人生格安旅行日記

自分が一人旅行で使った安いホテルの宿泊レポートを細々まとめていくブログです。 (1泊3000円くらいが理想)他、安宿からの旅行記(全て一人旅。無料スポット巡りが多め)や18きっぷでの途中下車旅なども。 enjoy Japan trip in cheap hotels! (solo travel)

今回も先日(以下記事)に引き続き、以前紹介した格安ホテルの未公開の写真を見ながら当時の思い出を適当に綴ってみようと思う。

 安宿旅行記・宿の写真で振り返る格安ホテルの思い出など(8)


●温泉まで来てやる?ゲームソフトガチャ
山梨・石和温泉駅近くの「石和びゅーほてる」にて。

 安宿旅行記・山梨・石和温泉駅「石和びゅーほてる」(1泊5000円~)

なかなか高級感のあるホテルなのだが、館内1Fのロビーの片隅にあったのがこちらの「DSくじ ゲームソフトが当たるかも?大当り」というガチャガチャ(200円)。
(機械自体は「YUJIN」製だが中身はホテル側が入れ替えたのだろう。その下の「海の生き物スライミー」も気になるが)
yamanashi_isawa_onsen_viewhotel_ds_vender

200円という安さ(Amazonで1円のゲームソフトを買ったときの送料(350円とか)より安い)に驚きだが、2019年の時点でDS/3DSソフトってのがもう懐かしさ満点という感じ。
(ホテル内のゲームコーナーも昔のゲームが残っててレトロ好きにはたまらない雰囲気)

 温泉のレトロゲームコーナー巡り・山梨・石和温泉「石和びゅーほてる」

※もっと安くDS/3DSソフトを買うなら、ゲオの100円セールが一番手軽だろうか。

 「ゲオスーパーSALE」で買った「えほんであそぼう」をプレイ


なお、そんなガチャガチャのそばにはラウンジがあるのだが、夜は中国雑技団が曲芸を披露する特設ステージとなるのもまた一興だった。
(寝姿の中国の子が足先でタルなどを回したり…。平日だったので周りは老人客だらけだった)
yamanashi_isawa_onsen_viewhotel_china_show2


●一泊800円でもWi-Fi、地デジ完備のドヤ宿
大阪・新今宮駅近くの「ホテルニューかめや」。

一泊800円(一週間連泊なら4000円!)と超破格の宿なのだが、下に「Wi-Fi・地デジ液晶」とあるのが外国人向けというか、時代を感じる。
(この手の昔ながらの簡易宿所だと、カラーテレビや冷暖房、冷蔵庫なんかがあるだけでも他店との差別化、ウリになるのでわざわざ書いてたりする(詳細以下))

 大阪・ドヤ街の風景(看板編)(2015・春)

osaka_hotel_new_kameya

近くの「パレス」というホテルでは「防災設備完備」「冷暖房完備」「カラーテレビ付」「浴室シャワー付」がウリらしい。
一般的なビジネスホテルならあって当たり前(法的な意味でも)だが、西成ではこれも重要なアピールポイント。
osaka_hotel_pares


そんなドヤ宿の横のお店には過激なシャッターアート(詳細以下)が描かれていて、日本第二の都市とは思えない雰囲気(ある意味ニューヨークのダウンタウンかブロンクスっぽい?)を味わえる。
大阪万博の頃にはどうなっているのやら…。

 大阪西成探訪・ドヤ街のシャッターアート(2018/12)

osaka_nishinari_street_art


●三ツ星サウナ?
本八幡駅そばの「カプセルホテル レインボー」にて。


「元気いっぱい!3つ星サウナ」と看板にあったが、「3つ星」といってもミシュランとは関係ない模様。
(入浴後らしいバスタオル姿とカプセルに入った姿のゆるい男の絵が本八幡っぽいというか働く多忙なお父さんっぽい?)
P2270215

ちなみにその近くには偶然にも「ドラえもん」のしずかちゃんっぽい女の子が入浴中らしい看板があったが、関係は不明。



 

今回は旅行先で入った飲食店のレポートを。
(過去の記事で食べたメニューには軽く触れていたがお店の中まで詳しく書く機会がなかったため)

※古風なタバコ自販機が置いてあったりと、こういうインテリアも個人の喫茶店の魅力の1つ。
nagoya_morning_cafe_tokugawa_vender


今回行ってきたのは名古屋市営地下鉄・港区役所駅のすぐそば、大通り沿いにある喫茶店「喫茶徳川」。
(以下の宿に泊まった後、地下鉄一日乗車券で名古屋市内を観光したついでの朝食で入った)

 喫茶 徳川 (キッサトクガワ) - 港区役所/喫茶店 [食べログ]

 安宿旅行記・愛知・名古屋「ビジネス太閤」(1泊2300円~)

やはり名古屋ならモーニングを一度は味わっておきたい、かつ、できればコーヒーチェーン店よりは個人の喫茶店の方が個性あるモーニングが楽しめるだろうということで、今回は珍しく店を細かく下調べして選んだ。

