に自信がないので、こういう悪路はバスで楽しむに限る。日光のいろは坂なんかもバスに乗ることで風景に集中できた)

 (参考記事)紅葉の日光いろは坂(頭文字Dでおなじみ)を路線バスで
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-281.html

三浦海岸駅から歩いてすぐのところには三浦海岸の砂浜が広がる。
(無人の海を散歩したり堪能してもよかったが、海岸散歩はさっき存分に楽しんだのでスルー)
P1390216


●15:20 帰りの電車(三浦海岸駅)
P1390219

三浦海岸駅から帰りの電車に乗る。
「みさきまぐろきっぷ」ではこの駅でも下車可能なせいか、「美味しい!! 三崎のマグロ」とここでも三崎まぐろをアピールしていた。


●15:50 横須賀中央駅
P1390238

帰り道だがまずは横須賀中央駅で途中下車。
横須賀といえば海軍基地ということで、駅のそばには海軍カレーのマスコットも。

なお、歩いて15分ほどで戦艦三笠のある三笠公園があり、軍艦好きな方にオススメ。
(別な日に既に行っていたので、この日は寄らず。その時の日記はこちら)

 (参考記事)横須賀駅近くの戦艦スポット(軍艦 長門碑など)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-300.html


●16:40 弘明寺駅
P1390257

続いては弘明寺駅で途中下車。
ここは麻雀マンガ「あぶれもん」の舞台になっていた場所で、駅名の通り、駅から歩いて数分で弘明寺がある。
(聖地めぐりするほどの熱心なファンではないものの、こういうついでがある時に立ち寄れると得した気分)

近くの古めかしい商店街(屋根は新しいが建物は意外と昔からの家々が多い)を歩いていて何となく撮影した八百屋「新鮮組」。
(ナイスなネーミング。「あぶれもん」の主人公の家も八百屋だったのを思い出した)
P1390261


●17:10 横浜駅
P1730005

最後は横浜駅へ。
駅近くの「玉泉亭」で横浜名物・サンマーメンを食べることに。
(体力が残っていれば夜の港町を散歩してもよかったが、さすがに朝早くからの観光で余裕がなかった)

この後ついでに駅のそばのそごうなどを見て回り、ラッシュ時間帯を少し過ぎた所で品川行きの電車に乗り、帰路に着いた。


ということで以上。
また例によって、途中下車であちこち回った結果駆け足の旅になってしまった。

ただ、こんなに駆け足でなくても、ゆっくり三崎港・城ヶ島を観光するだけでも十分お得な切符なので、旅行のおともに使ってみてはどうか。
(いつでも買えるので、気が向いた時に手軽に切符を買って旅行に行けるのも嬉しいところ)