自分が旅行で使った、安いホテルの宿泊レポートシリーズ。

今回は、来春に北陸新幹線が開通して首都圏からのアクセスが楽になりそうな富山駅近くの「ウィークリー翔 ホテル富山」。

 ウィークリー翔 ホテル富山 地図・アクセス
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/9604/rtmap.html


※昔ながらの有人改札が残る富山駅構内。
 新幹線導入に伴い自動改札に変わる話もあり、この光景が見られるのも今だけ?
0b7c53ec.jpg


ホテルの場所は、富山駅から歩いて5分足らずのほぼ駅前通り沿い。
(部屋の窓からは駅前通り沿いを走り抜ける路面電車の姿が見える)
P2040001.jpg

外観は昭和の頃に建てられた感じの古めかしい外観。
ウィークリー翔はコンクリート打ちっぱなしの所と、こんな感じの古いホテルを改装した感じの所と2パターンある模様。

※先日泊まった「ウィークリー翔 焼津」は前者。

安宿旅行記・静岡「ウィークリー翔 焼津」(1泊1900円~)
http://yasuitabi.blog.jp/archives/1011298692.html

客室はバストイレ共用(バストイレ完備の部屋もあるが、共用の部屋より1000円高い)で、テレビに机、冷蔵庫が置かれている。
(冷蔵庫は適当な置き場所がなかったのか、ぽつんと部屋の隅(写真右下)に置かれていたのがちょっとシュール)
P2010125_20140926111304f2f.jpg

共同浴場はカランが2,3人、湯船に2人入れるくらいのサイズで、混んでることもあるが、早朝や定時前など、時間を見計らえばのんびり一人で湯に浸かれる。


これで素泊まりで1泊1900円から。
駅前という立地を考えれば十分お得だが、他のウィークリー翔同様「自分で分別してゴミ捨て」「チェックイン時間が早い(20:30まで)」という制約がある。

電車の本数が少なめな北陸本線だけに、ご利用の際は時間に余裕を持って富山入りした方がいいだろう。
(3月中旬に泊まった時、天気予報が急変して春の嵐に巻き込まれ、東京から富山へ向かう電車が遅れ、あわや間に合わなくなる危険を味わったことがある)

周辺観光の拠点(立山連峰や黒部峡谷鉄道、また、高岡まで30分(以下、旅行記)、金沢まで1時間前後と近い)にするのはもちろん、薬売りや富山城(以下写真)など、富山市内の観光にもオススメのホテルである。
P2030268.jpg

 高岡大仏(日本三大大仏)と萌えキャラ「あみたん娘」
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-184.html
 富山・万葉線の車窓風景
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-349.html
 金沢観光日記、金箔屋など
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-408.html