さて、喫茶徳川は港区役所駅のそば、マンションの1Fにて営業中。
年季の入った「ワールドコーヒー」の看板が目を惹く。
nagoya_morning_cafe_tokugawa

店内はテーブル席が5,6席とカウンター席が並ぶオーソドックスな喫茶店の雰囲気。
カウンター上に緑の公衆電話が置いてあるのも昭和っぽくていい感じ。
(カウンター奥の掛け軸がちょっと気になるが…達筆なのでノーコメント)

土曜の朝8時頃だったが、地元の常連っぽい先客が数人いた。
nagoya_morning_cafe_tokugawa_inside

この日は「モーニングサービス」のコーヒーを注文。
英語で「Breakfast Special」とあり、どんなスペシャルが出るか少しワクワクする。
nagoya_morning_cafe_tokugawa_menu

まず、普通のコーヒーとゆで玉子、小さくカットされたトーストが出てくる。
ここまでなら名古屋に限らず全国的な定番の喫茶店モーニングという感じだが…
nagoya_morning_cafe_tokugawa_coffee

その次にトン、と出されたのが小鉢に入ったきしめん。
nagoya_morning_cafe_tokugawa_noodle

まさか喫茶店で朝からきしめんとは…ある意味さすが名古屋!と一本取られた気分。
(揚げ玉や刻みネギが入っていてシンプルながら丁寧に作られた家庭風の味)

きしめんとパンという炭水化物デュエットを楽しみつつ、ふと外を見ると赤く染まった街路樹が朝日の中で綺麗だった。
(この年は紅葉の進みが全般的に遅かった印象)
nagoya_morning_cafe_tokugawa_outside

ちなみに自分が座ったのは入口の右手そば、窓側の席だったのだが、すぐ近くにはマンガ本の入った本棚と小型の古風なタバコ自販機があり、こちらも時代を感じる雰囲気だった。
(マンガ本は「静かなるドン」「ミナミの帝王(コンビニ版)」「ゴルゴ13」などでこれも喫茶店の定番?)
nagoya_morning_cafe_tokugawa_books

タバコ自販機の中身を見ると、セブンスターやマイルドセブンが230円など、パッケージと値段で年代が分かる感じで博物館級な感じ。
(使えるのが10・50・100円玉だけ、「販売口には5コまでためられます」という注意書きも昔ながら。なおSANYO製)
nagoya_morning_cafe_tokugawa_vender

※左下の棒グラフは世界各国の喫煙者の比率みたいなグラフだった気がするが、これまた懐かしい。


帰り際、お会計のついでにさりげなく自販機のことをマスターに聞くと、数十年前はしっかり稼動してたらしいことなど、色々親切に教えてもらえて「旅先の人とのふれあい」(「路線バスの旅」風)を感じられてよかった。


にほんブログ村 旅行ブログ ビジネスホテルへ


といったところで以上。

名古屋モーニングの斬新な一面を味わいたい方にオススメかと思う。
(よく調べると隣の一宮の方がもっとすごいらしいので、いずれ行ってみたい)


 

今回は前橋駅の近くにある、知る人ぞ知る無料遊園地「るなぱあく」へ行った時の話を。
(行ったのは2018/10で約2年前。なお、感染症の影響で少し前まで土日祝日の営業を自粛していたが、最近完全に営業を再開したとのこと)

 にっぽんいち なつかしい ゆうえんち - LunaPark るなぱあく

※前橋駅周辺などを散策したついでに立ち寄った(詳細以下)。

 安宿からの旅・群馬のレトロな名所をぶらり旅(2018/10)(前編)


※某夢の国っぽいキャラクターのいるアトラクションもあり。
maebashi_lunapark_mokuba_10yen


●入場ゲート「ようこそ るなぱあく」
白地に赤で「ようこそ るなぱあく」と書かれたシンプル極まりない看板の掛かった入場ゲート。
字が上下に乱れ飛んで配置されてるのが独特の美学を感じる。
P2320106

その先にも「ようこそ」(こちらも字が波打ってる(海なし県だが))の看板。
ヨーロッパっぽい兵隊さんとマトリョーシカっぽい形の人形がほんのりした異国情緒を演出。
P2320107

そこから階段を降りると、遊具が並ぶ園内が開けている。
平日の昼下がりでも地元の親子連れがちらほら来ていた。
P2320108


●アトラクションはいずれも50円
飛行機が回転しながら上昇する「ひこうとう(飛行塔)」、三角形のコース上を車が回る「くるくるサーキット」など定番っぽいアトラクションがお客さんが集まるのを待ってのんびりと稼動していた。
P2320129

アトラクションはいずれも料金が1回50円からという超・親切設定。
(以前行った愛知の激安遊園地を思い出す)

 1回50円の激安レトロ遊園地・愛知・刈谷市交通児童遊園へ

急カーブが連続して横Gが激しいジェットコースター「ウェーブスターライド」も50円。
(列車の末尾に足が突き出てる謎デザイン。この手の乗り物に乗り慣れてないと、大人でも結構スリルがある)
P2320121

回転しながら操縦桿の操作で上下移動を楽しめる「ミニヘリコプター」。
(「RESCUE」「APACHE」などと書かれた色とりどりのヘリに乗れる。ケビンコスナーかエアーウルフの気分?)


