今回は過去に紹介した安宿近くを旅行した時の話を。

先日紹介した宿、岩手「水沢グリーンホテル」に泊まるついでに、少し距離はあるが仙台七夕まつりを見に行った。
(東京方面への帰りついででもあったので)

 安宿旅行記・岩手「水沢グリーンホテル」(1泊4100円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011945744.html

行ったのは最終日(8/8(金)で、仙台七夕には欠かせない(?)雨が降った日だった。

七夕飾りには商店街のそれぞれのお店の個性が現れたり、タイアップものの珍しい飾りも見られるのが特徴的だが、今年目に付いた七夕飾りの写真をまとめてみる。

●インベーダー七夕
P1310032

アーケード街に2件ある「タイトーステーション」前にあった七夕飾り。
お店の看板でもあるインベーダーを紅白カラーであしらっていてなかなか。

●視力検査
P1310043

メガネ店の前にあった七夕飾り。
吹流しの下の方に視力検査マークがあしらわれているのが目を惹く。
(揺れているため、視力が良くても方向が分からないのが残念)

●イーグルス七夕
P1310040

七夕飾りを上から覆うように巨大な楽天イーグルスのユニフォームも飾られていた。
一昨年の優勝から一転、昨年は冴えなかったものの、今年は頑張ってほしい。

●三越の七夕(袋入り)
P1310066

老舗デパートらしく、シンボルマークの「越」の字が入ったシックな感じの七夕飾り。
惜しむらくはアーケードの屋根の外のため、雨が振って袋を被せられていたこと。
(仙台七夕が雨に降られるのは毎年のことらしいが、因果なものだ)

●七夕片付け中
P1310115

最終日、21時頃になると祭りが終了。
そして速やかに七夕飾りが次々と降ろされたり、飾りを下げていた竹がカットされたりと手際よく片づけが進められていた。

片づけは手馴れたものという感じだが、それがいっそう祭りの後の寂しさを加速させる気もする。
(写真は七夕飾りの大玉を両手に持って片付ける店員さん)