ヘリの操作はレバーでの上下だけだが、なぜかハンドルも動かせる。
(兄弟で乗って、お兄ちゃんがレバー操作、弟も操作したがるのでハンドルを操作させる感じで遊ぶのだろうか)
P2320124

水路上を鯨が周遊する「くじらのなみのり」。
大手遊園地のアトラクションに比べると「家庭用流しそうめん」を思わせるスケール感だが、これも50円というなら断然こちらを応援したくなる。


子どもはみんな電車(というかトーマス)好き!というわけで列車型の乗り物「まめきしゃ」なんかもある。
P2320122


●登録有形文化財「もくば館」
そして個人的に一番の目玉だったのがこちらの「もくば館」。
子供向けの馬型の揺れる遊具なのだが、まず「一回10円」という安さがすごい。
さらに、カラフルな馬たちの背後に描かれた西部劇っぽい年季の入った背景画にも驚き。
(サボテンに夕日に幌馬車、これで謎のモジャ草(タンブルウィードと言うらしい)が転がってれば完璧に荒野の七人?某有名テーマパークぽい謎のキャラクターイラストもそそる) 


博物館級に貴重…と思って内部を隅々までチェックすると「前橋市 登録有形文化財」の証明書が飾られていた。
(なお、木馬は小学生以上は乗車禁止…未就学児限定のようなので注意)

 文化遺産オンライン 前橋市中央児童遊園(るなぱあく)もくば館

P2320114

その木馬たちの上では複葉機型の乗り物が回転する「ひこうとう」が青空をバックに静かに動いていた。
昭和の頃からこのままなのだろうって感じの風景が郷愁を誘う。
IMG_maebashi_lunapark_mokuba

園内の片隅には「TONTONのまち ころとん」の看板。
豚肉が名物である前橋市のマスコットらしい。

 ころとん公式ウェブサイト | 前橋市公認マスコット

P2320128


といったところで以上。

GoToキャンペーンに頼らずとも安く手軽に楽しめる観光地ということで、首都圏からの日帰り旅行などに組み入れてみてはどうか。

※あるいは18きっぷの旅行ついでに立ち寄るのも面白そう。同じ群馬では近くのJR桐生駅にも無料遊園地がある。

 懐かしゲームコーナー巡り・群馬・「桐生が岡遊園地」(2018/10)



 

途中下車旅行記シリーズ、9回目は飯田線・長野県の天竜峡駅。

 18きっぷ途中下車旅行記(8)・嵐山のそばの秘境駅、JR保津峡駅へ

この時は秘境駅で有名な飯田線を見に行く途中(詳細以下)、たまたま通過電車待ちで10分ほど時間があり、電車内で待つのもヒマだったのでとりあえず駅の外に出てみた次第。
(電車がガラガラだったのも理由。もし混んでいて空席を取れないようだったら我慢していたと思う)

 「鉄子の旅」のような飯田線巡り

※ホーム上に青い目の船頭さんがいるのが珍しかった。
xP2000036-2


●天竜峡駅・駅舎(0:01)
今回は改札を出て最初に駅舎を撮影していた。(前回から学習?)
赤い台形の屋根、天窓部分にはめ込まれたステンドグラスが年代物の駅舎っぽい美しさを演出。
P2000033

ここに来る前に通った飯田駅もステンドグラスっぽいものがあった。
P1990215


●「舟下りとリンゴ狩りの駅!!」(原文ママ)(0:02)
駅のホームにあった駅名板のそばの看板。
「…の駅」というのは駅の看板でよく見かけるアピールだが、舟下り、リンゴのイラスト入りだった。
(「と」が紅葉の形なので紅葉もアピール?)
P2000034


●天井の高い駅舎内(0:05)
駅舎の中も撮影。
台形の屋根の形通りに天井が高く、吊り下がった蛍光灯が昔ながらという感じ。
(福島交通・飯坂線の駅でもこういうのを見かけた気がする)

 18きっぷで途中下車で寄り道したい駅(東京~仙台)(4)

P2000037


●天竜ライン下りの駅(0:10)
少し離れた場所には、駅のホーム上に船が設置され、名物の「天竜ライン下り」をPRしていた。
船上には三度傘や法被を着た船頭さんが2人も乗っている豪華なつくり。
P2000039

…と思いきや、間近で見ると船頭さんは青い目の外国人マネキンを使ったもののようだった。
こんなところにまで外国人労働者が参入?(今風に言えば特定技能在留資格外国人?)と思うとちょっとシュール。
P2000036


といったところで以上。

飯田線は先日の大雨で長期間運転見合わせとなっているらしく、復旧が待たれる。

 飯田線“復旧まで約3か月必要”|NHK 長野県のニュース


 
 

このページのトップヘ